Browsing Tag

セラピー

インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セラピー(EFT、MR) パニック障害 ブログ

だから不安が消えなかったんだ~発作というイメージ~

2019年5月7日

こんにちは!
GWも終わりましたね~ 🙂 みなさんはどのように過ごされたでしょうか?

前回の記事では、

不安感がでてきたときに、どうして雪だるま式に不安感が膨れあがり、
さらに次から次へと不安感を刺激する思いがわんさかでてくるのか?

のワケについて書きました。

今日は、そもそも不安感がなぜでてくるのか?についてです

私もそうでしたが、
パニック発作を経験するまでは、
電車や車での移動も好きで、
海外旅行なども抵抗なく、若いころから飛び回っていました、

でも今は不安が大きくてどこにも行けません
飛行機なんて絶対無理

こういう声、たくさんききます

時間がたてばそのうち発作のことは忘れて、不安感がなくなるのかと言えば残念ながらそうもいかない

こうした声からもわかるとおり
どれだけパニック発作の経験がその後に影響しているか、ですよね~

できていたことができなくさせるほどのインパクトがあるんですものね

 

その影響のされ方というのは、
発作の経験を、
私たちが心の中にどのように取り込んだのか、

です

発作が起きたときに
どのように対処したのか、できなかったのか、
周りの様子はサポーティブだったか、冷たい感じにうつったのか
など

例えば、
私だけが一人焦りまくっていて、
周りはすごく無関心で我関せず
恐怖感に押しつぶされそうになっているのに、
私の感情とは無関係に電車はそのまま走り続けている

この時の自分の状態(感情や思いも)、
周りの様子や空気感なども一気に私たちは自分の中に閉じ込めるのです

 

そして、似たような状況(電車)は、自分の中に閉じ込めたものを刺激してきます
またあの状態になったら?あれよりひどくなったらどうしよう?
不安感の想像物語が始まってしまう
(ちなみにこうなると、当然体は緊張するし、防衛モード。交感神経優位モードに切り替わっていく不安にさらされると疲れるのも、当然ですよね。。。)

単なる電車を想像しただけでも、
(自分が電車の中にいるわけでもないのに!)
あの発作の時に経験した状況や自分を通してでしか見えなくなってしまう

 

全く話が飛びますが、今自分がすごくうれしかった時や、楽しかった時のことを思い出すと、体の感覚はどうなるでしょうか?

私は、友達と大学時代の思い出話に花を咲かせて大笑いしていた時のことを思い出したのですが、
ほっぺが緩んで、あの時の和気あいあいの雰囲気が思い出されて、
かつ面白かった話の内容を思い出して、思わずニヤニヤしました

こんな風に、思い出しただけで楽しくなったり、ニヤニヤするわけですから、
私たちって、「イメージ」にも反応しているということですね

これを発作に置き換えると、

今、全く安全なところにいるにも関わらず(例えば、今TVを見ながら座っているだけなのに)、
明日出かけると思うと、
発作に「やられてしまった」自分や状況という「イメージ」に体が反応をして、結果、「大丈夫かな~」という思いとともに不安感がでてくる、
ということです

 

さて、では、このイメージですが、
このイメージって何なのか?

やはりここにあるのも、発作の中で私が経験した思いー感情―感覚の集積 です♪

・急に心臓がばくばくしだして、怖い
・誰も無関心ですごく孤独
・気がおかしくなるのではないかと思ってすごく怖い
・私だけが挙動不審で恥ずかしい
・この状況をなんとか乗り切らなきゃ そう思えば思うほど、焦る、そして孤独
・この場、空間が冷たく感じて、絶望的になる

などなど、
こうした思いー感情ー感覚をイメージとともに一気に取り込んでいるわけですよね
そしてこれらの思いー感情―感覚、イメージに使えるのがセラピーです

特に、体を通して取り込んでいるので、
体にもアプローチしながら、感情、感覚を解除していくことができるセラピーが有用になりますね
私は、EFTやEFTの発展型セラピーのマトリックスリインプリンティングがとても有効でした

 

さて、前回の記事でも書きましたが、

思いー感情―感覚は、もともとは変化するものであって、あやういもの、実体がないもの
それらを
信じ、握りしめ、それらから影響を受けているわけですが、

どうして信じてしまったの?
どうして握りしめているの?

と自分に丁寧に聴いていってあげる

 

それは「発作の犠牲者」という立ち位置から
私が、私が感じていたものをケアしていく、私がしんどい思いをした自分を助けにいくという「私に力を取り戻す」ポジション
その時、不安感という感情との関係性も変わることでしょう♪

発作の経験の中で私は何を閉じ込めたのだろう? 見ていってあげたいですね 🙂

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます♪

深呼吸して~ 自分にやさしく♡

ランキングに参加しています。励みになります。いつもありがとうございます♪

パニック障害ランキング

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー
オンライン(5月12日)と、対面(6月23日)と開催いたします
予期不安、広場恐怖へと広がる理由、発作の原因について
心と体の観点からしくみを理解しませんか?
しくみから、改善へのアプローチがみえてきますよ♪

◎「【オンライン】パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー
2019年5月12日(日)13:30~16:30
ZOOMを使用したオンラインのセミナーになります。・・・残席あと少しです

☆セミナーについて:https://bit.ly/2U0vt52

☆開催概要
【日程】2019年5月12(日)
【時間】13:30~16:30
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/dist/S2276840/

 

◎「パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー
2019年6月23日(日)13:30~16:30@東京 東池袋

☆セミナーについて:https://bit.ly/2GTvxkd

☆開催概要
【日程】2019年6月23(日)
【時間】13:30~16:30
【会場】あうるすぽっと 3F 会議室B1
東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル3F
http://www.owlspot.jp/access/
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/dist/S59511152/

インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セラピー(EFT、MR) パニック障害 ブログ

だから不安が消えなかったんだ

2019年5月1日

こんにちは!元号が令和に変わりましたね(*^^*)

私は27日~29日まで溝口あゆかさんが講師をされたEFTプラクティショナーコースのアシスタントとして参加してきました。(写真は講師のあゆかさん、アシスタントのみなさんと(*^^*))

さて、今日はパニック障害になじみ深い「不安感」について書いてみたいと思います。

不安感とは、未来に起こりうる脅威に対していろいろ予想をしたり、先読みをして起こる感情的な状態をいいます。

例えばですが、予想や先読みの例として、
乗り物恐怖の人が、明日電車に乗って初めてでかける場所に行くといったときに、

・電車は混んでいないだろうか?

・電車が止まったらどうしようか?

・どの車両が一番すいているだろうか?

などなどの思いや思考ですね

 

私たちは、何らかの思いや思考がある時には、必ずそれらに感情がくっついて、かつれらを体で感じています
思いー感情―体(感覚)が同時に機能している感じです
つまりこの三つの構成要素が「私」と言ってもいいですね

 

で、不安感がでてきたときに、どうして雪だるま式に不安感が膨れあがり、
さらに次から次へと不安感を刺激する思いがわんさかでてくるのか?

それは・・・

 

不安感を抑圧しようとするから です

不安感を否定しているから

不安感を感じないようにしているから

 

もともと感情は、なんらかのエネルギーに名前をつけているだけのものです
「嬉しさ」「悲しみ」「怒り」「不安」などと

そういう意味で、生来、流れをもっているもの、動くという性質をもっています

 

否定をしなければ、感情(思いは/感覚は)は力をもたなくなります
反対に言えばその存在をすっごく真剣に信じているから
それはだって体でこんなにリアルに感じるんだもの・・

 

私は時々例えに使うのですが、

ビーチボールが不安感という感情で、水が私たちの心と思ってください

ビーチボールを上から押して水の中に沈めようとすればするほど
抵抗してボールが跳ね上がりますよね

 

ビーチボールの存在をすごく実体のあるものとして信じて、
感じないように押し込もうとすればするほど跳ね上がるボール・・・
不安感はなくなっていかない
それどころかなおさら刺激されてさらに不安になる
そして不安のスパイラルに陥っていく・・・

ということで、不安感が増すのは、抑えているからなので、
感じれば、不安感は、本来のエネルギーとして、ただの動きもつものとして存在するだけになります

また
私たちは、思いー感情―体の3つの構成要素でできていますと先にも書きました

そういう意味で、
感じていく際に、
体にもアプローチするのがよいです

ちなみに私は、感情にも体にも両方に働きかけることができるので感情解放のテクニックであるEFTを使います
体そのものも刺激しながら、エネルギーの滞りを解除できますし、感情も動かすことができるからです

 

今その感情が出てきているのであれば、それはそれでOKなのです
何も悪いこと、モノでなない
不安感がでているのは、私が弱いということなのか?と分析する必要もない
不安感があるのは、何かの学びを教えてくれているのかもとポジティブなすり替えをする必要もない

 

〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。
ただその不安感を感じるだけ
私、今不安感があるな~
この不安感ていう名前のついたエネルギー、どんな形をしている?色がある?重さはどうだろう?
体のどこで感じている?

〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。

否定、抵抗のない場は受容の場

不安感を感じていると
先や将来に行っていた意識がちゃんと自分の中に戻ってくる
そこは一番力がある場所
そしてそこからでる(する)判断、考え、行動は、
一番自分にとって心地よく、無理がなく
私が責任がとれるもの

そう、ここにいれば、ここに戻れば、どんな状況だって、私はずっと力を奪われない
だから感じるだけ

 

****************
「不安感があるな~」
「○○のことを考えると不安だな」
などと不安感をよく感じながら
鎖骨の下をトントンと刺激していくといいです
不安に飲み込まれることがなくなりますよ

下記はEFTについての動画です♪
イギリスでは不安症や鬱の治療に病院で使われています

****************

※次回はそもそもなぜ不安がでるのか?についても書いてみたいと思います~

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます♪

深呼吸して~ 自分にやさしく♡

ランキングに参加しています。励みになります。いつもありがとうございます♪

パニック障害ランキング

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー
オンライン(5月12日)と、対面(6月23日)と開催いたします
予期不安、広場恐怖へと広がる理由、発作の原因について
心と体の観点からしくみを理解しませんか?
しくみから、改善へのアプローチがみえてきますよ♪

◎「【オンライン】パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー
2019年5月12日(日)13:30~16:30
ZOOMを使用したオンラインのセミナーになります。・・・残席あと少しです

☆セミナーについて:https://bit.ly/2U0vt52

☆開催概要
【日程】2019年5月12(日)
【時間】13:30~16:30
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/dist/S2276840/

 

◎「パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー
2019年6月23日(日)13:30~16:30@東京 東池袋

☆セミナーについて:https://bit.ly/2GTvxkd

☆開催概要
【日程】2019年6月23(日)
【時間】13:30~16:30
【会場】あうるすぽっと 3F 会議室B1
東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル3F
http://www.owlspot.jp/access/
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/dist/S59511152/

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
◎イメージタッピングセラピー ワンデーセミナー
解決したいテーマについて、感じて、色で表してタッピングで解放ができるセラピーです
日時:2019年6月2日10:30~16:30
詳細:http://hiroko-shimotaya.com/2019/04/01/itt20190602-20190401/

オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) お知らせ セラピー(EFT、MR) パニック障害 ブログ

新しい環境、新しい人、新しいコト・モノについて不安感、緊張感があるあなたへ

2019年4月5日

こんにちは!

4月に入りましたね
今日は気温が上がりましたが、風が強くなってきているので、
花吹雪の中でのお花見になっているのではないかな?

さて、新学期、子供の入学式、新しい職場、新しい人たちとの関係性の始まりなど、
いろいろ「新しいこと」がやってくる時期ですが、
そんな時って緊張や不安を感じがちですよね

まして予期不安や広場恐怖がある場合は、さらに、これらの緊張感、不安感が高まってしまうでしょう。

今日は予期不安や広場恐怖による、緊張感、不安感について自分でできるセルフケアの方法についてです。

1.紙とペンを用意してくださいね。

2.不安や緊張を感じることを書き出していきます:書き出さないと、頭で考えているとぐるぐるしだして、整理がしにくくなりますよ~

例えば、「明日子供の入学式だけどれども、不安だ、落ち着かない」というのがあったしたならば、
不安や落ち着かなくさせているものの中味をちゃんと書き出してみる、ということです。

例えば、
・深く知らない人と会話をしなければいけないのではないか
・式典の間、他の保護者と椅子列の中に座っていなければいけない
・乗ったことのない交通機関と交通経路でなじみがない
・行ったことのない、初めて行く場所だ、空間だ
・親として子供に恥をかかせないようにしっかりしていなければ

3.次に、これらの思いの中で一番強く不安や緊張を生み出すものを選びます

4.2.で書いた(3.で選んだ)ものは、【思い】なので、
今度は、この【思い】をにくっついている【感情】や【体の感覚】をとらえてください

例えば、この例でいくとすると、
「式典の間、他の保護者と椅子列の中に座っていなければならない」が一番ストレスが高い思いだったとします。

で、

「この思いを信じると感情やどんな感情がわく?」
「体の感覚はどんな風になる?」
と自分に問うてみてください。

そうすると、
不安感(がわく)、体は胸のあたりがソワソワする
がでてくるかもしれないですね

5.感情や感覚をとらえたら、今度はちょっとその感情や感覚をただ感じているセラピーワークです♪

「不安感があるんだね」
「胸の辺りにソワソワがあるんだ」

と不安やソワソワを感じている自分があたかももう一人目の間にいるかのように声をかけてあげます。

この時にEFTをご存知の方は、ご自分の鎖骨のポイント(体の右側だと、右鎖骨の右斜め下あたり)をトントンとタッピングしながら、
もう一人の自分に声をかけてあげるのでもよいでしょう

そして、声をかけている「私」は、
ジャッジも、早く消さなきゃとも、やばいぞとも思わずに(←ここがポイントです!)、
ただ、不安感、ソワソワを感じているいるもう一人の私に寄り添ってあげます

そして一緒にこれらの不安感、ソワソワを一緒に感じてあげます(←感じる時に、消そうとしたり、変化を起こそうとしたりせずに「ただ」感じるだけです←ここすごく大事です!)

時々深呼吸も入れてくださいね

さらに、
このジャッジなしで声をかけている「私」は一緒に不安になったり、ソワソワしたりしていないはずですよ~。(一緒に不安になっていたら、もう一人の自分が不安であることに気づけないですよね?)

自分の中に不安やソワソワに一切影響されていない部分(自分)がある(いる)ことにちゃんと気づてくださいね!
ここはとても大きな安心感になるはずです(*^^*)

 

6.感じて、トントンしていく中で、不安感や胸のソワソワが軽くなったら、ご自分のペースで終わりにしてください

 

さて、感情、感覚が軽くなると、
「式典の間、他の保護者と椅子列の中に座っている」ということへの感じ方が変わっているはずです。

例えば、
「なんとかなるかな~」とか
「人込みが苦手なので端に座らせてくださいと言ってみようかな」とか
緩んだ思いがでてくるかもしれません。

もちろん相手や状況の事情で断られたり、かなわなかったりすることもあるかもしれません。
ですが、そうだったとしても、

自分が自分の感情や感覚をケアした結果、
自然とでてきた認知(緩んだ思い)に変わって、
そしてそこからの行動をしているので(それは怖れやわがままからの主張や行動ではなく、愛からの主張や行動ですね♪)、

その結果については、どのような結果がでようとも、
100%自分に責任をもてるので、犠牲者感がでません。
さらなるネガティブ物語(私の思いは聞いてもらえないー怒り、悲しみ炸裂物語など^^)を生み出さなくてよい分、やはりラクです♡

 

長くなりましたが、
今日のまとめとしては、

1.紙に不安や緊張を感じていることをちゃんと書き出す
2.一番ストレスとなる【思い】を選ぶ
3.その思いにくっつく【感情】【感覚】をとらえる(複数ある場合は、一番強いものから扱う)
4.それらの感情、感覚を、ジャッジや消そうという思い抜きに「ただ」感じる(EFTのトントンを組み合わせてもよい)
5.感情や感覚が緩んだら、終わりにする(もし不安感や緊張感が軽くなって、代わりに、安心感、大丈夫感が感じられるようでしたらそれらをよく感じて終わりにしてもよいです)

 

今日は予期不安、広場恐怖について、自分でできるケアの方法でした~
整理して、
感情や感覚をケアしていくと
必ず自分らしいエネルギーがでてきます
そこからの行動、関わりは無理がなく
それは、自分にも他人にもやさしいものになることでしょう(*^^*)

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます♪

深呼吸して~ 自分にやさしく♡

ランキングに参加しています。励みになります。いつもありがとうございます♪

パニック障害ランキング

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー
オンライン(5月12日)と、対面(6月23日)と開催いたします
予期不安、広場恐怖へと広がる理由、発作の原因について
心と体の観点からしくみを理解しませんか?
しくみから、改善へのアプローチがみえてきますよ♪

◎「【オンライン】パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー
2019年5月12日(日)13:30~16:30
ZOOMを使用したオンラインのセミナーになります。

☆セミナーについて:https://bit.ly/2U0vt52

☆開催概要
【日程】2019年5月12(日)
【時間】13:30~16:30
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/dist/S2276840/

 

◎「パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー
2019年6月23日(日)13:30~16:30@東京 東池袋

☆セミナーについて:https://bit.ly/2GTvxkd

☆開催概要
【日程】2019年6月23(日)
【時間】13:30~16:30
【会場】あうるすぽっと 3F 会議室B1
東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル3F
http://www.owlspot.jp/access/
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/dist/S59511152/

お知らせ セラピー(EFT、MR) ブログ

イメージタッピングセラピー(ITT)ワンデーセミナーのご案内(6月2日)

2019年4月1日

こんにちは!

今日は6月に行うセミナーのご案内です
6月2日(日)にイメージタッピングセラピー(ITT)ワンデーセミナーを行います。
こちらの講師を務めさせていただきます。

潜在意識の入り口である体
その体で感じている感覚や感情を紙に表現し、EFTのタッピングを使うことで、自由にしていけるのが
TTというセラピーです。

コトバを超えて、感じているものを表現する感じや
表現+タッピングによって、感じていたものが変わっていく感覚や
心の状態を「目で確認できる」
そんなプロセスをITTでは体験できます。

セルフワークにもものすごく使えますし、
楽しく使えながらも、
普段無意識な部分にアプローチするので、深い気づきや癒しをもたらしてくれるのもITTのおススメなところです。

EFTを学んだけれどもさらにセラピーの枠を広げたいと思われている方
セルフワークに使えるツールを探していらっしゃる方
是非ご参加ください!

クレヨン持って、心とじっくり触れ合いましょう♡
*参加要件:どなたでも参加できますが、EFTのやり方が分かっていることが前提条件になります。
資格の有無は問いません。
*セミナーを修了されますとJMETの認定修了書が授与されます。


◎お申込み:https://ssl.form-mailer.jp/fms/fad5e5e7614886

****開催概要***
【日にち】2019年6月2日(日)
【時間】10:30~16:30(受付開始:10:15~)
【場所/住所/地図】あうるすぽっと 会議室B1
東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル3F
http://www.owlspot.jp/access/

【最寄り駅】東京メトロ 有楽町線 東池袋駅(6/7出口より直結)
JR池袋駅(東口より徒歩10分
都電荒川線 東池袋四丁目駅 (北8出口より徒歩2分)

【セミナー料金】各12,000円
【定員】18名
【参加要件】どなたでも参加できますが、EFTのやり方が分かっていることが前提条件になります。
資格の有無は問いません。

【持ち物】12色程度揃ったクレヨンをお持ちください。ダイソー等100均でお買い求めいただけます

 

インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セラピー(EFT、MR) パニック障害 ブログ 気づきの問いかけ

日々のこと ~OAD心理セラピスト養成講座2期が終了しました~

2019年3月25日

ハートレジリエンス協会認定の「OAD心理セラピスト養成講座」が本日終了しました

私は、今期は、
EFT(感情解放のテクニック)と「パニック障害のしくみと対処法」の講師を担当させていただきました。

受講生のみなさんのサポートや、
講義のアシスタントもさせていただきながら、
私も学ぶことがたくさんあった充実した1年でした

心の中を見ていく、向き合っていくときに
操作性がないのがいいなー
むりやり感がないのがいいなー
そこには、どんな私でもいいんだなって
いつも100%の自由と愛と信頼が与えられていると感じられるから
そういう癒しに惹かれ、
それを共有できる仲間がまた増えた感じで嬉しかったです

 


お花は私の写真の印象から作ってくださった花束♪
受講生のみなさんからのサプライズ 嬉しかった💛ありがとうございます♡

今日も読んでくださりありがとうございます。

深呼吸して~ ご自分にやさしく♡

 


カウンセリングランキング

オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セラピー(EFT、MR) パニック障害 ブログ

あなたのパニック発作のタイプはどちらですか?その原因と対応方法

2019年3月20日

こんばんは!

今日は発作のタイプについてです。

唐突ですが、みなさんの人生で初めての発作はどんな感じで体験されましたか?

というのも、脳内の恐怖回路の流れや、
自分の経験やセッションでお会いする方々のお話からも、
2つのタイプがあるなーと思うからです。

ということで、そのタイプごとの原因や対応方法について書いてみたいと思います♪

タイプは以下なのですが、

ひとつは、
(A):ある状況や環境などについて「ここは危険だ」、「ここは自分にとって危ない」という判断、認識がおきて、それから体の反応(いわゆる発作:ドキドキ、息がしづらい、現実感がなくなるなど)が起きたというタイプ

もうひとつは、

(B):なんらかへの認知は関係なく、突然体の反応(発作:動悸、ドキドキ、呼吸難、現実感がなくなるなど)が起きたというタイプ(夜中ふと目が覚めると突然発作が来た、など)

 

発作は一見一瞬のことのように感じますが、どうだったけ?とスローモーションのように思い出してみると、
認識が先だったな、とか、いやいや突然体の反応が起きたよ、
など、上記のような違いがあるのではないかと思います。

みなさんは、どちらのタイプでしょうか?

ちなみに、私は、(A)のタイプでした。

私の一番最初の発作は、グアムでの体験スキューバダイビングをしていた水の中でだったのですね。自然の洞窟を利用した海水(半自然、半人工的な環境を作ってあったと記憶しています)の中ででした。
少しもぐったあたりで、
「あっここは狭くて、だめだ 私にとっては危険!」と判断が起きて、
それから動悸が打つなどして、慌てて体験を中断した、というものでした

で、よくよく思い返すと、小さい頃から暗くて、狭いところは苦手で、
押し入れ、こたつの中など苦手で、遊びで押し入れに入ってかくれんぼするなども本当は怖くてしょうがないのに、我慢しながらやっていたということを思い出します。

また、トイレも鍵をかけることを躊躇するような子供でした(実際、幼稚園の頃は、鍵をかけては入れず、小学校にあがっても低学年までは、休み時間にトイレに行けず、わざと授業中に行って鍵をかけずに用をたしていたということもしていました^^)

こんな風に、小さいころから狭いところ、暗いところに対して怖いところ、
自分にとって危険なところと認識していて、当然そこには恐怖感などがくっついていますので、
なので、大人になって、同じような状況に遭遇したときに危険信号が発信された、といえるかと思います。

また、さらに悪いことに、
そもそも苦手意識(恐怖感)があるところに(ケアされていないので、ずーと潜在意識にとどまった状態)、

例えば、
自己肯定感が低くて、いつも周りの評価を気にしていたり、比較ばかりをしていたとしたら、
当然、緊張や焦り、不安を感じますよね。
そしてこれらの感情にずーとさらされている生活を送っていたらどうでしょうか?
*ちなみに、私は、特に大学生時代から自己否定感がより高まり、
「私は、人生の落後者」と思って生活をしていました^^涙

心の中は、針でつつかれたら、いつ爆発してもおかしくない
そんな状態になっていないでしょうか?

発作が起こるわけですよね~

 

ということで話を戻しながら、
パニック発作を生み出す原因へのアプローチですが、

私のような(A)のタイプの場合は、

(1)人生で最初の発作で経験した状況や環境に対する認識、反応が、過去にもなかったかを探って、ケアしていく、

かつ、

(2)(1)を刺激するコアなビリーフや、自己イメージ(私は無力だとか、私は弱いとか、私は無能だ、などなど)を探って、ケアをしていく

 

では、タイプ(B)の場合は、どうでしょう?

状況や環境への認識がなくて、突然発作!という反応のでかたなので、
上記の(2)を探って、ケアをしていく、ということになります。

 

ちなみに、(2)のコアビリーフや自己像を探って、ケアをしていく、と文章ではさらっと書いておりますが、
実はこれらは、私たちの潜在意識の深いところにあるので、どんなものを自分はもっているのかというのは、本当の意味では気づいていないのです。

で、これらを探るには、

発作を経験する前、経験した頃に、ストレスがかかる出来事がなかったか、その時にどんなことを感じていたか、など、感情や思いから、潜在意識にある思いやビリーフにたどりつくことができるのです。

また見つかったビリーフや自己像を変容させるのに、感情や感覚にアプローチするフォーカシングという手法や、EFTやマトリックスリインプリンティングなどのセラピーを使っていきます。

*(1)の過去の恐怖感などの感情解放にもセラピーを使っていきます。

 

ちなみに、タイプ(A)、(B)に共通する
(2)のストレスを生むビリーフや、自己像は、発作の引き金となっているだけではなく、
人生のあらゆる面にでてきて、私たちの行動や判断に影響をしていますので(私たちはビリーフを生きますので)、
私たちの生きづらさを生み出しているものでもありますよね

 

なので、この部分がケアされると、

発作を生み出す引き金ではなくなりますし、

かつ、
自分への認知も変わりますので(例えば、私は無能だ → それなりにできてて大丈夫だ など)、
生きやすくなる、という変化も自然についてくるわけです

その時は、「つらい発作や予期不安、広場恐怖は私の敵だ!私はパニック障害の犠牲者だ!」

というものから、
私が気づいていない思いや感情に気づかせてくれ、
生きやすさへと変化させた「私へのギフトだった」と思えるのではないかと思うのです

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます♪

深呼吸して~ 自分にやさしく♡

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします♪

パニック障害ランキング

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー

◎セミナーについて:https://bit.ly/2GTvxkd

◎開催概要
【日程】2019年3月31(日)
【時間】13:00~15:30
【会場】下田屋寛子セッションルーム
東京都中央区(最寄り駅:都営大江戸線 勝どき駅)
お申込みの方に詳細をご案内いたします。
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/fgen/S59511152/

オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) お知らせ セラピー(EFT、MR) パニック障害 ブログ

パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー開催します(2019年3月31日)

2019年2月22日

先日はNHKのクローズアップ現代プラスでもパニック障害がとりあげられましたね。

100人のうち3~4人がパニック障害に悩んでいると言われ、この15年で診断を受ける人の数が9倍にも増加しているとも番組の中でも言われていました。

薬物療法、行動療法が改善の方法として取られることが多いパニック障害ですが、
診断を受ける人が増えていたり、
症状が長期化したり、
それに伴って、制限された生活からなかなか抜け出すことが難しくなるのは、なぜなのでしょうか?
私たちは何を見落としているのでしょうか?

このセミナーでは、
・パニック発作や予期不安、広場恐怖を生み出すメカニズム
・パニック発作や不安になっている時に、体がどのように反応しているのか、またそれはなぜなのか

これらを心のしくみ、神経系、脳のしくみから解説していきます。

それらを踏まえての、
症状の軽減や根本的な改善につながるアプローチについてもお話をさせていただきます。

自分の体、心に起きていることに理解をしていくは、安心にもつながると思います。自分に力を与えてもくれるでしょう。

私自身の「パニック障害史」をご紹介しながら、苦しんでいた約10年間で見落としていたポイント、効果がなかった理由を「心のしくみ」という観点からも解説していきます。
なかなかよくならないと感じていらっしゃる方の参考にしていただけると思います

セミナーの帰りからすぐに使える不安感や恐怖感を軽くする方法についてもお教えしますので、
理解をしながら、実践的に対応をしていきたいと思われている方、是非ご参加ください!

◎セミナーについて:https://bit.ly/2GTvxkd

◎開催概要
【日程】2019年3月31(日)
【時間】13:00~15:30
【会場】下田屋寛子セッションルーム
東京都中央区(最寄り駅:都営大江戸線 勝どき駅)
お申込みの方に詳細をご案内いたします。
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/fgen/S59511152/

深呼吸して~ 自分にやさしく♡


パニック障害ランキング

インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セラピー(EFT、MR) パニック障害 ブログ

エネルギー心理学、EFTの可能性

2019年1月6日

エネルギー心理学に分類されるEFT(感情解放のテクニック)
その効果、効果の速さ、メカニズムについての研究報告が発表されたとのことで午後から読み込んでみました

私が興味深く読んだのは、経絡(つぼ)への刺激が生み出す効果のメカニズムについて

すごくざっくりまとめると、
経絡への刺激が
トラウマ的記憶を思い出したとしても即時に恐怖を司る脳の部位への信号を活性化しないようにしているので、

一見そんな辛い記憶思い出したら怖い、悲しいなどの感情で圧倒されるのではないかと思うのだけれども、
つぼの刺激によってそれが引き起こされず、
引き起こされないことによって
さらに脳の部位は不活性化されて
結果記憶の再統合が行なわれている
とのこと
(トラウマを再体験しなくてすむのもこういうメカニズムかとしみじみ
負担が少なくて安全ですね)

私たちの心と体もすごいなと思うし、
感情と脳、神経系、生物医学との関連で様々な実験、リサーチが行なわれきていることにも改めて驚き、称賛を送りたくなりました

不安症からPTSD、依存症、摂食障害など幅広い症状に適応ができるEFTを含むエネルギー心理学の分野

生物医学でのパラダイムシフトを起こしているとか、
心理療法の第4の波という言い方もされているそう

今後さらにリサーチの結果も出てくることでしょう
期待が高まります


カウンセリングランキング

オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セッションの効果 セラピー(EFT、MR) パニック障害 ブログ

私の喜び ~偶感~

2018年10月12日

海外への飛行機が怖い、現地の高い山にも登る予定なので体調が悪くならないか不安といったことでセッションにいらした方

何回かのセッション、出発前のセッションを終えて送りだしました。(多分2月だったかな、3月だったかな・・)

その後どうなられたかが分からないままになってたのですが(←基本的に先方からご連絡がない限りは、どうなったかは後追いできないので^^)、

連休は3日間セラピーのコースの講師をしていたとブログでも書きましたが

コースの初日、参加者リストの中にお名前を見つけ、そして、本当にいらした!

聞くと、
飛行機も全然大丈夫だった
登山もすごく楽しめて
自動車まで運転ができた(パニック障害がひどいときは、外にでることすら難しかったことがあった方なのです・・・)

そして今までいろいろやってきたけど、
セッションで受けたセラピーが何か自分の深いところを見れるような感じがしたので、習いたいと思って参加を決めた、と

再会も嬉しかったし、
効果がでていたのも嬉しいし、
うーん・・・嬉しいと感じる形は人それぞれだと思うのだけど、
こういう形で何らかの影響を与えられたと思える瞬間が私は嬉しいのだなーと

恐らく最初は、「パニック障害を扱える人(ぐらいで)」で会いにいらして(それは全く問題ないです^^)、
セッションやセラピーを通して、
自分を見つめていくことなんだなと気づいてくださる
そういう仲間が増えていくことにすごく心が喜ぶのです

 


写真は、緑色の薔薇
「オリエンタルエクレール」というそうです
何気なく手にとったら、
これ珍しいんですよ、知っててお買いになったんですか?と聞かれたけど、
いいえ知りませんでした・・・(*^^*)

今回も最後までお読みいただきましてありがとうございます♪

オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セラピー(EFT、MR) パニック障害 ブログ

感情の鍼治療~感情を自由にするEFT~

2018年9月18日

こんばんは!

三連休でしたね、みなさんはどのように過ごされましたか?
都内は今日は夕方に激しい雨と雷に見舞われました。

さて、24日にNHKで「東洋医学 ホントのチカラ~科学で迫る 鍼灸・漢方薬・ヨガ~」という番組が放送されるようですね。

 

NHKの番組紹介のページでは下記のように書かれています(抜粋です)

西洋医学では手が届かない症状への解決策として用いられてきた東洋医学。「科学的でない」「気休めに過ぎない」と揶揄(やゆ)されることもあったが、近年大きな変化が起こっている。脳科学や体内の化学物質分析などを駆使し、世界中の科学者たちが東洋医学を研究。続々とその効果を支持する根拠が確認され、急速に医療現場への導入が拡大している。最新研究や医療現場を徹底取材、明らかになりつつある東洋医学の神秘に迫っていく

代替療法としての東洋医学について、科学的な検証や医療で使われているケースなどが紹介されるのでしょうね。

特に鍼灸が取り上げられるようなので、
いつも使っている心理療法EFTとのつながりで、
こういう番組で最新の効果について放送されることに嬉しくなりました。

 

EFTでは、鍼灸で使うのと同じ経絡を刺激するのですが、
EFTは、「鍼を使わずに経絡を刺激しながら、感情を癒す療法」と言われています。

本来、私たちの身体はエネルギーの流れそのもので、有機的な存在であるにもかかわらず、
その流れが滞ったり、偏ったりすると体や心の不調として現れますよね。

 

例えば、新しい職場に入ったばかりでまだ慣れていないとします。
そして、常に周りの目が気になったり、うまくできているだろうか?という思いがいつも頭を巡っていたら体はどうでしょうか?

きっといつも緊張をしていて、決してリラックスはしていないでしょう。

気持ちの面ではどうでしょうか?

不安感や、怖れや、焦りなどが一杯あるのではないでしょうか?

私はこうした時には、
・仕事ができるようになるスキルを磨こうとか、
・コミュニケーション能力を高められる講座に行こうとか、
・そのうちきっと慣れる日がくるはず、、、、(祈りのポーズ)

などと思っていたものです(*^^*)

でも苦しかった・・・です・・・

 

なぜなら、感情や感覚があるうちは、

いくらなんらかの行動をしてみても、
ポジティブシンキングをしてみても、

すっきりはしないのですよね

それは、落ち込んでいる時にお笑い番組を見ても
心から笑えないのと同じです

EFTでは、感情や感覚にアプローチをして(感情や感覚をよく感じます)、
苦しかった感情がすーと軽くなっていたり、流れていくにしがたって、

狭くなっていた考え方に新しい視点が入ってきたり、
緩んだ考えが自然と浮かんできたり、

無理なく、変化が起こっていくのです。

また、それは、
苦しく、私に緊張を与える環境と見えていたものが、
それほど影響を与えられないな、など、違ってみえてくることも起きます(投影が変わる)。

そうすると、体の中のエネルギーは、先に述べていた、
滞りや、偏りの状態から、
もともとの流れや有機的な状態に戻っていくのです

私たちは、元々このような状態であることが一番自然な姿なのですから、

一番求めているのは、
その状態に戻れる、または、そのありのままの状態へと回復できることであり、
だからこそ、安心できたり、リラックスできるのですよね

鍼灸を経験された方はおわかりになるかと思いますが、
施術が終ったら、体がゆるんでいたり、軽くなっていたり、
無理ない感じに調整がされた状態
になっているのと同じですね。

 

ちなみにEFTで使うタッピング(経絡を刺激すること)は、

脳内の危険か安全かを監視している扁桃体にも働きかけて、興奮状態の交感神経優位な状態から、副交感神経優位に切り替える効果があると研究で実証されています。

なので、トントンと刺激していると落ち着いていくのですね。

 

EFTはEFTで海外では、臨床や、様々な科学的なリサーチがなされているのですが(イギリスでは、国立病院の鬱や不安症の治療に使われていたりします)、

24日のNHKの東洋医学の番組において、
(恐らく)経絡や、体、エネルギーの話や効果の最新の科学的根拠が
語られるのではないかなと今から楽しみにしています。

☆☆☆ EFTにご興味がある方はこちらをどうぞ ☆☆☆
※10月6日~8日のコースは講師を務めます♪

◎EFTプラクティショナー講座 in 東京
2018年10月6日(土)~8日(月祝日)3日間

セミナー詳細はこちら↓
http://jmet.org/201810eftseminar_tokyo/