Browsing Category

セッションの効果

インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セッションの効果 セラピー(EFT、MR、RFT) ブログ

苦手な相手が苦手でなくなった~セッションの感想~

2017年5月11日
d396ab96171911fd67ab88832cd01b90_s

こんにちは!都内は気温が上がりましたね♪
昨日との気温差が激しい(+_+) ご自愛くださいませ☆

 

さて、相手の振る舞いや発言に嫌悪感を感じていたクライアントさん

セッションを受けての感想をいただきましたので、ご紹介いたします。

 

ご存知のとおり、OADのセッションは、

自分を苦しめる状況や相手にどう対応するのか、どう乗り越えるのか、ということ提案したり、探ったりするようなことはしません。

 

そうではなくて、

その状況や相手をどう見ているのか、

またそう見えさせるものが何なのか、

それを心の中に、”問いかけ”や感情に働きかけるセラピーを使って見て行く、それがOADのセッションです。

そして、セッションの中では、

自分の中で否定していたり、禁じていたものと出会ったり(感情や感覚、思いも含まれます)、

「ここでこんな風に傷ついて、こんな思いを抱いたから、だからこうすることが私には必要だったんだな」

とか

「だから、相手がそんな風に見えていたんだな」

などと、自分への理解がおこる

そうすると、そこには、もはや、私を傷つけていたと思っていた人はいなくなっている

 

「被害者の私」から抜けられたとき、

それは、

自分で自分にかけていた魔法から自由になることであり
(本当にどさっとエネルギーが動きますよ(*^-^*))、

だからこそ、大きな癒しなのだと思うのです。

 

前置きが長くなりましたが、ご感想どうぞ~♡
Hさま、ありがとうございます♪

~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹

下田屋寛子さま

 

先日は濃密なセッションをありがとうございました!

セッション中、沢山喋りすぎて何が何だかわからないような内容だったのにも関わらず、
一つ一つ丁寧に聞いてくださり、的確に進めて頂いたことに感謝しています。

本当は去年辞めたボランティアの話をしようと思っていなかったのに、気がつけば話をしておりました。

やはり、終わったことのように思えても、私の中で拘りがあったのでしょうね。

特に投影に関してのお話(レジ行列)を聞いた時は改めて目から鱗でした!

あんなに悩ましい光景が、

私が私に禁じていたから、相手がそれをすごくやっているように見える、そうして当然不満や避けたい気持ちがでてくる

でもそれは、

私の一方的な思いだと気がついた時、すごく軽くなった瞬間でもありました。

そして、なんて「~べき」が多いのでしょう!とセッションを通して俯瞰して観られたことがとても重要な気づきでもありました。

本当に沢山の思いがくっついているのですねー

また感情を深く感じたら、とてもヒットして、あっという間に子供時代の私の姿が出てきました(わりとイメージが出やすいのですが、それに感情が付随していることはあまりないので、感情を感じることの大切さがとても重要だと改めて思った次第です)。

この子が抱いている「孤独になってしまう」という怖れが、私の「~べき」を生み出していた

私の中の「誰も相手にしてくれない」「助けてもらえない」という怖れをカバーするために、「こうしなければ!」という思いを抱いてずっと生きてきた

私の中で起きていたことが分かったセッションでもありました。

一人じゃ無理であったろう、寛子さんが伴走してくれたから分かったことが沢山ありました!

本当に感謝感謝です!

またお願いしたいと考えておりますので、その時は連絡致します!
ありがとうございました^^

Hさま(女性)

 

心のしくみを知って、生きやすさへの鍵を♪
【まだまだ募集中】インテグレイテッド心理学講座(6月5日・12日)

オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セッションの効果 ブログ

職場の人間関係がラクになった~セッションの感想~

2017年5月6日
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セッションのご感想をいただきましたのでご紹介します♪

オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD)のセッションについて、すごい!です!とおっしゃっていただきました。

投影だったとわかることで、自分を攻撃しなくてよくなる、相手を悪者にしなくてよくなる、人生は自ずとラクになりますよね♡

=====================================

☘今回のセッションを通して、気づいたこと、感じたこと、理解できたことなど、ありましたか?また、何か変化はありますか?

