インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) お知らせ ブログ 気づきの問いかけ

2018年初の”OAD気づきの問いかけ”勉強会@AMRiTA

2018年2月26日

こんにちは!

昨日は”気づきの問いかけ”勉強会@AMRiTAさんでした♪
昨年から始まった勉強会、今年に入って初めての開催でした。
*アムリタさんのレポはこちら(いつも雰囲気が伝わるお写真をたくさん載せてくださっています(*^^*)

インテグレイテッド心理学を学ばれた方を対象に、
苦しみを生み出す思いやビリーフを見つけるために、
心を解いていく”問いかけ”についてお伝えしています。

今日は、特に「全ては投影である」ことについて

私たちは、自分の「解釈」を「事実だ」と勘違いして、
その解釈がネガティブなものであれば、
当然苦しくなります

 

そういう意味で、苦しみを生む「自分の解釈」に気づいていくことが、
苦しみからラクになる道筋であるという言い方もできますね

ということで、
「事実」(ここでの事実とは実際に起きたこと、起きていることを指しています)に、どんな苦しい解釈をしているのか?を探るために、”気づきの問いかけ”を使っていくのです。

今日は特に、きほんの「き」をおさえる時間となりました。
なぜ、問いかけているのか?を心のしくみ(インテグレイテッド心理学)を復習しながら、自分のケースを題材に学んでいきました。

自分がなぜ苦しくなっていたのか?そのからくりを理解できたあの瞬間の

安堵感、
自分を守らなくてよくなる感覚、
あ゛~こんなに私頑張ってたーて自分に慈しみがわく感じ

みなさん、”問いかけ”で、
気づいていなかった思いに出逢うことによって見えてくる
これらの感じを体験しました。

 

インテグレイテッド心理学は実践的な心理学
実生活に落とし込めたときにホントに活きてきます☆
自分の中にこれらの感じをぐっと落とし込みたいと思われる方は是非どうぞ~

次回勉強会は、4月7日(土)13:00~です。詳細はこちら

今回も最後まで読んでくださりありがとうございます♪

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply