Browsing Tag

問いかけ

インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) お知らせ パニック障害 ブログ 気づきの問いかけ

「気づく」ことから動き出すさまざまなプロセス、変化

2019年8月13日

こんにちは!

自分も含めてですが、
ありのままがありのままに見えなくなっているとき
私たちは苦しくなりますね

 

誰かについて腹が立つとき、
相手を変えたくなるとき(そんな言い方ないだろ!)、
状況を変えたくなるとき(なんでこんな親のもとに生まれてしまったの!)

などなど

こういう風になっている時は
怒って、自分の正当性を主張しているけど、
でもすっきりはしていない

 

「ありのまま」に
自分のなんらかの価値観やこだわりや、思いこみを投影してみているからです

で、これらの価値観やこだわり、思いこみって
ちゃんと普段気づいていたり、意識されているかというと
そんなことはない(だからこそ投影するのですが、、、)

上司から「あの書類できてる?」と聞かれて
自分の中の「早く仕上げなきゃ」とか
「完璧な内容にしなきゃ」とか
といった思いがありながら仕事をしていると自分が気づいていないと
上司の言葉は
焦らせている、
私の内容がどうかチェックしているんだろう
とかと言った風に聞こえてしまいますね

だから結果として、
上司はもっと私のことを信用してほしいとか
あんな上司の下では働きたくないとか
仕事をやめた方がいいのだろうか?
私はこの仕事向いていないんじゃないか?転職した方がいいのか?
といった悩みになるわけです

 

で、もう一度繰り返しますが、
気づいているかどうかで変わってくるのが

自分の中の「早く仕上げなきゃ」とか
「完璧な内容にしなきゃ」とか
といった思いが自分の中にある
これらはあくまで自分の思いである

ということに気づいているかどうか
です

 

たいてい

「早く仕上げなきゃ」とか
「完璧な内容にしなきゃ」とか
といった思いがある
なんてことには気づいていないのです(だから悩みとなるわけですし)

ところが、

こういう思いを持ちながら仕事していたってことに気づいてあげると思うとどうですか?

 

一生懸命やってて、
緊張しているし、
書類を提出するまで頭からはなれないぐらいに気をはってる、

そんな自分に寄り添える瞬間になりませんか?

ここでふーっとちょっと力が抜ける
自分から自分にやさしくなれる

 

私自身がほーんとに気づいていないいろんな「べき」の思いや執着を「当たり前」のこととして
自分も相手も制限しまくって
さんざん苦しみましのたで
(生きづらさを感じてましたし、それがつもりつもってパニック障害を引き起こすことにもなったと思います)

「気づいていないものに気づいていく」
ということが
物事、相手がありのままに見えていないものを
ありのままに見せてくれる(戻してくれる)なぁと思うのです
そしてありのままはいつもやさしく
だれも悪くなかったと安堵する

これを繰り返し、繰り返し体験してくことで
自分が見る世界に信頼をおくことができるでしょう

このような「気づく」ことから動き出す
様々なプロセス、変化
それらを共有できる人たちが増えるといいな~と思うのです

 

ここからはちょっと宣伝になっちゃいますが、
上記の思いを胸に
2か月に一度のペースですが、「気づきの問いかけ」をお教えしています。

苦しみと見えるのは
どんな気づかれていない思いや感情があるのだろう?
それらを引き出すことができるのが「気づきの問いかけ」です。
自分の中の様々な思いや感情に出会える時間となりますよ

(次回は、9月7日/下記参照ください)

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます♪

深呼吸して~ 自分にやさしく♡

ランキングに参加しています。励みになります。いつもありがとうございます

パニック障害ランキング

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

心をひも解く”気づきの問いかけ”勉強会
心の深層を探ることができる”気づきの問いかけ”
勉強会では、苦しみや悩みを生み出す、潜在意識にある普段気づいていない思いを、問いかけを使ってどのように探っていくのかをお伝えしています。(インテグレイテッド心理学を学ばれた方が対象となります)
会場は、市川市妙典のAMRiTAさんとなります。
【日程】2019年9月7日(土)13:00~17:00
【会場】AMRiTAさん
【費用】9,000円
【お申込み・お問い合わせ】こちらからお願いいたします(AMRiTAさんのページが開きます)

インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セッションの効果 セラピー(EFT、MR) パニック障害 ブログ 気づきの問いかけ

だから不安が消えなかったんだ ~「意味づけ」を見落とすなかれ~

2019年6月2日

今回も「だから不安が消えなかったんだ」シリーズで行きたいと思います(*^^*)
過去記事はこちらです
①「だから不安が消えなかったんだ
②「だから不安が消えなかったんだ~発作というイメージ~

パニック障害とは切ってもきれない不安感、恐怖感ですが、
これらがなかなか消えないのは、
これらがいわゆる「症状」「反応」にあたる部分だからです。

 

症状、反応がでるのは、
それらを生み出すもの、原因があるということですよね

私たちは、一見、状況や人、モノが不安や恐怖感をもたらすと思っていますが、
実はそうではなく、、、

 

なぜなら、昔は平気で電車に乗れたり、高速も運転できていたのですから、
そういう意味で、電車や高速が不安感や恐怖感をもたらしているのではなく、

電車や高速(を運転する)ことに対しての自分なりの「意味づけ」が昔とは変わったからなんです。

そして、その「意味づけ」が、
不安感や恐怖感を生み出しているのです

 

ここを見落としていると、どういうことになるかというと、

対象物を避けようとしたり、
反応や症状である不安感、恐怖感を抑えるようとしたり、
それが抑えることができるツール探しに邁進したり、
でも本当の意味ではすっきりしないので、
余計不安がひどくなったり、ツール探しに疲れてしまったり、
悪循環になっちゃうんですよね。。。私もこれやってました(*^^*)

 

意味づけですが、すごくざっくりな例ですが、
例えば、電車が混んでいる→不安だ、怖い、という反応がでるわけですが、
ここの真ん中に自分なりの【意味づけ】があるのです

例えば、
電車が混んでいる→ 意味づけとして、
空気が薄くなってしまう(私が吸える空気が減っていく)という意味づけがあれば、
「電車が混んでいる」という状況に対して、不安感、恐怖感がでる

こんなつながりです。

ということは、
意味づけが、苦しい意味づけから、全然別の意味づけに変わったり、意味づけ自体がなくなったりすれば、当然反応も違ったものになりますし、
電車が混んでいるという状況もただそれがそれとして捉えられるようになり、
結果、反応も全く違ったものになったり、でなくなったりする、ということです。

 

意味づけがなぜ見落とされてしまうのか、ですが、
それは、反応や症状の部分がすごくエネルギー量が大きくて~別の言い方をすれば、感情や感覚の大きさが大きかったり、それによってさらに思考が刺激されて、さらに感情や感覚が渦巻いてしまう、
ということが起こるからなんですね
だから、この部分をなんとかしなきゃという発想にもなりがち

また、この意味づけは、
潜在意識にある、様々な気づいていない思いや感情、感覚から生み出されているので、
気づけていない、ということもあります
特に潜在意識の深いところにあるビリーフやセルフイメージは影響力があるにもかかわらず、それに全く気づけていないんですよね

それでは、気づけないからそのままなのかと言ったらそういうことではなく、
ひとつの意味づけは、またその下にある意味づけによって支えられているという構造をもつので、

そういう意味で、この意味づけを解体していけば、
本当の意味で、
反応、症状を生み出していた、思いこみや、ビリーフ、セルフイメージが見えてくるんです

※その解体に私は、心のしくみをベースにした「気づきの問いかけ」やEFTやフォーカシング、マトリックスリインプリンティングなどの体(感覚)にもアプローチできるセラピーを使ったりしています。

なぜなら意味づけ自体も思いー感情―感覚が構成要素なので
(例えば、先の例ですと、
「私が吸う空気が薄くなる」(←これは思い)-不安感(←感情)―肩に力が入る感じ(←感覚)という感じ。
セラピーはこの不安感や肩に力が入る感じといった感情や感覚の解放に使っていけます。そうしているとこの不安感に紐づく記憶が自然とでてきたり、潜在意識にあるセルフイメージなどがわかってきたりするのです。それが電車の中での発作の記憶ということもあるでしょう)

ということで、
反応や症状の部分である不安感、恐怖感を本当の意味で解消していくには、

その状況、モノ、対象物に対してどんな意味づけを見ていくことが必要でしょう

まずは、「この状況、コレは私にとってどんな意味があるのかな?」と自身に問うてみるとよいです。
そうすることで、不安感、恐怖感を生み出している私が気づいていないものたちへの探求の入り口に立てますです♪

 

気づいていないものに出会っていくことで、
今私を苦しめていると思えている不安感、恐怖感との関係性が変わっていくんです
なぜならこれらの感情を生み出す本当の理由を自分で理解できたり、尊重できたりしていくので

その時、不安感、恐怖感というものへも、あってよかった、悪いものではなかったと見え方も変わっていく

私も、そして、誰も、何も悪くなかったんだなという視点は一番私たちをラクにさせますね♡

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます♪

深呼吸して~ 自分にやさしく♡

ランキングに参加しています。励みになります。いつもありがとうございます♪

パニック障害ランキング

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー
予期不安、広場恐怖へと広がる理由、発作の原因について
心と体の観点からしくみを理解しませんか?
しくみから、改善へのアプローチがみえてきますよ♪

2019年6月23日(日)13:30~16:30@東京 東池袋

☆セミナーについて:https://bit.ly/2GTvxkd

☆開催概要
【日程】2019年6月23(日)
【時間】13:30~16:30
【会場】あうるすぽっと 3F 会議室B1
東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル3F
http://www.owlspot.jp/access/
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/dist/S59511152/

インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) パニック障害 ブログ 気づきの問いかけ

乗り物恐怖~乗り物が止まったり、混雑しないか気にしていますか?~

2019年1月15日

こんにちは!

前の記事で不安な時は、不安の中身を整理するといいですよ、ということを書きました(「乗り物恐怖~不安の中身を整理する~」)

 

で、なぜ中身を整理するといいのかというと、

私たちは、不安や恐怖感を感じるものがいくつかある場合、
その中での強度の違いがあるはずで、
それは、自分の中での「意味づけ」が違うからで、

そこを一緒にしてしまうと自分が一番何を怖れているのか?
苦手と思っているのか?がはっきりしなくなって、さらに不安が増してしまうからでしたね。

例えば、電車に乗ることを例にした場合、

一人で電車に乗るのは気楽でいいけど、
友人や同僚が一緒だと嫌だな・・・
とか、

各駅に停車する電車には乗れるけれども、
快速は苦手だぁ~ 乗れない・・・

というのもあるかもしれませんね。

この違いが「意味づけ」の違いです

「友人や同僚と一緒であること」や「快速電車」に
「一人で乗ること」や「各停の電車」よりも
違う意味づけを持たせていて、かつ、他方(一人/各停)より、自分にとってより困る解釈をしているということです。

 

例えば、
友人と一緒ということは、
自分が焦ったり、不安になることを見られてしまう可能性が高まる、それはまずいな
と思っているのかもしれないですし、

快速だと、
不安になった時にすぐに下りられなくて、不安に圧倒されてしまう、と思っているのかもしれないです
(※ちなみに、普段はあまりこの意味づけすらもうっすらとしか意識されていないことが多いです。)

ということは、「電車」に、
これらの思いを「投影」している、ということです

 

つまり、電車そのものは私たちの眼には映っていなくて、
自分の頭の中にあるこの意味づけを、電車に見ている、ということです。

例えば、

・自分を焦らせ、不安にさせ、私のぶざま姿を友人に見られる可能性のあるモノ

・私を不安で圧倒させるモノ

という風にです

 

う~~これじゃ電車は怖いモノに見えてしまうし、
当然乗るのをためらう、苦手な対象と見えてしまいますね

 

そして次に、私たちがやり始めるのは、
相手(対象)を攻撃し始めることです

私も、
電車が遅れたり、事故で止まったりすることで混雑することが耐えられなかったので、そういうことを起こす鉄道会社が悪い!と本気で責めていましたし、

ラッシュアワーがある都会の生活を嫌っていたり、
そんな中で生活している自分を責めたりもしていたものです

でもでも、本当は、
自分の意味づけによって、
不安になったり、恐怖感がわいたりしている、のにです!!!

ということは!!逆に言うと、

自分のこの意味づけが変われば、電車が単なる電車として見え始める!
不安や恐怖を与えるものから、単なる「電車」に見えるということです!
そう、あの、何も怖いとか不安だとか、そんなことを感じていなかったあのときに戻れる、ということです

意味づけをしているのは私なので、
私の中の意味づけが変われば、
私は、電車の被害者でいつづけなくてもよくなるのです
今どんなに不安や怖さがあっても、自分に力を取り戻すことができるということ

でもそれはどうやってできるのでしょうか?

次回は、その意味づけを変えること、方法について、
引き続き心のしくみから書きますね!

深呼吸して~~ 自分にやさしく♡


パニック障害ランキング

インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) お知らせ パニック障害 ブログ 気づきの問いかけ

インテグレイテッド心理学講座に参加された方の感想です

2018年6月15日

こんにちは!

東京は梅雨の空です。風も強いようです。
気温差が激しいので、体調崩さないように気をつけないとですね♪

さて、7月28日、29日にインテグレイテッド心理学講座を開講しますが、
これまでに参加された方からのご感想をご紹介させてください

自分の心なのに、実は知らないし、教わらない「心のしくみ」

私もそうでしたが、
変わりたいのに、変れない、
抱えている問題の解決の糸口が分からない、
不安感や恐怖心から解放されたい、
という気持ちありますよね~

反対にいうと
どうしていつもこういう時に腹がたつのか?
緊張するのか?
同じパターンの恋愛になるのか?

その時にどういうことがこころでは起きているのか?
そのことを知ることが、
自分へのゆるし、相手へのゆるしへもつながると思います。
なぜなら、悩んでいる時というのは、
どこかでは相手(環境など)を責めながらも、
自分自身をも心の深いところで責めていて、
それが、私たちの苦しみになっていたりもするので
(みなさんも経験からわかると思いますが、私たちは、自己否定をしている時、苦しくなります・・・)

自身の苦しみのワケを理解することができる、心のしくみを知って、
自己否定から、自己愛へとシフトさせていきましょう!
ご参加お待ちしております♪

インテグレイテッド心理学講座を受講された方の感想です

■Aさん:

寛子さん
ありがとうございました😊
居心地がとても良くて、心も体ものびのび、自然な流れで、学ぶことが出来て、とっても楽しかったです。

「全ては投影!」と、軽やか、爽やかに、しかし、力強く、言われたことに、外の景色を 眺めながら、え〜〜そんな〜笑 と、懐疑的な私でしたが、丁寧で 、体験的に教えて下さって、ふーと腑に落ちていきました。

今まで、自我心理学、セラピーを学び、実践してきましたが、OADセラピーは、そもそもの出発点が違うこと、納得しました。
素晴らしい〜!
心理学理論、技法は数々あるけど、心のしくみ、自我のしくみまでを明確にしていることに、とても素晴らしい可能性を感じました。

仲間の皆さん、ご縁に感謝しています
ありがとうございました^ – ^

 

■Bさん:

ひろこさん、2日間ありがとうございました!開催をお願いして良かったです💕
事実と解釈を分ける!こと、
感情・感覚をターゲットにセラピーすると思考が自然とシフトする!!こと、
ようやく断片的だった知識が整理された感じです。
日々、実践して体感に落とし込みたいと思います。

参加のみなさまも、ありがとうございました。
またご縁がありましたら、宜しくお願いします!

 

■Cさん:

先日は濃厚なセミナーに参加させていただきありがとうございました。
この先、解釈を掘り下げいく問いかけにも関心があります。

 

■Dさん:

今まで癒しを探し求めて色んな所に行っては色んなこと学んできたけど(それは無駄ではなかったけど)、本当に必要だったものは自分の中に詰まっていたんだなぁと思うとなんだか青い鳥のお話のようです。

2日間、濃密な時間をありがとうございました。たくさん質問にも答えていただき、理解が深まりました。

今回、心の仕組みを学んで、いかに自分が抑圧と投影に人生の多くのエネルギーを注いできたのかがよくわかりました。

セッションでも知識としては教えていただいていましたが、腹落ち感が違いました。

おかげさまで、今後は怒りの中にあっても、客観的に一歩ひいて自分の中で起きていることを眺めることができそうです。

 

■Eさん:

とても暖かな楽しいセミナーでした。2日間ありがとうございました。
EFTのセミナーに参加した時に、寛子さんがサポートしてくださった時に問いかけてくださった問いかけにより、物凄い気付きがあり、あの時の心がすっとするような身体の感覚は初めての経験だったので、今でもよーく覚えています。
なので、今回寛子さんよりこの講座を受けるチャンスがあり、嬉しかったです!

今回の講座が終わって間もないですが、昨日今日と過ごしてみて、不思議なことに周りの人たちが前より優しく見えるようになりました。
心のしくみの勉強が出来て良かったです。

引き続き理解や体験を深めて行きたいと思います。
本当にありがとうございました。
また、よろしくお願いいたします。

 

■Fさん:

講座ではご指導をいただきありがとうございます。
他の仲間と学ぶことができ楽しい時間でした。

・事実と解釈を分けてみる
・自分が解釈している、ということに意識をする
ことを通して、日常生活の中でも心のしくみについての理解を深めていきたいと思います。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

インテグレイテッド心理学講座 開講します

日程:2018年7月28日(土)、29日(日) 2日間
時間:12:30~18:30頃
参加費:4万8千円 /再受講:3万円
(お申込み時にお席確保のため、参加費の内、5千円をお支払いただきます)
場所:東京都中央区晴海(最寄り:都営大江戸線勝どき駅)(詳細はお申込み時にご案内いたします)

お申込み:https://ws.formzu.net/fgen/S64019876/

インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セラピー(EFT、MR) ブログ 気づきの問いかけ

怒りから気づいていないものに気づく ~それは愛への転換点~

2018年3月19日

こんにちは!

3月に入りだいぶ暖かくなってきましたが、上がったり、下がったりの気温に体を合わせていくの大変ですよね(*^^*)

 

さて、今日は、

怒りは、自分が気づいていない思いや感情に気づかせてくれる入り口だな~

そして気づいていなかった思いや感情に出会えた時に初めて、
私たちは、本当の意味で自分を理解できたり、
愛ベースへのエネルギーへと転換してくれるな~、

としみじみ思ったことを私の経験からお伝えしようと思います

 

 

今住んでいるマンションでは、自転車を住人でシェアできるシステムがあるのですが、

久々、自転車を借りようと駐輪所に行きました。

 

そして、いざ借りようとすると、

「登録がされていないので利用できません」と。

 

「あー 引っ越ししたから(年明けに同じ建物内で引っ越しをしたという経緯があります)、移転先の部屋番号で、利用者登録を新たなにしなければいけないのだ」と、

慌てて自宅に戻り、

不動産会社から渡されていた、物件の設備の取り扱い説明書がつづられているファイルがあるのですが、それを開けてみました。

 

が、ところが、

肝心の入っているべき「自転車貸出登録の手引き」の書類がファイルからそっくり抜けていて入っていない!

 

さーーここから怒りのスイッチが入ってしまいました!!!

 

不動産会社が引き渡しの時にちゃんと確認をしなかったからだ!

前に住んでいた人がそのまま持っていったに違いない!

それを確認せずに引き渡しをしているのか!不動産会社め!!!!

 

完全に不動産会社が悪者で、めちゃめちゃ攻撃モードです

 

怒りマックス状態

電話をつかんで不動産会社の担当者に電話をする

担当者が不在でなおさらイライラが募る・・・・

 

 

一方、怒りマックス、怒りの渦に巻き込まれてはいるのですが、

一応、職業柄(笑)、心のしくみを学んだり、お伝えしたり、している身、

どこかでは、

「あれ~ えらい怒っているけど、なんだ?これ??」

「私の心の中の何かがすごい刺激されてるんだな~」

と、気づいてもいるのです(とはいえ、怒りはもちろん消えてません)

これは自己ワークで見た方がいいなーと。
*自己ワークには、OADの”気づきの問いかけ”やセラピーを使っていきます

 

さてさて、自転車は借りれなかったので、怒りを半分くすぶらせながら、

目的地が、交通機関で行くには、中途半端な場所だったため、

隅田川沿いをとぼとぼ歩きながら、自分の中にある思いを問いかけていきました。

この怒りは何に反応していたのだろう??・・・と

 

 

ちなみに、この出来事があった時期というのは、

自分の講座が週末に控えていたりして、

そもそも、自転車を借りようと思った理由は、

わずかに空いた時間で、

交通機関に乗って目的地に向かうよりは、

自転車の方が時間短縮できる、時間を有効利用できる、

という思惑があったのです。

 

んんん??・・・

 

ということは・・・???

 

私の中で気づかないうちに、講座の準備について、焦りや不安、緊張をいつの間にか溜めていた???・・・

「あ゛~  そうだわー」と妙に納得できる感覚がわいてきます。。。

もうこの辺りから肩の力がごそっと抜けて、
ふわっと緩む感覚やら、
あんなに怒りを感じていた自分に対しても滑稽さらやら、愛おしさすらわいてきます

怒り劇場から脱出できた瞬間ですね 笑

 

この焦りや不安、緊張は、こうして自分に問いかけをするまで、

完全に私の中ではスルーされていたものであり、

全く気づいていないもの、でした

でも改めて思い返してみると、それは意識の中に埋もれていただけであって、
しっかりあったものなのです

 

インテグレイテッド心理学を学ばれた方はすでにおわかりかと思いますが、
少し”投影”についてお話をさせてください。

私たちは常に、自分の思いを通して、状況や出来事、モノ、人を解釈しています(これを“投影”といいます)。

そして、その物事を解釈する際のフィルターとなる思いは、例えば、
「私は〇歳」というニュートラルなものから、
「私はバカだ」などといった、自分が苦しくなるものまで、
様々なのですが、

特に、私たちが苦しくなるときというのは、

何らかの思いが、

自我として究極に怖れていることを刺激する場合、
これは苦しみとなります。

自我として究極に怖れていることとは、
・肉体の死

・精神的な死
です。

例えば、
「自分はバカだ」と信じていて、
・バカなままだと、いいところに就職できなくて、食べていけなくなる:肉体の死のストーリー

や、

・バカだと人からの評価を失くして、誰にも受け入れられなくなって、独り死んでいく:精神の死のストーリー

を心の深~いところで、すごーく怖れているわけです。

 

反対に言うと、この怖れに直面しないように日々頑張っているわけです!

例えば、
バカがばれないように努力している、
本を読んだり、何かのスキルを身につけたりなどすることでカバーしてするなど

そして、怖れが大きければ大きいほど、
日々の努力は惜しまずにしなければなりませんから、
そこに不安や緊張、焦りなどなどが当然伴いますね

でもこれらの「しなければ」という思い(根底には死の怖れがある)があることや、
その思いに伴っているはずの感情や感覚になかなか気づけません。

 

これらの思いや感情が気づかれないままになっていると、
心のしくみとしてどういうことが起きるかというと、

目の前の事象を、「私を苦しめるもの!」と判断し(時間を取られる!→準備の時間が足りなくなる!)、

相手が(不動産会社が)、私から準備時間をとって、精神の死へ近づける憎き相手と映り(投影)、

それはすごく困るので、相手を攻撃する(怒りマックス~)

ということが起きるわけです~。
(これは、インテグレイテッド心理学でも学ぶ、抑圧→投影→防衛→攻撃のしくみです)

 

ということで、その後私はどうしたかと言いますと、

講座準備を完璧に!と思っていた自分とセラピーを使って対話をしていきました。

心細さ、不安、緊張、焦り、悲しみなどたくさんの感情がありました。

これだけの感情があるのに、それらに気づかずに「万端に!完璧に!」と自分に課していたかと思うと、「ごめんね~、わたし」と、自分に対する優しい気持ちも生まれてきました(*^^*)

そして、不在だった担当者の方から数時間後に折り返しの連絡があったのですが、
普通に対応ができておりました♡

 

さて、長々と書いてきましたが、

このように、

気づいていないもの、

スルーされているもの、

に気づいていくことは、

苦しみから愛のエネルギーへと転換してくれる鍵になることでしょう

 

そう、その時、元々は愛だったとやっぱり気づくのです

 

 

今回も最後まで読んでくださりありがとうございます♪

インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) お知らせ ブログ 気づきの問いかけ

2018年初の”OAD気づきの問いかけ”勉強会@AMRiTA

2018年2月26日

こんにちは!

昨日は”気づきの問いかけ”勉強会@AMRiTAさんでした♪
昨年から始まった勉強会、今年に入って初めての開催でした。
*アムリタさんのレポはこちら(いつも雰囲気が伝わるお写真をたくさん載せてくださっています(*^^*)

インテグレイテッド心理学を学ばれた方を対象に、
苦しみを生み出す思いやビリーフを見つけるために、
心を解いていく”問いかけ”についてお伝えしています。

今日は、特に「全ては投影である」ことについて

私たちは、自分の「解釈」を「事実だ」と勘違いして、
その解釈がネガティブなものであれば、
当然苦しくなります

 

そういう意味で、苦しみを生む「自分の解釈」に気づいていくことが、
苦しみからラクになる道筋であるという言い方もできますね

ということで、
「事実」(ここでの事実とは実際に起きたこと、起きていることを指しています)に、どんな苦しい解釈をしているのか?を探るために、”気づきの問いかけ”を使っていくのです。

今日は特に、きほんの「き」をおさえる時間となりました。
なぜ、問いかけているのか?を心のしくみ(インテグレイテッド心理学)を復習しながら、自分のケースを題材に学んでいきました。

自分がなぜ苦しくなっていたのか?そのからくりを理解できたあの瞬間の

安堵感、
自分を守らなくてよくなる感覚、
あ゛~こんなに私頑張ってたーて自分に慈しみがわく感じ

みなさん、”問いかけ”で、
気づいていなかった思いに出逢うことによって見えてくる
これらの感じを体験しました。

 

インテグレイテッド心理学は実践的な心理学
実生活に落とし込めたときにホントに活きてきます☆
自分の中にこれらの感じをぐっと落とし込みたいと思われる方は是非どうぞ~

次回勉強会は、4月7日(土)13:00~です。詳細はこちら

今回も最後まで読んでくださりありがとうございます♪

インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) ブログ 気づきの問いかけ

インテグレイテッド心理学講座終了しました

2018年2月11日

こんにちは!

2月3日、4日と2日間にわたって、インテグレイテッド心理学講座を開催しておりました。

中京方面、関西方面からもお越しいただき2日間じっくりと心のしくみについて学んでいただきました。
ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました♪

 

インテグレイテッド心理学では、
私たちは、70億人の人類!に共通する心のしくみを学んでいきます。

心のしくみというのは、特に、
抑圧、投影、防衛、攻撃というしくみなのですが、
どうしてこのようなしくみが私たちの心で作用するのか、
それを、インテグレイテッド心理学は、非二元(悟りの教え)や奇跡の学習コースをベースに説いています。

誰かの理論や学説ということではなく、
真実の観点からみていることから、
だから「全ての人に共通するしくみ」として、解説ができる、というわけなのです。

そういう意味で、だれかの分析や解釈をはさんでいないので、
心理学というより、心の観察学と言ったりもしています。

講座の中では、

私たちが悩んだり、苦しんだりする、そのワケについても、心のしくみから解説をしていますので、

なぜ自分が苦しかったのか、

なぜ相手に怒りがわいていたのか、

なぜ不安を感じていたのか、

などが理解できます。

 

理由が分かると、
それだけでもほっとしたり、
びっくりしたり、

講座の中でも多いに盛り上がりました(*^^*)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しくみを知ることは、
自分を知ること、
そして、それによって他者や状況を変えようとしなくてよく、
自分の中を見てあげればよいのだと自分にベクトルが向くきっかけになります

他者や状況を変えようと外にベクトルが向いている時は、
必ず私たちは私たちの中から力を奪われているはずです
(どんなに怒りが相手や外に向いていたとしても、自分からは力は奪われている)

そんな力を取り戻すきっかけは、
まずは一番身近にあるにもかかわらず、
知らない(残念ながら学校教育の中で教わったりしないので、、。私もつくづく早くに知りたかったと出会ったときは思いました(*^^*))
しくみについて知っていくことだろうと思っています。

ご参加いただきましたみなさまありがとうございました❤

次回は、7月末に開催の予定です。詳細はこちらをどうぞ

今回も読んでくださりありがとうございます♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) お知らせ ブログ

インテグレイテッド心理学講座を開催します(2018年2月3日&4日)

2017年12月1日

こんにちは!

インテグレイテッド心理学について、開催のリクエストがありましたので2018年2月3日、4日で開催します♪

不思議なことに、私たちって自分の心なのに、その「しくみ」を誰からも教りません。

知らないだけに、無意識にそのしくみが作用するため、表面上にでてきた思いや感情によって、悩んだり、落ち込んだり、相手を責めたり、攻撃したりしているのです。これが日常で感じている、不安や不満などといった、いわゆる私たちが経験している「悩み」ですね。

私もこの心理学に出会うまでは、すごく悩んでましたし、「生きづらいな~、自分に向き合っているつもりなのに、なぜかラクにならない、どうすればいいのだ??」とぐるぐるの中にいました。かなり、苦しかったですし、落ちてました。

この心理学に出会ってわかったのは、
「自分に向き合って」いたつもりだけど
実は、
苦しみや悩みを生み出す「しくみ」自体がスルーされていたんだな、とういうことでした。

つまり、「苦しいのは、こういうしくみがあるからなんだよ」という部分~悩みを生み出す”作用”の部分~が見過ごされていた(る)、ということです。

反対に言うと、この作用(しくみ)を知るというのは、悩みや苦しみから抜け出す大きな鍵になりました。これは、つくづく思います。

ということで、来年も引き続き、
この「心のしくみ」(学校でも教わる日が来るといいな~)をお伝えしていきたいと思っています。

インテグレテッド心理学は、溝口あゆかさんによって提唱されている心理学で、
心をオープンに紐解き、気づき、対話を進めていく「オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD)」の
「心のしくみを知る」部分にあたります。

今ある悩みの解決のきっかけ、生きやすさへのヒントを得たいと思われている方、
真実の癒しに興味がある方、
是非ご参加くださいませ♪

詳細はこちらです
【日程】2018年2月3日(土)、4日(日)(2日間)
【時間】12:30~18:30
【会場】下田屋寛子セッションルーム(東京都中央区)(都営大江戸線 勝どき駅最寄り)
※お申込みいただた方に、場所の詳細をご案内いたします
【費用】4万8千円(再受講:3万円)
※お申込み時に、お席確保のため、デポジットとして参加費の内5千円をお支払いただきます。
【お申込み】https://ws.formzu.net/fgen/S64019876/

◎講座の内容については、こちら

インテグレイテッド心理学講座を修了されると、潜在意識の思いを探る「気づきの問いかけ勉強会」へと進んでいただけます♪

ご参加お待ちしております☆

今回も読んでくださってありがとうございます~♪

インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) お知らせ ブログ

OAD問いかけ勉強会@AMRiTAさん<残席あり>

2017年10月4日

こんにちは!今回はお知らせです~☆

インテグレイテッド心理学を学ばれた方を対象に定期的に「OAD問いかけ勉強会」を市川妙典のAMRiTAさんにて開催をしております。

10月22日(日)13:00~の会に、まだ残席があるとのことです。

インテグレイテッド心理学で学んだ心のしくみを踏まえた上で、活きてくる”問いかけ”

「問いかけ勉強会」と名前がついていますが、
気づいている反応、思い、感情を入り口に
私の中に気づいていなかったものに出会っていく時間です♪

自分を知る、自分を愛するひとつのプロセスをご一緒できましたら嬉しいです♡

AMRiTAさんの告知ページはこちら
お申込みもAMRiTAさんのページからお願いいたします♪

いつもお読みいただきましてありがとうございます💕