OADセッションを受けての率直な感想ですが、OADすごい!です!
手品の種明かしをされたような気分でした。

もちろん、「種明かし」はいい意味で、
投影という手品によってわからなくなっていた、自分の抑圧されていた思いを見事に種明かししてもらったという意味です。

 

私はこれまで、周りの人から“攻撃”されることを恐れていました。

周りの人の話についていけないという状況に遭遇すると、

「自分はついていけてない」という自分責めや、「自分が素直じゃないからなのではないか?」という自分分析や自分変革をしなければいけないのでは?という思いにとらわれたり、周りに対しても批判したくなる気持ちがわいてきていました。

でもセッションを通して、それは、

「(一般的なことを)何も知らない人」「常識のない人」と自分のことを思っているということがわかり(もちろん、そんな自分を快く思っていませんので受け容れていませんでした)、この思いを通して周りを見ていたんだ!ということに気付けたのです。

これでは、自分が知らないことを話して盛り上がっている人たちが、自分を受け入れていないように見えて当然です(*^^*)それを私は“攻撃”と捉えていたんですね。

 

また、別の回では、職場の女性とうまくいかないことをテーマにセッションを受けました。

この女性が、

距離を置いているように見えたり、
避けているように思えたり、
話さないようにしているように見えたり、
興味がないように見えたり

どうしても相手に問題があるようにしか思えませんでした。

 

けれども、フタを開けてみると、

自分自身の中で、

「エロい人やいやらしい人は危険だ」と思っていて、
私は「危険な人」と思われないようにしている

自分自身の中にある思いだと気づいていないと
エロい、いやらしい人を前にしたら危険ですから、この女性は、

距離を置くでしょう、
避けるでしょうし、
話さないようにするでしょうし、
興味がないようにするでしょう

でも、これは私の「エロい人やいやらしいのは、危険」という思いを通してみているから!投影ってすごいです!!

そしてこれは、さまざまな別の要因や過去の出来事が絡んでいたということも見えてきました。

小さい頃、テレビで少し刺激の強いものが映ったときの、親や周りの「見てはいけない」「話題に出してはいけない」といった反応、そして、マジメで、悪いことやズルいことに手を出してはいけないといった暗黙のルールや価値観。

そういったものが絡み合い、周りをよく察する私の気質・性質も相まって、知らず知らずのうちにバレるとマズイ、見て見ぬふりをしようといったところまで落とし込まれていったのだと思います。

けれども、今は、自分の中で何を否定していたのか、またそれがどこと関連していたのかがわかれば自分に素直に生きられます。

また、自然と私の認知が変わっていっています。

「一般的なことを知らなくても、てへぺろな感じでいいのかも」
「そもそも”一般的“って何?」
「エロいことなんて誰でも考える、自分の欲求を認めてもいい」

こんな風に、認めていこう、受け止めていこうという気持ちに変わりつつあります。

(OADのセッションで、自分の深い潜在意識にあった強く信じていた思いが見つかると、こんなに我慢して抑えつけていたんだと思うと、なんかかわいそうで、ごめんねという気持ちが自然と出てきました。)

また、実際にテーマで扱った状況や人に出くわしても、ハラハラしたり、怒りを感じることも減ってきました。

相手や状況に振り回されずに、自分の力で変えられる、そんな今までになかったような選択肢を手に入れられたように感じています。

 

下田屋さんには3回という短い間でしたが、大変お世話になりました。
言いにくいなー、受け入れがたいなーと思える思いや、自分像も、私の中からでてくるのをじっくりと待ってくれました((セッションの中で、自分自身で答えを言わされるハメになりました(←無理矢理、とか、強引に、という意味ではありません。ちょっと、あくまで面白おかしく書かせていただきました^^))。

ひとつひとつのセッションの後には、私自身の中で起こっていたこと、
どういう投影が起こっていたのかということも解説や復習をしてくださったり、変化も丁寧に確認をしてくれます。

癒しの世界は深いなあと感じる次第です。

自分の中で「出してはいけない」とぎゅっと抑えていたものをもっともっと受け入れ、

またもっともっと自身の癒しと学びを深めていきますので、今後ともよろしくお願いします。

本当にどうもありがとうございました。

 

男性 Nさん

オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セッションの効果 ブログ

OADを用いたセッション

2017年4月26日
harumi kadan

毎週水曜日に赤坂のクリニックでセッションをさせていただいています
クリニックでやっているのもOADのセッションです

精神的なショックから体に症状が出ていた方が、症状が改善されて復職されていったりします

でも一番うれしいのは、クライアントさんが、症状の改善を目標にせずに、
復職した後も、症状を生み出していた本当の原因に目を向けられること

こんなビリーフを持っていたんだ、こんな風に信じてたら、世界はこう見えて、こう振る舞ってしまうよね、ストレス感じるのも当然だ

そんな風に、セルフバッシングでも、相手バッシングでもなく、自分への理解・受け容れから

さらに、自分が気づいていなかった置き去りにされていた思いや感情があったと気づかれて

だからこそ「自分が自分をケア」しにいくジャーニー♪

そんな風に「ご自分と向き合うジャーニー」を始められる、続けていかれる

心のしくみをベースに、問いかけ、セラピーという3つの要素からなるOADという癒しのプログラム

この癒しのプログラムで、クライアントさんのジャーニーの伴走、心をこめてさせていただいています♡

OADって、「オープン・アウェアネス・ダイアローグ」
これです↓
http://dp33034979.lolipop.jp/OADleaflet.pdf

 

 

オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セッションの効果 セラピー(EFT、MR、RFT) ブログ

葛藤に疲れ諦めきった私の声を聴いたとき

2017年3月30日
79cf297219bf9a1cb6d4f24a82da2093_m

私たちには、「全てがある」、つまりいろんな自分がいていいということです。

ですが、何かの心の傷や、社会でうまくやっていくために、自分のある部分をないことにした方がいいんだ!、と、抑圧してしまうと、それは心のしくみ上(インテグレイテッド心理学でも解説していますね!)、実は私たちを苦しめ始めます。

下記は、クライアントさんからのセッションの感想なんですが、クライアントさんの中にいる登場人物の名前を借りて書くとすると、

悟空のような本能的な振る舞いをする人にイラッとしたり、反対に羨ましく思ったり、、、

三蔵のように理性的に諭したり、形優先の人に対して怒りを覚えたり、、、

このような苦しみ(悩み)から抜け出すには、「抑圧した理由は何?」と、明らかにしていく必要があるでしょう。

ですがその時に、ドカドカと「理由を言いなさい!」と踏み込んでいくのではなく、
共感や好奇心をもちながらその理由を聴きにいく、という態度の方がいいですよね。

そう、自分の中での「対話」ですね。

今回のクライアントさんは、楽になりたいけど、いざ本格的に癒しを進めていこう、自分の中を見て行こうとすると三蔵さんの抵抗にガツンと遭い、

一方で、悟空さんは、疲れきっていて諦めモード

今回のセッションは、諦めきっている悟空さんの声を聴いていく、という流れで進みました。

「自分の中に全てがある」、それは、私という多面体(声)の存在に気付くこと(抑圧してたってことにも気づいてないですからね、普段(*´з`))、

そしてそのあらゆる声と対話をしていくこと、

それそのものが受容であるからこそ、統合がされてくる(全て感~♡が頭でなく、体感をもってやってくる)

ということ

このセッションの後、クライアントさんもちゃんと感じていらして、今度は三蔵さんとの対話が待っているんです♪ うふふふ 楽しみです(*^^*)

前置きが長くなりましたが、どうぞ♪

☘今回セッションを受けようと思ったのはなぜですか?(テーマは何でしたか?)

 

私の中には常々、2人の人物「悟空」と「三蔵」がいて、この2人の思いがいつも葛藤しているような状況でした。

 

三蔵は、幼稚でやんちゃで本能的な悟空が出たがるのを許さない。三蔵は、自分なりに身につけた理性や知性や美学のような形で(それはこの形があれば、社会で上手く立ち振る舞えると思っていたからです)、上手に悟空を諭すので、私の体の中で両者がせめぎ合っている感じでした。

 

このふたつの思いがいつも葛藤していると、生きていくのがややこしくて大変で、
さらに、このような葛藤を持っていたり、生きづらさを感じている自分に、いつもいつもダメだしをしていました。

 

そして、この葛藤やダメ出しにくたびれた私は(悟空は)、

次の戦略をとりました。

それは、「寂しさや哀しさを感じてもそれは、仕方のないこと」と諦めることです。

諦めたなら、たとえ孤独を感じようとも、三蔵との葛藤を生まない分、自分責めもしなくてよいし、「形」で対応した相手への罪悪感も感じなくてすむ。

 

そんな戦略をとりながら、「表面上は何も感じていないから大丈夫」と自分でも思っていました。

しかしながら、インテグレイテッド心理学で心のしくみを学んだり、セッションを受けていく中で、改めて上記のような戦略を取っていることに気付き、そして、いつも感じる緊張感があることや、この戦略があることで、癒しや自分の中を見ていくという時に、避けたくなる感じや抵抗感がでてきていることにも気づくようになってきました。そして、今の自分が実は本当はとても苦しがっている…ということにも。

 

ということで、今回のセッションは、葛藤に諦め、でも実際には私に緊張感を生じさせたり、苦しみを生んでいる、悟空の声を聴いていくセッションで進めていただきました。

 

 

☘今回のセッションはどんな風に進みましたか?感じたこと、気づいたこと、理解できたことなど、ありましたか?

 

悟空の、葛藤に諦め、本能的な自分を出さないようにしている感じを感じていると、

誰もいない草原に、一人ぼっちなのに平気そうにして、何も感じていないかのように佇む5.6歳くらいの後ろ姿の女の子のイメージがでてきました。

その子のもつ感覚や思いは、寂しいのにひとりでもいいという何だかあきらめている感じ。(このイメージは随分以前から自分の中にあることに気づいてはいたけれど放置していました)

 

イメージの草原にひとりの世界は、自分を外に出さないですむところ…そこは、誰にも気を遣わなくていいから疲れない、だけど孤独で寂しい場所。身体は正直に反応していて、決して寛いではいない…。

 

寂しさや孤独な感じ、寛いでいない感じをよーく、よーく感じていくうちに、

一方で、このイメージでいることの意義や役割を感じました。

それは、「そうしていれば、何も感じなくてすむ」。

自分の中にある幼稚で強過ぎると思っているエネルギーが出てしまって、社会の中で上手く生きていけないという恐れを感じなくてすむ。

 

セッションでは、その恐れや思いもなんの批判もなく受け容れていきます。そうして受け容れていくうちに、「幼稚な部分を隠さなければ!」、「ないことにする必要がある!」という思いの重さが変化していくことを感じました。

 

「こんなにこの草原に一人でいるという世界(観)は、何も感じなくてすむと思って、私を守っていてくれたのか」と気づいたり、理解が生まれたりしながらも、次に、とても寂しい気持ちがわいてきます…なぜならそこは、いつしか無意識に馴染み深い逃げ場になっていたから。

でもその感じも、「あっていい、隠さなくていい、分かったよ、何も間違ってないよ…」とRFTですべてをただただ受容していきました…哀しみ、変わること、移ろうということ、それ自体の寂しさ、人生とはそんなものだ、儚いものだという思い、ずっと同じじゃなく、流れていってしまうという思い…

 

普段は、私の中に三蔵がいるので、セッションであまり涙がでるということがないのですが、いつしか自然と涙が流れ落ちていました…

 

そして、ただただ感情や思いを受け止め、眺めていくと、それが次第に、単にエネルギーとして流れていく感じに変わり始め、それらが自然と薄まっていく…という経験をしました。

 

気づくと、息が楽に吸えるようにもなっていました

 

☘セッション後に何か変化はありますか?

 

終わってみたら、強く思い込んでいたことが何だったのか?言葉の重みが軽くなったり曖昧になって、すぐには思い出せない、なんだかぼんやりした感じでした。

私の中の、悟空と三蔵についても「対峙」していた関係から、その関係性もぼんやりして薄まっている気がします。

どちらかがどちらかに対して力をかけていない状態、、、統合感というのでしょうか?

 

これまで意識上では、内面に向き合う意欲は満々なのに、心の深い部分には、諦めきった自分ひとりでいようとするセルフイメージがいた。だから結果的に癒しについても強い抵抗感が生まれていたということにも改めて気づけました。

 

さらに、その抵抗感を生み出したものに対して、それは、本当は、私を守ってくれていたものだった・・・このことを感じたり、わかることで、「抵抗していたこと」についても、抵抗することがいい、とか悪いとかといった見方でもなく、

また、馴染み深い場所を手放すことへの寂しさや移ろうことへのはかなさにも共感でき、

なおさら、私の中の悟空全体まるごとに理解を示すことができ、それによって受容感が深まったと思います。

受容というのは、いくつもの層にある思いや感情などを本当に一つ一つ丁寧に聞いていくことで、起きるものなのだなと改めて実感しました。

 

寛子さんのOAD(オープン・アウェアネ・ダイアローグ)のセッションでは、

何気に、話や悩みを聞いてもらってる感じなのですが、問いかけなどで、どんどん整理され、時に鋭くポイントを突いてもらうことで、見過ごしている思いや感情、感覚が浮き彫りにされ、それだけでも随分思い込みに気付けたりします。

 

さらに、ただただ寄り添って受容していくということをサポートしてもらえるので(本当にじっくりと待ってくださいますし、ホールドされているので、自分の感覚や感情に純粋に向き合えます)、自然にイメージや思考や感情がエネルギーとしてゆっくりと変容していく感じです。

 

このセッションを終えて、これからが、やっと本来の自分自身に寄り添えるんだろうなぁと思っています。

今後ともどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

 

Sさん(女性)

オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セッションの効果 パニック障害 ブログ

飛行機に乗ることについての不安を癒す

2017年3月10日
c0db7ff075b7d64f733bee18692bb0f1_s

私のセッションは、心のしくみ-心を解剖していく”問いかけ”ー変容させるセラピー、これら3つの要素で構成される「オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD)」という手法を用いています(これまでもずっとやってきてたのだけど、今回名前が付いたの!)。

クライアントさん本人が、自らの心の声と向き合い、自らの中からの気づき、変化を促すプログラムです。

セッションを続けて受けてくださっているクライアントさん。
飛行機に乗ることについての不安感を生み出す思いや感情について向き合ったセッションへの感想をいただきましたので掲載いたします。

「不安感」は、心の階層でいうと、上層部にでてきている感情。
心の深部には、怖れていたり、避けていたりする何かがあって、そうならないようにという思考が走るので、結果、「不安感」となって表層にでてくる。
そういう意味で、不安感のホントの解消には、この深い部分で、何をどんな風に怖れているのかを探っていくことが鍵になってきますね。

今回のクライアントさんが怖れていたのは、「おしつぶされそうなアリ」のようになる自分でした。

「おしつぶされそうなアリ」にならないように、
いつも「和を乱さないように」、「自分が対処できるように」している

「おしつぶされそうなアリ」の私からは、
パニック障害について知識や理解のない人たちは、信用できない人たちに見え、
当然一緒に飛行機に乗って旅をする、となると「不安感」を引き起こす対象としてい映るわけですね。

しかし、この「おしつぶされそうなアリ」という、自分から自分に与えているイメージ(思い)も、
この思いにくっついている感情や感覚を解放することで、
思い自体の真実味がなくなっていく。。。
「おしつぶされそうなアリ」なんてどこにもいなかった、と。

セッションの中では、クライアントさんは、この思いにくっついている感情や感覚を感じ、受容していく中で、その感情を持っていた理由や役割に気付いていかれました。

私たちは、「ネガティブ」な感情や感覚に対して、
持っていてはいけないもの、と無意識に思っていたり、
持っていることを心の底から受け容れていなかったりするものです。抵抗ですね。

しかしながら、その感情や感覚を持っていた理由や、それらの本当の役割に気付いたときに、
それらへの理解が生まれ、抵抗が解け、ひいては本当の意味での受容が起こる。

そんなプロセスを体験されたセッションとなりました。

前置きが長くなりましたがどうぞ~♪

==================================================

下田屋さん

 

いつもありがとうございます!

下田屋さんにカウンセリング、セッションをお願いしていて本当に良かった!!! といつも思います。

 

今回のセッションでは、

飛行機に乗ることにまつわる、「その先で会わなければならない人々」「一緒に飛行機にのる人」に対して、彼らへの私なりの解釈、その解釈を生み出している思いや感情をみていきました。

子供の頃から他人に対する不信感が強かった私は、「一緒に飛行機に乗る人たち」が、パニック障害自体を殆ど理解せず、発作が起きたときに対処する術を知らないことに対して非常に不安を抱いていました。発作が起きたときに対処できないだけでなく、そのことを他の知人や友人に言いふらされたらどうしよう? という思いがありました。

だから、私はいつも「和を乱さないように」、「自分が対処できるように」していなければならない

 

パニック障害について知識がない人たちと一緒に飛行機に乗る、その自分を想像して、自分の中の感覚や思いを感じていると、「おしつぶされそうなアリ」という自分像やそれに伴う感覚がわいてきました。

 

おしつぶされそうなアリの私は、子供の時から、私の意見はそっちのけで、勝手に物事が決められていったり、姉や誰かがいつも優先されることに対しての怒りや嫌悪感を抱いていました。(ちなみに、初めてパニック発作を経験した時もこの感覚を感じていたのもセッションの途中で気づきました)

 

そして、その怒りの下には、大きな「寂寥感」もありました。
それは、「誰か私を愛してくれないかな」、「誰も自分だけを見てくれない」
という思いでした。

セッションでは小さな私のこうした思いや感情を受けとめていきました。

小さな私の中の思いや感覚を受けとめていくにつれ、
「自分だけを見てほしいとは考えてはいけない」という思いが。

しかし、その思いには、実は、深くて大きなやさしさ、思いやりが、あったことに気づきました。ちょっと驚きました。それは、明晰さやすっと先を見ている透き通ったエネルギー、それは静かでとても落ちついた感覚で、私の中にずーっとあったなという感覚です。驚きとともに、寂寥感を抱きながら、いつも「和を乱さないように」、「自分が対処できるように」していなければならなかった私への、新たな理解や見え方、受け容れがわいた瞬間でした。

 

今年は仕事の関係で飛行機などの交通機関を利用する機会が多くなりそうです。
以前はなるべく避けたり、断っていたりしましたが、様々な投影が外れてきているおかげか、不安感や恐怖心が軽くなってきていると思います。いろいろチャレンジしたいと思っています。

下田屋さんのセッションは、パニック発作や、不安感、恐怖心だけを見るのではなくて、それがどこから来ているのかを一緒に見て行ってくれます。根本的な原因を一緒に探っていく感じです。

パニック障害を解消したいという思いで最初はセッションを受け始めましたが、セッションでは、私の中で忘れさられていた声を一杯聞いてあげる、私自身への癒しになっているなと実感します。その過程の中で、パニック障害の改善が自然と起こっているという感じです。

Mさん(女性)

 

 

パニック障害のクライアントさんが、本人自らの声と対話することで、得られた気づきとはどんなものだったのでしょう?

感想をいただきましたので、掲載させていただきます♪