インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) お知らせ パニック障害 ブログ 気づきの問いかけ

心のしくみを知ろう ~インテグレイテッド心理学講座 残席2名さまです~

2018年7月9日

西日本を襲った豪雨によって被害に遭われたかた、避難をされている方に、必要な支援が届き、平安な日常が戻ることを切に祈っております。

また今回の大雨によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

 

今月の28日-29日にインテグレイテッド心理学講座を開催します。

私がこの心理学に出会ったのは、2010年。

出会うまでは、すごく悩んでましたし、「生きづらいな~、自分に向き合っているつもりなのに、なぜかラクにならない、どうすればいいのだ??」と

本来の苦しみと、
抜け出すことができない自分への自分責めの思いの中で
二重、三重の苦しみの中にいました。

 

この心理学に出会ってわかったのは、
「自分に向き合って」いたつもりだけど

実は、

苦しみや悩みが生まれる「しくみ」自体を見過ごしていた、ということでした。

 

「苦しいのは、こういうしくみがそもそも心にはあるからなんだよ」という部分~悩みを生み出す”作用”の部分~を知らなかった、ということです。(だって誰も教えてくれなかったですもんね)

 

そういう意味で、この心の作用を知れたのは、

苦しみから抜け出す大きな鍵になりました。

 

また、真実の観点から説いているので、

人類誰にも共通するしくみであり(心で起きていることをそのまままとめてあるだけ)、

誰かの説であるとか、概念であるとか、教義であるとか、そういったところとは全く関係がなく、

 

自分が経験していることに即して、照らし合わせて自分の心をみることができるので、腑に落ち感、納得感が大きかったです。(心のしくみに照らし合わせて、自分の思いこみに気づけたときは、本当にスッキリします^^)

 

私が、インテグレイテッド心理学講座を開いているのは、こうした自身の経験が「心のしくみについて知ってもらいたい」というパッションにつながっているな~と思います。

 

以下は、講座で学んでいくことではあるのですが、ちょっと書かせてくださいね。

 

インテグレイテッド心理学では、

私たちの苦しみの元を、

【「分離感」という錯覚・誤った認識】

と解説しています。
(非二元(悟り)では、「分離した自己」というものは、そもそも存在せず、「私」と「あなた」、「私」と「世界」という分離した世界観も幻想であると伝えています:「OADについて」から抜粋

この分離の思いがどのように私たちの心に作用をしているのか?をまとめたものがインテグレイテッド心理学です。

 

例えば、

私は今週末はハートレジリエンス協会のOADセラピスト養成講座でのEFTコースの講師をするので、その準備をしなければ、、、と思いながら、なかなか向き合えておらず、それなりに緊張をしています。
昨年もやったのに、なんとく不安感があります。

 

分離しているという誤った認識は、「怖れ」を生み出します。

私が感じている、緊張や不安感は、あくまでも心の表層にでてきている感情や感覚です。

これらを生み出すものは、心の深いところにある「怖れ」です。

私たち自我は、だれもが究極に怖れている2つの死があり、

一つは、肉体の死(食べていけるかどうか)と、

もう一つは、自己価値の死(他者に受け入れらているかどうか)

です。

 

私が講義がもし上手くできなくても、

食べていける保障がある、あるいは、自己価値が保たれると分かっていれば(怖れがなければ)緊張や不安は生まれないでしょう

 

また、もし私が、この不安感や緊張がある、ということを私自身が気づいていなかったり、あまりケアされていないと(例えば、そういう感情を生み出すセルフイメージ(例えば、「私は本番に弱いダメな人」など)を自分に許していないなど)、

これはたちまち外に投影されることになります。

どんな風にかと言いますと・・・

・日陰で気持ちよさそうに寝ているネコに、「くそー!楽そうでいいな~」と羨ましくなったり、

・家人がマイペースで仕事をしている(ように見える)と、イラっとしてみたり、

・もし実家の家族からPCの設定が分からなくなった、などという連絡が入ったりしたなら、「イライライラ!」が最高潮に募ること間違いなしでしょう

・逆に準備をする、といったときにも、無意識に完璧を目指すことになったり(そうしながらも緊張や不安感はあるままなので、あまり楽しくないですし、疲れます)

このように

分離しているという誤認識が、
「本番に弱いダメな私のままだとまずいぞ~!」という、怖れを生み出し、
そしてそういう怖れに向き合わないように、そのような自分は隠す(抑圧する)必要がでてきて、
同時に、怖れを刺激するものに対しては、相手(状況)が悪い!と攻撃をする

というわけです。

これが、すごいざっくりですが、
抑圧―投影―防衛―攻撃

という作用です。

(講座では分離しているという認識がどうしてこの作用につながるのかについて詳しく解説していきます)

 

話は最初に戻りますが、

「心のしくみを知る」というのは、

自分を知る地図を得るようなものだな~と思います。

 

その地図によって、

苦しみのワケが分かる

苦しみのワケが分かったときは、

苦しめる人(状況)と苦しめられる私

という世界観が崩壊することでもあり、

苦しんでいた自分を理解したり、許すことができる

その時、怖れからの力みや緊張から解放された、

大きな安堵や緩みに包まれるのです

ありのままの状態、姿への受け容れや、理解、愛が現れる瞬間ですね

 

いろいろ長く書いてきましたが、

心のしくみを知って、今ある悩みの解決のきっかけ、生きやすさへのヒントを得たいと思われている方、真実の癒しに興味がある方、

是非ご参加くださいませ。

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

インテグレイテッド心理学講座 (残席2名さま)

日程:2018年7月28日(土)、29日(日) 2日間
時間:12:30~18:30頃
参加費:4万8千円 /再受講:3万円
(お申込み時にお席確保のため、参加費の内、5千円をお支払いただきます)
場所:東京都中央区晴海(最寄り:都営大江戸線勝どき駅)(詳細はお申込み時にご案内いたします)

お申込み:https://ws.formzu.net/fgen/S64019876/

これまでのインテグレイテッド心理学講座に参加された方の感想はこちら

◎講座の内容についてはこちら
http://hiroko-shimotaya.com/integrated/

◎OADについてはこちら
http://hiroko-shimotaya.com/about-oad/

毎回参加者の方の質問や具体的な例を使いながら心のしくみについて説明をしていきますので、実践に即した理解に落とし込める内容になっています♪

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply