Browsing Category

インテグレイテッド心理学

インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) パニック障害 ブログ

何もかもが不安なとき

2019年10月21日

こんにちは!

パニック障害、不安症、恐怖症などにつきものの「不安感」
私が大きなパニック発作を経験したのは、2005年3月なのですが(それ以前にもあったのですが、この時のものがすごく自分には大きかったです)、
それ以来というものいてもたってもいられない
本を読んだり音楽を聴いたりしようとしても集中できない
とにかく何もかもが不安

そんな状況になりました

程度の差はあれ
例えば先週大きな台風がきましたが、
ソワソワとなんだか不安という状態になった方もいらしたのではないかと思います

 

私たちは、整理がされていないもの、ちゃんと意識されていないもの、に振り回される、
という心のしくみをもっています

 

漠然と不安、と思っていると、
不安の中身が整理されていない状態になるので、
不安感の量が増えるにつれて、思考も活性化します
これらの思考は、冷静に考えると、合理的ではなかったり、現実的ではないものなのですが、
一旦活性化した思考は忙しくまわり始め、
さらに不安感を高めるという悪循環に陥っていきます。。。

整理されないから漠然が漠然を呼び、モヤモヤ満載となっていく流れですね

 

また思考が活性化して、不安感が増大している時は、体も巻き込んでもいるからの反応とも言えますね
安全か危険かを監視している偏桃体も私たちを守るために、危険な目に逢わないように、
アラート状態に入ります。自律神経は、交感神経優位の緊張状態になっていきます。
本当は危険がないのに、健気に体が対応をしようとします

緊張状態が続くわけですから、モヤモヤ満載と相まってなお疲れますね

 

心の状態はどうでしょうか?

整理されずに、漠然と不安な時って
自分からは力が奪われている状態でしょう

この時って無力感が一杯ですから
自分で決断がしにくくなったり
誰かの助けがすごく必要になったり

依存的な行動になります
さらに、悪いことに、この無力感をずっと感じていたくないので、
相手や状況に怒りや不満を感じるということも起きてしまいます

(無力感を投影して(問題のすり替えを起こして)、相手、状況を攻撃し始める)

整理されていない、意識されていないとここまで物事が複雑になってしまう
生きづらくなってしまいますね

 

さ~、力を取り戻しましょう
私の中に力を戻しましょう
そのまず第一歩は整理すること
何が不安なのか、何を心配しているのかを
*書き出してみるのもよいかもしれません

「不安」から自分に力を取り戻せると
体も緊張モードから力強さがある緩みモードに変わるでしょう

自分にとってまさに「自然」な状態ですね

自然な状態から、
漠然とあった不安な思考が、現実的か、単なる妄想かの吟味もクリアになるでしょうし、
どうしたいのか
現実的な視点から何ができるのか
といった地に足のついたアイデアや思考も自然と浮かぶことでしょう
誰かや何かに変な依存ではなく、自分に責任がもててもいるでしょう

自分が舵取りをしていて、
無理がない流れの中にいる時って、私たちって本当に気持ちよさを感じられますよね
だって、それが自分らしさであったり、
もともとの私たちの本質に近いものなのですから

 

今回も最後まで読んでくださりありがとうございます

深呼吸して~ 自分にやさしく♡

ランキングに参加しています。励みになります。いつもありがとうございます

パニック障害ランキング

Please follow and like us:
インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) パニック障害 ブログ

パニック障害と心の作用

2019年9月30日

こんにちは!

昨日は、パニック障害の方、不安症の方向けの心のしくみ講座「インテグレイテッド心理学講座」をオンラインで開催しました
4回シリーズの第1回目講座が終わりました 🙂

予期不安や広場恐怖を何とかしたい
心と体を巻き込んでおこるワケのわからない発作
これが起こるほど私の中で何が起きているのか

これらをいろんな理論や学説があるかもしれないけれども一旦それらは脇において、

真実の観点から心の作用としてみてみようよ
本質、気づきの意識、全体から分離したという勘違いから起こる心の作用は実際にどのようなテーマとして出現するの?
私の悩みとこの心の作用との関連は?
それをみていこうよ

というものです

*「インテグレイテッド心理学」=真実(非二元の教え)と心理学を融合して心のしくみについてまとめてあるもの

*非二元=真実=ものごととはこれこれこうだよね、とありようを言っているもの

ワケがわかるというのはそれだけでも気持ちがよいはず
そして反応を起こす自分にも理解という光をあてることができるはず

うんうんそうそう自分を愛するというまなざしが向き始めるということでもありますね
パニック障害、症状、症状がある私を否定したままで向き合っていくのは苦しい向き合い方になってしまいますものね

そういう意味でも症状への改善、向き合いといったときに
全人類に共通の真実ベースの心のしくみを知っているということは、改善、癒しのスピードもサポートしてくれるでしょう

 

さて、現在募集中の10月20日のオンラインセミナーは、
パニック障害を心のしくみ、脳科学や神経生理学の観点から学んでいきます

予期不安、広場恐怖へと広がる理由、発作の原因について
心と体でおきていることを、
しくみの観点から理解していきます
しくみがわかれば、改善へのアプローチもみえてきますよ😊

ご参加お待ちしております☆
(下記に8月のセミナーにご参加いただいた方の感想があります)

ランキングに参加しています。励みになります。いつもありがとうございます

パニック障害ランキング

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー
予期不安、広場恐怖へと広がる理由、発作の原因について
心と体の観点からしくみを理解しませんか?
しくみから、改善へのアプローチがみえてきますよ♪

◎「【オンライン】パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー
2019年10月20日(日)13:30~16:30
ZOOMを使用したオンラインのセミナーになります。

☆セミナーについて:https://bit.ly/2U0vt52

☆開催概要
【日程】2019年10月20(日)
【時間】13:30~16:30
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/dist/S2276840/

 

☆8月にご参加いただいた方の感想を貼付しますね☆

パニック発作自体に関する知識や、発作のタイプによる脳の回路の違いなどを新しく学ぶことができて、とてもためになりました。
また、インテグレイテッド心理学をベースにした心のしくみやEFT、ポリヴェーガル理論に基づいた現実的な対処法も丁寧に学ぶことができて、ありがたかったです。
腹側迷走神経を優位にするための深呼吸や洗顔、歌、お水を飲むこと、ペットいじりなどは、もっと積極的に取り入れて行こうと思いました。

でも一番心に響いたのは、パニックすら悪者にしない寛子さんの優しい視線でした。
もちろん、予期不安を一刻も早くなくしたくて参加させていただきましたが、寛子さんは「苦しいからそう思っちゃうよね」と十分共感なさった上で、発作をなくすべきものとは捉えてらっしゃらないのが印象的でした。
「結局、不安になる自分をどこまで受け入れられるかがポイント。
ピッカピカの自分なんていない。そこを目指すのではなく、発作や予期不安ですら自分を知っていく入口にすれば生きやすさに繋がることを知ってほしい。乗物にはまだ乗れなくても、自分に寄り添えるようになったことで、前より幸せを感じているクライアントさんもいる」というお言葉に、涙が出そうになりました。

最初に発作が出た頃も、私は全然自分に寄り添ってませんでした。
かなりのストレスを抱えていたにも関わらず、「こんなの大したことじゃないよね。強いから全然平気だよね。いつもと同じように過ごそう」とタイトに予定を詰めていた中での出来事でした。
今回のセミナーで改めて、徹底的に寄り添って行こうと強く思いました。
1年前だったら取りつく島もなく瞬時に否定していた思いも感情も、予期不安さえも、否定せず、コントロールしようともせず(そもそもコントロールできない)、一緒にいようと思います。今までできなかった分も。
結果として、自分の中に安心感が育ってくれたら嬉しいですが、不安なままでもそれはそれでいいやと少ーしだけ思えるようになりました。

