Browsing Category

パニック障害

インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セラピー(EFT、MR) パニック障害 ブログ 気づきの問いかけ

日々のこと ~OAD心理セラピスト養成講座2期が終了しました~

2019年3月25日

ハートレジリエンス協会認定の「OAD心理セラピスト養成講座」が本日終了しました

私は、今期は、
EFT(感情解放のテクニック)と「パニック障害のしくみと対処法」の講師を担当させていただきました。

受講生のみなさんのサポートや、
講義のアシスタントもさせていただきながら、
私も学ぶことがたくさんあった充実した1年でした

心の中を見ていく、向き合っていくときに
操作性がないのがいいなー
むりやり感がないのがいいなー
そこには、どんな私でもいいんだなって
いつも100%の自由と愛と信頼が与えられていると感じられるから
そういう癒しに惹かれ、
それを共有できる仲間がまた増えた感じで嬉しかったです

 


お花は私の写真の印象から作ってくださった花束♪
受講生のみなさんからのサプライズ 嬉しかった💛ありがとうございます♡

今日も読んでくださりありがとうございます。

深呼吸して~ ご自分にやさしく♡

 


カウンセリングランキング

オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セラピー(EFT、MR) パニック障害 ブログ

あなたのパニック発作のタイプはどちらですか?その原因と対応方法

2019年3月20日

こんばんは!

今日は発作のタイプについてです。

唐突ですが、みなさんの人生で初めての発作はどんな感じで体験されましたか?

というのも、脳内の恐怖回路の流れや、
自分の経験やセッションでお会いする方々のお話からも、
2つのタイプがあるなーと思うからです。

ということで、そのタイプごとの原因や対応方法について書いてみたいと思います♪

タイプは以下なのですが、

ひとつは、
(A):ある状況や環境などについて「ここは危険だ」、「ここは自分にとって危ない」という判断、認識がおきて、それから体の反応(いわゆる発作:ドキドキ、息がしづらい、現実感がなくなるなど)が起きたというタイプ

もうひとつは、

(B):なんらかへの認知は関係なく、突然体の反応(発作:動悸、ドキドキ、呼吸難、現実感がなくなるなど)が起きたというタイプ(夜中ふと目が覚めると突然発作が来た、など)

 

発作は一見一瞬のことのように感じますが、どうだったけ?とスローモーションのように思い出してみると、
認識が先だったな、とか、いやいや突然体の反応が起きたよ、
など、上記のような違いがあるのではないかと思います。

みなさんは、どちらのタイプでしょうか?

ちなみに、私は、(A)のタイプでした。

私の一番最初の発作は、グアムでの体験スキューバダイビングをしていた水の中でだったのですね。自然の洞窟を利用した海水(半自然、半人工的な環境を作ってあったと記憶しています)の中ででした。
少しもぐったあたりで、
「あっここは狭くて、だめだ 私にとっては危険!」と判断が起きて、
それから動悸が打つなどして、慌てて体験を中断した、というものでした

で、よくよく思い返すと、小さい頃から暗くて、狭いところは苦手で、
押し入れ、こたつの中など苦手で、遊びで押し入れに入ってかくれんぼするなども本当は怖くてしょうがないのに、我慢しながらやっていたということを思い出します。

また、トイレも鍵をかけることを躊躇するような子供でした(実際、幼稚園の頃は、鍵をかけては入れず、小学校にあがっても低学年までは、休み時間にトイレに行けず、わざと授業中に行って鍵をかけずに用をたしていたということもしていました^^)

こんな風に、小さいころから狭いところ、暗いところに対して怖いところ、
自分にとって危険なところと認識していて、当然そこには恐怖感などがくっついていますので、
なので、大人になって、同じような状況に遭遇したときに危険信号が発信された、といえるかと思います。

また、さらに悪いことに、
そもそも苦手意識(恐怖感)があるところに(ケアされていないので、ずーと潜在意識にとどまった状態)、

例えば、
自己肯定感が低くて、いつも周りの評価を気にしていたり、比較ばかりをしていたとしたら、
当然、緊張や焦り、不安を感じますよね。
そしてこれらの感情にずーとさらされている生活を送っていたらどうでしょうか?
*ちなみに、私は、特に大学生時代から自己否定感がより高まり、
「私は、人生の落後者」と思って生活をしていました^^涙

心の中は、針でつつかれたら、いつ爆発してもおかしくない
そんな状態になっていないでしょうか?

発作が起こるわけですよね~

 

ということで話を戻しながら、
パニック発作を生み出す原因へのアプローチですが、

私のような(A)のタイプの場合は、

(1)人生で最初の発作で経験した状況や環境に対する認識、反応が、過去にもなかったかを探って、ケアしていく、

かつ、

(2)(1)を刺激するコアなビリーフや、自己イメージ(私は無力だとか、私は弱いとか、私は無能だ、などなど)を探って、ケアをしていく

 

では、タイプ(B)の場合は、どうでしょう?

状況や環境への認識がなくて、突然発作!という反応のでかたなので、
上記の(2)を探って、ケアをしていく、ということになります。

 

ちなみに、(2)のコアビリーフや自己像を探って、ケアをしていく、と文章ではさらっと書いておりますが、
実はこれらは、私たちの潜在意識の深いところにあるので、どんなものを自分はもっているのかというのは、本当の意味では気づいていないのです。

で、これらを探るには、

発作を経験する前、経験した頃に、ストレスがかかる出来事がなかったか、その時にどんなことを感じていたか、など、感情や思いから、潜在意識にある思いやビリーフにたどりつくことができるのです。

また見つかったビリーフや自己像を変容させるのに、感情や感覚にアプローチするフォーカシングという手法や、EFTやマトリックスリインプリンティングなどのセラピーを使っていきます。

*(1)の過去の恐怖感などの感情解放にもセラピーを使っていきます。

 

ちなみに、タイプ(A)、(B)に共通する
(2)のストレスを生むビリーフや、自己像は、発作の引き金となっているだけではなく、
人生のあらゆる面にでてきて、私たちの行動や判断に影響をしていますので(私たちはビリーフを生きますので)、
私たちの生きづらさを生み出しているものでもありますよね

 

なので、この部分がケアされると、

発作を生み出す引き金ではなくなりますし、

かつ、
自分への認知も変わりますので(例えば、私は無能だ → それなりにできてて大丈夫だ など)、
生きやすくなる、という変化も自然についてくるわけです

その時は、「つらい発作や予期不安、広場恐怖は私の敵だ!私はパニック障害の犠牲者だ!」

というものから、
私が気づいていない思いや感情に気づかせてくれ、
生きやすさへと変化させた「私へのギフトだった」と思えるのではないかと思うのです

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます♪

深呼吸して~ 自分にやさしく♡

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします♪

パニック障害ランキング

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー

◎セミナーについて:https://bit.ly/2GTvxkd

◎開催概要
【日程】2019年3月31(日)
【時間】13:00~15:30
【会場】下田屋寛子セッションルーム
東京都中央区(最寄り駅:都営大江戸線 勝どき駅)
お申込みの方に詳細をご案内いたします。
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/fgen/S59511152/

インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セッションの効果 パニック障害 ブログ

症状、状態について話したけど、傷ついた、話すんじゃなかったと思ったあなたに

2019年3月13日

こんにちは!

パニック障害についての話題や、ニュースなどが報じられたりする中、
私も人に自分の症状のことを話してみようかな、と思われている方も多いかもしれないですね。

周りからの理解が進むとそれはそれで言いやすかったりもしますから助かりますよね。

一方で、思い切って話してみたのだけど、
相手の反応が薄かった、
逆に「なんでもっと努力しないの?」「それじゃ家族や周りが大変でかわいそうね」などと言われて傷ついた、
「私がためなんだ~」と悲しくなったなどということもあるのではないかと思います。

 

今日はこういう時に何が起きているのか?のお話です。

あるクライアントさんは、電車やバスなどの乗り物恐怖があるかたでここ数年乗らずに生活をされている方です。

で、あるお友達と会う約束があるので、思い切って「車で移動をしたい」、その理由として「電車バスに乗れないんです」と話しをされたそうなんですね。

ところがお友達からは、
「克服しようとしていないところが理解できない」
「挑戦しようとしていないあなたにイラっとする」
と言われてしまったそうで、とても傷ついた、ということでした。

さて、ここでちょっとみてみたいのですが、
このお友達の言葉は確かに思いやりがない言葉だったかもしれないのですが、
それでも同じ症状、乗り物恐怖があったても、この言葉に傷つかない人もいるのです。
それはどんな違いがあるのでしょうか?

それは、自分の中に乗れずに生活していることへの焦りや緊張や、自己否定がどのぐらいあるか、なんです。

症状があるときって、私たちは、
家族や、人に迷惑をかけるから早く克服しなきゃ
こういう自分を早く変えていかなきゃ
って思ったりしませんか?

もちろん、このような思いをもつことがいけないことではないのですが、

これらの思いを抱いていることにどれぐらい自分が気づいているか

また、これらの思いを感じながら、どのような感情や感覚をもっているかに気づいていて、
かつそれらがあることを認められているか
で違ってくるのです

ちょっと実験をやってみたいのですが、
早くよくなりたいと思って焦っている自分を認めている、
変えなきゃって今の状態に否定がある自分を受けとめている
そんな風な自分が、
このお友達の言葉を聞いたと想像してみてくださいね

違いがありませんか?

このお友達の言葉が、
「あーこの人の意見なんだな、もしかしたら、この人の方がいつも努力してなきゃって、緊張があるのかも?
だからこの言葉になってるのかも?
それじゃ、この言葉って、私への言葉じゃなくて、この人の中にある単なる思いなんだ~」

みたいな

そうすると自分の中の焦りや緊張、否定感で固くなっていた体もさらに、今緩んでいませんか?

ということは、
相手の言葉が私を傷つけたのではなくて、
自分の思いや感情にどれだけ否定があるか、受け入れがあるか
の違いなんです!!

 

さて、再びクライアントさんに話を戻しますが、
ご自分の中に、焦りや、重たくなる感覚、不安を感じてたんだ、と改めて気づかれていく中で、

「私変わりたいと思っていない
ゆっくり 無理なく 自分のペースで変わりたい それを尊重したい(してほしい)」

という声がでてきたんです

自分から自分への否定がさらに解かれる瞬間ですね✨✨

そして、これは、ご本人にとって一番自然で、しなやかで、力を与えてくれる声でもありますね

 

そして、
この自分のペースを尊重している自分が、
改めて「乗り物」「乗り物に乗る」ということをイメージされてみると

不安感や恐怖感がでてくるかもしれないけど、
今はこういう風に不安がでてきてるんだな~、それだけな感じで、そのことに否定感がくっつかいない

と。
そして、そうおっしゃりながら、たくさんの涙を流されました。。

自分が本当に、不安や恐怖を悪者扱いして絶対感じないようにしてたんだけど、
そんな風にやってきた私が今、抑えていたものを感じてもいいかもって思えるなんて、
泣くことも禁じていた私がこうして泣けるなんて、、、


(このクライアントさんは、2016年8月からずーと受けてくださっている方で、感情や思いを抑圧すると苦しくなるんだよ、という話はずっとしてきたのですが、
今回、ご自分の体験から、「抑圧が苦しみを生む」ということへの本当の理解、気づきを得られた感じでした)

不安感や恐怖感との新たな関係性 ~闘わないという関係性~ のスタートですね✨✨

そしてそれを可能にしたのは、
自分が何を感じているのかに気づかれたからです

そして、
気づけば、
本当の自分の声がでてきたり、
自分にとっての自分らしいエネルギーを感じることを許すことができます

 

それは一番私を大事にしていますし、
私に力を与えてくれますし、
自然と周りへのまなざしもやさしいものにもなります 症状や状態(相手の言葉)に対してですら です

 

*もちろん、EFTなどのセラピーとご存知の方は、
家族や、人に迷惑をかけるから早く克服しなきゃ
こういう自分を早く変えていかなきゃ
にくっついている感情(焦りとか緊張など)を
よーく感じながら(ここがポイントですよ!)トントンして動かしていく、ということでもよいですね♪
本当の自分の声、自分らしさがでてきますよ~

 

深呼吸して~ 自分にやさしく♡

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします♪

パニック障害ランキング

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー

◎セミナーについて:https://bit.ly/2GTvxkd

◎開催概要
【日程】2019年3月31(日)
【時間】13:00~15:30
【会場】下田屋寛子セッションルーム
東京都中央区(最寄り駅:都営大江戸線 勝どき駅)
お申込みの方に詳細をご案内いたします。
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/fgen/S59511152/

オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) パニック障害 ブログ

深呼吸のパワー Just Breathe!

2019年3月6日

今日は深呼吸についてのビデオクリップのご紹介です

子どもたちは、怒りの気持ちなど扱いにくい感情に直面したときにどんな風になるか、
その時の頭の中の状態がどんなか、
それが深呼吸によってどう変わるか、を語っています。

1:40ぐらいから深呼吸とともに、ビンの中(頭の中)がどんどん落ち着いていく様子が映し出されます。
BGMとともにビンの中のイメージも借りながら、深呼吸すると、とってもリラックスできますよ。

横隔膜の動きによって、神経系にも働きかけるので、落ち着きが自然と生まれます

ちょっと立ち止まって
Just Breathe

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー

◎セミナーについて:https://bit.ly/2GTvxkd

◎開催概要
【日程】2019年3月31(日)
【時間】13:00~15:30
【会場】下田屋寛子セッションルーム
東京都中央区(最寄り駅:都営大江戸線 勝どき駅)
お申込みの方に詳細をご案内いたします。
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/fgen/S59511152/

 

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします♪

パニック障害ランキング

インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) お知らせ パニック障害 ブログ

パニック発作の繰り返し、長期化させないコツ~自分の思いや感情に気づこう~

2019年2月28日

誰にとっても不快だなと思う、パニック発作の時の体の反応

ですが、この反応は、危険から私たちが生き残れるようにと起こしている
防衛反応としての反応なので、
体の機能としては、全く正常な反応なのです

危険と遭遇したときには誰もが、闘うか逃げるかの体制をとりますが、
発作も、同じ反応です

そういう意味で、自分を守るために作用している
ある意味とても大切な反応ですので、

発作がでる自分を責めたり、
発作自体を嫌うのではなく、

むしろ、危険がないのになぜこの反応がでているのか?
に目を向けてあげるといいですよ(*^^*)
(*発作自体の怖さや不快さは十分理解しております)

発作が出るほど、
日ごろあまり意識されていなかった疲労や
いつも頭の中で回っている声(あれができていない、これはこうすべきだ、私はこうあるべきだ、などなど)
解消されていない気持ちや、感覚たち(焦り、不安、怒り、緊張などなど)
そういったものがないかな?なかったかな?

というところに目を向けてあげるということです

発作そのものから解放されていくには、
発作ひとつひとつの体験で経験した恐怖感や、思いなどを解放していったり、
そもそも発作を起こす原因となったトラウマがなかったか、や
発作を経験した(特に一番最初の)頃にどんなことが人生で起きていたか、
その頃にどんな感情や思いを持っていたか
を見ていくことが必要ですが、

とはいえ、
日常の中で意識的に自分の感情や思いに気づいていくことは、
パニック発作を繰り返すことや、広場恐怖への連鎖を断ってくれます。
長期化させないコツがここにあると思います

本当は疲れていない?
緊張してる?
こうあるべきって思いに縛られていない?それって本当?そうしなかったら本当にまずいことが起こるの?
強がってない?
本当は心細さもあったりしない?

疲れているからってすぐに休めとか
何かをやめてしまえ
とかといったことを言っているのではなく、

私たちは、
自分の気持ちや思いに気づいてもらえると(気づくと)
思いも、感情も体感も、ふわっと必ず緩みます
その瞬間は、自分を縛っていた、こだわっていた思いや感覚から自由になれる時ですし、
感情や思いが動きますので、
無意識に心の中に感情や思いを溜めなくてすんでいきますね

そして、
なぜ自分はこれらの思いや、行動にこだわっているのかな?
と自分にさらに目が向き始めるかもしれませんね

私たちは、
とどめてしまっているもの
抑圧しているものに無意識だと
必ずコントロールされてしまうんです(それも無意識に!)
そういう心のしくみを持っているんですよ

なので、逆に
それらを解いていくことで

楽になっていける
本来の自分らしさに出会っていける
本質のエネルギーに還っていく

ことができますね

そういう意味でも
「発作」を悪者扱いせずに、
「発作」を入り口に
自分の中にある声に気づいてあげる機会としていただけるといいなと思います

「闘い」は抵抗であり、停滞を生み、抑圧と同じになっちゃいます
そうではなく、
気づくことから動きや変化が生まれますよ
なぜなら感情や思い、感覚は、動き、変化する、というのが、もともとの性質なのですから

 

深呼吸して~ 自分にやさしく♡

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー

◎セミナーについて:https://bit.ly/2GTvxkd

◎開催概要
【日程】2019年3月31(日)
【時間】13:00~15:30
【会場】下田屋寛子セッションルーム
東京都中央区(最寄り駅:都営大江戸線 勝どき駅)
お申込みの方に詳細をご案内いたします。
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/fgen/S59511152/


パニック障害ランキング

インテグレイテッド心理学 セラピー(EFT、MR) パニック障害 ブログ

テクノファさんでのEFT体験セミナー終了しました

2019年2月25日

週末は、テクノファさんでのEFT体験セミナーでした

テクノファさんは、キャリアコンサルタント養成機関であるので、
キャリアコンサルタントの方、
これからキャリアコンサルタントの資格を取得される方がご参加されておりました

ブログでも度々触れておりますが、
無理に自分を納得させようと思っても難しいのは、感情・感覚がくっついているから
感情をみていくのが鍵♡

普段思考優位で、体や気持ちが置き去りになりがちな私たち
思いー感情ー感覚のつらなりを意識して、
「感じる」こと
「感じてトントンする」ことで軽くなっていくこと
を体験していただきました

自分の中にほっこり、自然な流れが戻ってくるのを体験してもらえるのはうれしいです

今どんなこと考えていますか?
考えているとき体の感覚はどうなっていますか?
そして、そこにはどんな感情があるでしょう?

気づいていくこと
それは自分への理解の第一歩

今日も読んでくださりありがとうございます。

深呼吸して~ ご自分にやさしく♡

 


カウンセリングランキング

オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) お知らせ セラピー(EFT、MR) パニック障害 ブログ

パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー開催します(2019年3月31日)

2019年2月22日

先日はNHKのクローズアップ現代プラスでもパニック障害がとりあげられましたね。

100人のうち3~4人がパニック障害に悩んでいると言われ、この15年で診断を受ける人の数が9倍にも増加しているとも番組の中でも言われていました。

薬物療法、行動療法が改善の方法として取られることが多いパニック障害ですが、
診断を受ける人が増えていたり、
症状が長期化したり、
それに伴って、制限された生活からなかなか抜け出すことが難しくなるのは、なぜなのでしょうか?
私たちは何を見落としているのでしょうか?

このセミナーでは、
・パニック発作や予期不安、広場恐怖を生み出すメカニズム
・パニック発作や不安になっている時に、体がどのように反応しているのか、またそれはなぜなのか

これらを心のしくみ、神経系、脳のしくみから解説していきます。

それらを踏まえての、
症状の軽減や根本的な改善につながるアプローチについてもお話をさせていただきます。

自分の体、心に起きていることに理解をしていくは、安心にもつながると思います。自分に力を与えてもくれるでしょう。

私自身の「パニック障害史」をご紹介しながら、苦しんでいた約10年間で見落としていたポイント、効果がなかった理由を「心のしくみ」という観点からも解説していきます。
なかなかよくならないと感じていらっしゃる方の参考にしていただけると思います

セミナーの帰りからすぐに使える不安感や恐怖感を軽くする方法についてもお教えしますので、
理解をしながら、実践的に対応をしていきたいと思われている方、是非ご参加ください!

◎セミナーについて:https://bit.ly/2GTvxkd

◎開催概要
【日程】2019年3月31(日)
【時間】13:00~15:30
【会場】下田屋寛子セッションルーム
東京都中央区(最寄り駅:都営大江戸線 勝どき駅)
お申込みの方に詳細をご案内いたします。
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/fgen/S59511152/

深呼吸して~ 自分にやさしく♡


パニック障害ランキング

インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) パニック障害 ブログ

パニック障害からの快復~意味づけの解体が鍵~

2019年2月12日

週末はハートレジリエンス協会のOAD心理セラピスト養成講座にて「パニック障害とその対処法」の講師を務めました

「パニック障害です」と診断を受けなくても、
発作を経験したことがあって、〇〇が怖いんだ、発作が起きないか不安と感じている方は実は多いと言われるこのパニック障害
そういう意味で実は身近なモノだったりするものかもしれないですね

薬物療法、行動療法がとられることが多いですが、
薬の副作用に苦しまれる方、行動療法がさらなるトラウマになりうることもあります

じゃーどうやって副作用やトラウマにならずに、
症状を軽くしたり、改善、快復へ進めていくことができるのか?

それは、ジャン!「自分の意味づけを解体」していくこと

発作や発作を引き起こす対象への意味づけ
症状があること、そこから派生する状況への意味づけ
発作を引き起こす引き金となった状況・状態への意味づけ

をそれぞれ解体をしていくんですです

解体するのにベースになるのが、
すべての人がもっている心のしくみ・作用
自我の性質

そして意味づけは潜在意識にあって、
普段は気づいていないので、
ここにセラピーを組み合わせていく

意味づけのない世界は、
事実が事実としてあるだけ、になり
事実のやさしさが見え、
本当の安心に触れることができます

症状だけでなく、
世界の見え方も変わるので、
自然と生きやすくなってるというおまけもついてきます🤗
いやむしろそっちの方が大きなギフトかもしれないですね🙂💗

 

*参考:「意味づけ」について書いた記事
◎「乗り物恐怖~不安の中身を整理する~
◎「乗り物恐怖~乗り物が止まったり、混雑しないか気にしていますか?~

 

深呼吸して~ 自分にやさしく♡


パニック障害ランキング

インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) パニック障害 ブログ

本当の安心感は思考を介さない~「どうありたい?」に戻ろう

2019年2月5日

こんばんは!

立春も過ぎましたね。都内は今日は春のような陽気でした

さて、不安な時に一番欲しいものは安心感だったりするわけですが、
その安心感はどこから得られるのでしょうか?

ということで、いきなりですが、
私たちには、一番自然で、ナチュラルで、力が入らなくて、守らなくてよいラクな状態があると思うのです
というか、あるのです

それは、
何かをするとか、方法を見つけるとか、対策を練るとか、といった行動の前にある、
自分が「どうありたいか」 です!

そして、それがわかっているときというのが、
私たちに、自然でナチュラルで、ラクな状態を自ずともたらしてくれます

自分を振り返ると、
不安になったり、発作を怖がっているとき、
上司や同僚とうまくいかなかったとき、
家族が悩んでいるとき、

ついつい、
必死にそこから抜け出す方法を考えたり、
情報を集めたり、

あるいは、悲しみや不安から無気力になっていたり、
さらにそういう状態に対してバッシングをしていたり、

していましたし、はっと気づくと、今もそうなるそうなるです・・・

怖れや不安、正論をベースにした思考がでて、
そして、その思考は、
当然、どこか無理があったり、緊張がある行動へと駆り立てますよね

こういう時は一見、自主的に考えているようで、
実は、
状況や相手が中心になっており、
それをどうにかする方法を探したり、行動したりしているので、
自分からは力を奪われてしまいます
これがたまると、不満感につながったりもしますね
思いあたるところたくさん(*^^*)

で、こういう時は、
意識されるか無意識かにかかわらず、
必ずどこかに緊張があったり、力が入っていたりしませんか?

ですが、
どんな状況、状態、相手、に対峙していたとしても、
私たちには、自分にとって一番自然な状態、ナチュラルな感じ、流れが自然と流れているような状態、
が必ずあります

それが、
自分がどうありたいか?をわかっているときです

それが見えづらくなっているときや、、
そこに立ち返るために、
以下の質問をして私は私を正気にもどします

「今、この状態、状況があるけれども、私はどうありたい?どうあれたら一番自分が自分らしくいられる?」

ある意味、自分がくるくる頭の中で描いていた物語から、一歩外に抜け出させてくれます

例えば、
今あるこの症状がいつ治るのだろう?と不安になっている状況があるとして、

その状況の中で、私はどうありたいかな?どうあれたら、一番自分がラクで自然かな?と自分に問うてみるのです(感じてみるのです)
思考は答えをもたらしませんので、答えを探る際に、体を感じながら、、、というのも大切です

そうすると、例えばですが、
「自分を信頼している自分でありたい」とか

という答えがでてくるかもしれないですね
(何らかの答えがでてきたときに、自分に力を与えてくれる感じがすればOKです)

「自分を信頼している自分でいる」時をイメージしてその時の体の感覚などもよく感じてみるといいでしょう
この時の体感はきっと、変な力が入っていなくて、
でもなんだか根拠なくどっしりとして、
自分にとってとても自然なものであるはずです

で、この「自分を信頼している自分である」立ち位置から、
最初の問題を見てみます
そうすると、きっと感じること、見えるもの、景色が変わっているはずです

そして同時に、「自分に力があるな、力が戻っているな」という感覚も感じられるでしょう

また、そこで初めて
「できること」「やれること」がおのずと見えてきたり、考えてみることができるでしょう

ここからの言動は、怖れベースではないですから、
行動にも責任がとれますし
(相手や状況が変わらないことがあっても、意識的に選択しているときは、
私たちは相手のせいにしないので、力を奪われないままなのです)
ずーと自分の中心にたったまま、どっしりと、でもとても自分にとってナチュラルなものになるでしょう

相手や状況に一切影響されない
安定していて、ラクにくつろげる場所があることを知っている、というのは、
とても安心で、強さ、安定をもたらしますね

「自分はどうありたい?」

この問いから、
無理のない、力強い安心感が自然とわきあがる
それは、どんなに不安があっても、
どんな症状があったとしても、
すご~く支えになることでしょう

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます
ゆるみましょう~
深呼吸して~~ 自分にやさしく♡


パニック障害ランキング

インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) パニック障害 ブログ

日々のこと~自分に慈愛を♡~

2019年1月31日

1月最終日を迎えましたね~
都内は夜に雪と言っていますが本当に降るのかな?
今日は比較的気温も高めで、湿度もあったので、お肌には嬉しい感じでした

ここ数日は私は疲れがでてしまったのか、体調もあまり思わしくなく、気持ちもなんとなく低空飛行な感じでした
思い通りに体も動きにくいので、
やりたいことがたくさんあるのにそれもできなかったりするので、
そんな自分を責めたりもして、、

どんどん自分をかたくなにしてしまいますよね

低空飛行ながらも、
そんなかたくなな感じや、ダメ出しを一杯する自分の声に
ただ寄り添っていました

もしかするとこのままになっちゃうかもしれないとか、
もう動けなくなるんじゃないかとか、
こんなの絶対いやだとか、
もうそりゃ一杯の声もでてくるのですが、、、

でもただただ、この体のだるい感じや、感覚や、声に抗わずに
浸るつもりで一緒にいました

 

花屋さんで、蝋梅があったので、購入
それは、途中立ち寄ったお菓子屋さんで、白いラナンキュラスと蝋梅の組み合わせでお花が生けられていたので、
それに触発されたのでしょう

英語では、「Winter Sweet」というそう

花言葉は、「慈愛」だそうです
寒い冬の中でも甘い香りを放ちながら咲くその黄色い小さな花の姿
春の訪れを待ちながら、長い冬に寄り添う、そんなやさしさを秘めているのかもしれないですね

つぼみもたくさんつけています

どんなかたくなさがあったとしても
慈しみや、愛に溶けていくしかないこともどこかではわかっている
なぜならそれそのものであるのだから

だからやっぱりこの感覚や感じと一緒にいる

 

そんなことをこの数日の私、
そして蝋梅との出逢いから感じた1日でした

 

深呼吸して~ 自分にやさしく♡


カウンセリングランキング