Monthly Archives

10月 2017

セラピー(EFT、MR) ブログ

RFTのインストラクターコース修了しました!

2017年10月27日

こんにちは!

わたくし、6月よりRFT(レジスタント・フリーダム・セラピー)のインストラクターコースに参加しておりました。

このコースは、「自分で自分を癒せるツールを多くの人に!」という思いから、「RFTベーシックコース」を全国でお伝えしていくインストラクターになるためのコースです。

そして本日めでたくインストラクターの認定をいただきました❤(嬉しい(*^^*))

 

毎月RFTの創始者である佐藤純子さんの丁寧な指導のもと、
RFTをどのように伝えいくのか、
自分のワークやセッションでのケースをシェアしたりしながら、学んできました。

 

私たちが苦しくなる時っていうのは、
ネガティブな感情や思いに抵抗したり、
それらを持っていることはいけないんだ、と思っていると
それが”苦しみ”になるわけですが、

RFTでは、タッピングと受容の声がけをしていきながら、
抵抗をゆるめたり、
その思いや感情を持っているメリットを見つめることによって、
「抵抗」そのものを紐解いていく、
そんなセラピーです。

「メリットを見つめる」と書きましたが、
抵抗をしていた思いや感情なのだけど、
受容していく中で、
そこには”抵抗”の理由や役割があったんだということがわかるってくる、

そして、その時に「持っていて悪いものはなかったのだ!」
という気づきが得られたり、

さらに、それらの理由や役割を踏まえて、
初めは抵抗していた思いや感情だったのだけれども、その中に、
本当は秘められている本質や資源があったということも見えてくる

だからこそ、やっぱり「持っていて(感じていて)悪いものはなかったのだ!」とわかる

 

「全てがあっていい」「そのままでいい」とよく言いますが、

そのことが、本当に体験的に経験できる、
私という自我の構造について理解ができる、

そういう意味で、深い受容と、そこからもたらされる大きな癒しを体験できるセラピーです。とてもパワフルです❤

これから、RFTインストラクターによる「RFT基礎コース」が開催されます。
要チェックですよん♪

RFT写真1

RFT写真3

RFT写真4

RFT写真2

Please follow and like us:
インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セラピー(EFT、MR) ブログ

依存症とトラウマからの回復セミナー

2017年10月21日

今日は午後から、「依存症とトラウマからの回復セミナー」でした。

これは、ハートレジリエンス協会として運営してきました。

講師はあゆかさん

DSC_0727

基本的に「私たち、人間全員依存症」 程度の差や、緊急度の違いがあったとしても・・・

なので、「依存しないように、させないように」の視点ではなく、
また、「依存になるのは、だらしないからだ、甘やかされたからだ」などの精神論や分析ではなく、

そうではなく、依存を生み出す、心の痛みがそこにあるだけなんだよって

セミナーでは、

心の痛みの原因となる
一過性のトラウマ、複雑性トラウマ、ビリーフ、蓄積した未消化の感情について

海外でのEFTを使った事例の紹介

セッションでどうみていくのか

オープンアウェアネスダイアローグについて

 

・・・2時間のセミナーだったけど内容モリモリでした

やめたいって本人だって、もちろん思っているはず、
やめれたら簡単だけど、
でもやめられないから、そんな自分をまた責める

でも、依存のしくみについて正しく知ること、
方法があることを知ること、

それは、自分責めの苦しさからまずは抜けられる1歩になるでしょうし、

抜けれたら、次は、自分の中に起きていることに本当に目を向けられる次の1歩にもなるでしょう

この依存症のしくみについて知っていただきたい、広めていきたいなと思いました。

 

今日も読んでくださりありがとうございます♪

Please follow and like us:
インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セラピー(EFT、MR) ブログ

「自分にやさしいケアラー(介護者)になる」講座

2017年10月20日

こんにちは!

昨日は、ハートレジリエンス協会で開催している「自分にやさしいケアラー(介護者)になる」の講座の講師をしてきました。

こちらは、ハートレジリエンス協会で発行の冊子「介護をしているケアラーのあなたへ」を教材に5回シリーズの講座として開催が始まりました。

冊子写真

私は第1回目の講師として登板しました!

テーマは、「自分の気持ちに気付くコツ」

寛子10

誰かのケアをしている時は、意識が外に向きがちだよね、その時にどんなことが私たちの心の中では起きているの?

ケアしている私が、

疲れてないかな?

自分の気持ちが置き去りにされてないかな?

それに気づけるポイントとして、誰かをケアする時に、起きがちなことを心のしくみをベースにお話をさせていただきました。

誰かのお世話をしたり、誰かを思う時に、私たちは思考中心になりがち

そうなりがちな中で、自分の気持ちを大切にしていくエクサイズもご紹介しました。

 

この講座は、あと4回続きます。

2018年も第2シリーズとして開催が予定されるかもしれません☆

ケアラーの冊子は、無料で配布されています(50部以上は、発送料をご負担要)

ダウンロードもできます。

冊子については、こちらから

 

今日も読んでくださってありがとうございます♪

Please follow and like us:
インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) お知らせ ブログ

OAD問いかけ勉強会@AMRiTAさん<残席あり>

2017年10月4日

こんにちは!今回はお知らせです~☆

インテグレイテッド心理学を学ばれた方を対象に定期的に「OAD問いかけ勉強会」を市川妙典のAMRiTAさんにて開催をしております。

10月22日(日)13:00~の会に、まだ残席があるとのことです。

インテグレイテッド心理学で学んだ心のしくみを踏まえた上で、活きてくる”問いかけ”

「問いかけ勉強会」と名前がついていますが、
気づいている反応、思い、感情を入り口に
私の中に気づいていなかったものに出会っていく時間です♪

自分を知る、自分を愛するひとつのプロセスをご一緒できましたら嬉しいです♡

AMRiTAさんの告知ページはこちら
お申込みもAMRiTAさんのページからお願いいたします♪

いつもお読みいただきましてありがとうございます💕

Please follow and like us:
インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セラピー(EFT、MR) ブログ

気仙沼での心のケアプロジェクトに参加してきました

2017年10月3日

こんにちは!すっかり秋めいてきましたね♪

私は、9月29日~10月1日に、ハートレジリエンス協会の活動で、気仙沼での心のケアのプロジェクトに参加してきました。

気仙沼での活動は、2013年秋から始まっていて、今回は5回目の訪問です。

ハートレジリエンス協会のセラピストの仲間と、お申込みいただいた方に個人セッションを無料で提供しています。

 

いつも思うのは、セッションなど経験したことのない方がほとんどなのですが、
セッションを通して、
ご自分の中の苦しみの原因がわかってほっとされたり、
感じてはいけない、言っちゃいけないと自分で禁止していた感情や思いを受けとめることができて楽になられたり、
多くの癒しの体験をしていただけました。

どんなに辛い経験、心痛む経験があったとしても、
私たちの中にある思いや感情に正直になったり、受け容れていくことで、
その状況が、必ず違った見え方がする

それは、状況が苦しみを生むのではない、ということ、
そのことを実感します。

そしてそれは、私たちの中に力を取り戻す瞬間でもあり、
その場にご一緒できるのは、本当に素晴らしく、喜びを感じずにいられません。

 

11月には、熊本市にて、熊本地震の「被災地の心のケア」で同じく、個人セッションを提供いたします。
日頃のストレス、人間関係の悩み、震災によって負った心の傷、トラウマ、慢性的にある身体の症状などに対応しております。

是非ご参加いただければと思います。

熊本市での活動については、こちら

 

22196322_10155300768629862_7075722295755919396_n

ハートレジリエンス協会のセラピストの仲間と

Please follow and like us: