Browsing Category

パニック障害

オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セッションの効果 パニック障害 ブログ

飛行機に乗ることについての不安を癒す

2017年3月10日
c0db7ff075b7d64f733bee18692bb0f1_s

私のセッションは、心のしくみ-心を解剖していく”問いかけ”ー変容させるセラピー、これら3つの要素で構成される「オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD)」という手法を用いています(これまでもずっとやってきてたのだけど、今回名前が付いたの!)。

クライアントさん本人が、自らの心の声と向き合い、自らの中からの気づき、変化を促すプログラムです。

セッションを続けて受けてくださっているクライアントさん。
飛行機に乗ることについての不安感を生み出す思いや感情について向き合ったセッションへの感想をいただきましたので掲載いたします。

「不安感」は、心の階層でいうと、上層部にでてきている感情。
心の深部には、怖れていたり、避けていたりする何かがあって、そうならないようにという思考が走るので、結果、「不安感」となって表層にでてくる。
そういう意味で、不安感のホントの解消には、この深い部分で、何をどんな風に怖れているのかを探っていくことが鍵になってきますね。

今回のクライアントさんが怖れていたのは、「おしつぶされそうなアリ」のようになる自分でした。

「おしつぶされそうなアリ」にならないように、
いつも「和を乱さないように」、「自分が対処できるように」している

「おしつぶされそうなアリ」の私からは、
パニック障害について知識や理解のない人たちは、信用できない人たちに見え、
当然一緒に飛行機に乗って旅をする、となると「不安感」を引き起こす対象としてい映るわけですね。

しかし、この「おしつぶされそうなアリ」という、自分から自分に与えているイメージ(思い)も、
この思いにくっついている感情や感覚を解放することで、
思い自体の真実味がなくなっていく。。。
「おしつぶされそうなアリ」なんてどこにもいなかった、と。

セッションの中では、クライアントさんは、この思いにくっついている感情や感覚を感じ、受容していく中で、その感情を持っていた理由や役割に気付いていかれました。

私たちは、「ネガティブ」な感情や感覚に対して、
持っていてはいけないもの、と無意識に思っていたり、
持っていることを心の底から受け容れていなかったりするものです。抵抗ですね。

しかしながら、その感情や感覚を持っていた理由や、それらの本当の役割に気付いたときに、
それらへの理解が生まれ、抵抗が解け、ひいては本当の意味での受容が起こる。

そんなプロセスを体験されたセッションとなりました。

前置きが長くなりましたがどうぞ~♪

==================================================

下田屋さん

 

いつもありがとうございます!

下田屋さんにカウンセリング、セッションをお願いしていて本当に良かった!!! といつも思います。

 

今回のセッションでは、

飛行機に乗ることにまつわる、「その先で会わなければならない人々」「一緒に飛行機にのる人」に対して、彼らへの私なりの解釈、その解釈を生み出している思いや感情をみていきました。

子供の頃から他人に対する不信感が強かった私は、「一緒に飛行機に乗る人たち」が、パニック障害自体を殆ど理解せず、発作が起きたときに対処する術を知らないことに対して非常に不安を抱いていました。発作が起きたときに対処できないだけでなく、そのことを他の知人や友人に言いふらされたらどうしよう? という思いがありました。

だから、私はいつも「和を乱さないように」、「自分が対処できるように」していなければならない

 

パニック障害について知識がない人たちと一緒に飛行機に乗る、その自分を想像して、自分の中の感覚や思いを感じていると、「おしつぶされそうなアリ」という自分像やそれに伴う感覚がわいてきました。

 

おしつぶされそうなアリの私は、子供の時から、私の意見はそっちのけで、勝手に物事が決められていったり、姉や誰かがいつも優先されることに対しての怒りや嫌悪感を抱いていました。(ちなみに、初めてパニック発作を経験した時もこの感覚を感じていたのもセッションの途中で気づきました)

 

そして、その怒りの下には、大きな「寂寥感」もありました。
それは、「誰か私を愛してくれないかな」、「誰も自分だけを見てくれない」
という思いでした。

セッションでは小さな私のこうした思いや感情を受けとめていきました。

小さな私の中の思いや感覚を受けとめていくにつれ、
「自分だけを見てほしいとは考えてはいけない」という思いが。

しかし、その思いには、実は、深くて大きなやさしさ、思いやりが、あったことに気づきました。ちょっと驚きました。それは、明晰さやすっと先を見ている透き通ったエネルギー、それは静かでとても落ちついた感覚で、私の中にずーっとあったなという感覚です。驚きとともに、寂寥感を抱きながら、いつも「和を乱さないように」、「自分が対処できるように」していなければならなかった私への、新たな理解や見え方、受け容れがわいた瞬間でした。

 

今年は仕事の関係で飛行機などの交通機関を利用する機会が多くなりそうです。
以前はなるべく避けたり、断っていたりしましたが、様々な投影が外れてきているおかげか、不安感や恐怖心が軽くなってきていると思います。いろいろチャレンジしたいと思っています。

下田屋さんのセッションは、パニック発作や、不安感、恐怖心だけを見るのではなくて、それがどこから来ているのかを一緒に見て行ってくれます。根本的な原因を一緒に探っていく感じです。

パニック障害を解消したいという思いで最初はセッションを受け始めましたが、セッションでは、私の中で忘れさられていた声を一杯聞いてあげる、私自身への癒しになっているなと実感します。その過程の中で、パニック障害の改善が自然と起こっているという感じです。

Mさん(女性)

 

 

パニック障害のクライアントさんが、本人自らの声と対話することで、得られた気づきとはどんなものだったのでしょう?

感想をいただきましたので、掲載させていただきます♪

インテグレイテッド心理学 お知らせ セラピー(EFT、MR、RFT) パニック障害 ブログ

不安が頭から離れないあなたへ~セミナーのお知らせ~

2017年1月10日
https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-ELL86_yasasiihikari-thumb-1000xauto-12413

2017年1月29日にハートレジリエンス協会のショートセミナーで

「不安がなかなか頭からはなれないあなたへ~「起きては困る未来予想図」から見る不安と心の癒し~」と題してセミナーをさせていただきます。

以下は、ハートレジリエンス協会の告知ページからの貼付です♪

不安感の癒し、不安から解放されたいと思われている方、是非いらしてください☆

【1月29日】不安がなかなか頭からはなれないあなたへ~「起きては困る未来予想図」から見る不安と心の癒し~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

あなたが今、不安で一杯で苦しい状態だったとしたら、

「起きては困る未来予想図」を入り口に、

普段気づいていない「何かを怖れている声」を聴いてあげて、癒してあげませんか?

不安感だけでなく、人生そのものの癒しとなりますよ♪

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

「不安」といった時に、実は私たちは、「ざっくりな」感覚や思い、感情をひとまとめにして「不安」と言っていることがあります。

ざっくりしていたり、漠然としていたりするからこそ、不安がすごく大きな存在として見えてしまう。

そういう意味で、不安の中身を吟味してみる、ということが、「不安」に振り回されなくなる第一歩と言ってもいいでしょう。

また、不安な時というのは、必ず私たちは「起きては困る未来予想図」を描いているものです。
この「未来予想図」を作り出すのは、私たちの潜在意識の中にある怖れやセルフイメージ(自己像)なのですが、これらは、意識上の日常で感じる不安感を生み出すだけでなく、繰り返す人生のパターンなど、私たちの人生に深く影響を与えています。

そのため、これらの潜在意識にある怖れやセルフイメージが癒されると、「不安感が減った」、「安心感が増した」、「生きやすくなった」とおっしゃる方が大変多いのです。
つまり、あなたが描いている「起きては困る未来予想図」を入り口に、心の深いところで怖れていることを探って、癒していくことは、不安感のみならず、人生そのものへの癒しとなることでしょう。

このセミナーでは、不安感を構成する中身を整理して、さらに、不安感と潜在意識にある怖れの関係を心のしくみから見ていきながら、その怖れや不安の癒し方をお伝えしていきます。

将来への不安、人間関係の中で経験する不安、お金に関する不安、健康への不安などなど、様々なテーマに関して不安感がある方、漠然とした不安感がある方など、是非ご参加ください!

❖セミナーの内容❖

・不安感を生み出す心のしくみについて
・漠然としている不安の中身を整理する
・「起きては困る未来予想図」から怖れていることを探るワーク
・怖れや不安感の癒し方について
・不安な時はいつも体はおきざりー不安のサイクルに巻き込まれないためのミニエクササイズ

❖このセミナーであなたが得られること❖

・自分が何に不安なのか、不安の中身を知ることができる
・潜在意識や心のしくみの観点から、自分が本当に怖れていたことがわかる
・不安感や怖れの癒し方について知ることができる
・不安に振り回されなくなる
・「不安を感じる自分」に対する見方が変化する

%e8%9f%87%e5%b8%9b%ef%bd%ad%e8%88%8c%ef%bc%86%e7%b9%a7%e8%96%99%e3%83%bb%e7%b9%a7%e5%a3%b9%e3%83%bb%e7%b9%9d%e5%8c%bb%ce%be%e7%b9%a7%ef%bd%a4%e7%b9%9d%e3%83%bbdsc03963-crop

☆講師:心理セラピスト 下田屋 寛子より☆

「不安感」という感情は最も身近に日常的に誰もが経験している感情ではないかと思います。ある意味、私たちが無防備に危険や脅威にさらされないように守ってくれている大切な感情の一つと言えるかもしれません。

ただ、その危険や脅威をあまりに信じ込みすぎると、雪だるま式に不安のストーリーは大きくなってしまいます。

またそうなると、今度は、不安感を感じる自分がいけないのではないかと思い始めて、不安感を逆に抑圧してしまう。
このように、どうしようも対処のしようがない不安感で悩んでいらっしゃる方は多いのではないかと思います。

私もそうでしたから、すごくよくわかります!

そんな私でしたが、私は、不安感、パニック症状を生み出していた、心の深いところにある怖れている声(「一人になってしまうのが怖い」「そんな状態を人前でさらしたら誰からも相手にされなくなる!」「のろい私はおいてけぼり」などなど)にたくさん気づいて、癒していくことで、なんとなく大丈夫な感じや安心感、信頼感が増えて、生きていくことがラクになっていくという変化を体験しました。

もし、あなたが今、不安で一杯で苦しい状態だったとしたら、あなたも、あなたの中の「何かを怖れている声」を、今から聴いてあげて、癒してあげませんか?

それは、不安感を癒し、人生を軽やかなものにすることに必ずつながっていますよ♪

 

【日程】2017年1月29日(日)
【時間】14:00~16:30(受付開始:13:30~)
【会場】CTW表参道 (http://www.cultureomotesando.com/access-map/
東京都渋谷区神宮前5-12-7 CULTURE表参道2F
【費用】3,000円
※セミナーの収益は、東日本大震災復興地メンタルケアプロジェクト、トラウマ、ケアラーのケアプロジェクトの資金となります。
【定員】25名
【講師】下田屋 寛子 http://hiroko-shimotaya.com/

【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:https://pro.form-mailer.jp/fms/0805626286293

※開かない場合は、アドレスをコピー&ペーストしてください。

【キャンセルポリシー】
キャンセルに関しましては、基本的にご返金はいたしかねます。
ただし、ご友人、ご家族等にお譲り頂くことは自由です。
こちら側の理由でセミナーが中止になる場合は、全額返金いたします。

【セミナーへのご質問、お問い合わせ】
info.seminar@heart-resilience.com  担当:松川 千恵