自分を否定する厳しい声も、サバイバルできるように守るためのものだったと腑に落ちたところでした。それから、色んなことが緩んで楽になれてきています。
おかげさまでパニックも同じなんだと気付くことができました。
このタイミングで寛子さんのセミナーを受けることができて、よかったです。

本当にありがとうございました💖


今回も最後まで読んでくださりありがとうございます

深呼吸して~ 自分にやさしく♡

ランキングに参加しています。励みになります。いつもありがとうございます

パニック障害ランキング

 

Please follow and like us:
インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) パニック障害 ブログ

子供と一緒に出掛けたいけどでかけられない 

2019年9月4日

こんにちは!

小さいお子さんをお持ちの方で、このように感じていらっしゃる方はパパ、ママに限らずいらっしゃるのではないでしょうか?

 

本当はどこかに連れていってあげたいけれども交通機関に乗るのができない、
混んでいるところは苦手なので一緒に出掛けられない、

もし自分が不安に襲われたら、それを子供に見せることになってしまう、そんな姿は見せたくない。。。

 

「どうしてうちのママは行かないの?」
「どうして連れていってくれないの?」

 

自分の中に罪悪感があればあるほど、
これらの言葉は本当に心にヒリヒリと響いてしまいますよね

そして、

親としてダメなんじゃないか
どうしてこんな状態なんだ!(怒!)

まわりの親たちがうらやましく見えたり、その子供たちがうらめしく思えたり
と罪悪感から生み出される負のスパイラルにも入っていきがちですよね

さて、こういう時はどうしたらもっとストレスなくいられるのでしょうか?

 

罪悪感がある時というのは、

自分の中で十分にできていない、
たりていない、
何かを十分に提供できていない(相手に十分に愛情を提供できていないなど)

などと感じている状態で、それらがいけない、と思っている状態ですね

 

で、この状態をダメと思っているので、
私たちは、
たりてない部分、十分でない部分を
何らかの形で埋め合わせをしようと頑張り始めます。
そして補填しようと頑張っている、ということにあまり気づいていなかったりもします。

 

例えば、

一緒に出かけられないので、できるだけ子供の要望に応えようとしたり
自分は本当は疲れているのに、無理をして一緒にいる時間を作ろうとしたり

などなど

罪悪感があると、この補おう補おうとする動きが働くので、
知らず知らずのうちに「疲れがたまったり」「不満がたまったり」もします。
(補おうとしているということに無意識であればあるほど、無理もしがちですよー)

そしてもし子供に、「これじゃない!」などと言われたりすると、
必ずムカッという反応がでることでしょう。
「こんなに私はやってあげてるのに、どうしてあなたはそれがわからないの!」という言葉とともに

あるいは、「やっぱり私はダメな親なんだ」という言葉とともにひどく落ち込んで自分をさらに責め始めるかもしれません

私も感情の爆発とともに、自分の中で知らずに頑張っていたということに気づくこともしばしばです(テヘペロ 🙂 )

 

ということで、
まずは、

不安感があることや、発作への怖れがあることで

迷惑かけているな、
できなくて悪いな、
楽しみを奪っているんじゃないかな、

などと罪悪感を感じていることがないかどうかに気づいてみます

 

これらに気づいたら、次は、
これらの悪いなーと思っていることを補填するために

普段頑張っていること、
心がけていること、
無理していること
それらがないか探ってみます

どんなちょっとの頑張り、心がけ、無理でもいいです
頑張っている私必ずいますよ♪
よーく、日常を振り返って、気づいてあげましょう!

 

気づいたら、
「ふ~」と大きく深呼吸して、

「頑張ってるね」「力入ってたね」「無理しなくていいよ」
など頑張っている自分に声をかけてあげましょう

イメージの中でなでなでしたり、肩をもんであげたりしてもよいでしょう

 

これらをなぜするのか?なんですけどね、

予期不安や、うっすらいつもある不安感がずーっとある時って、
感情的には不安感がずーと体にあって、
体・神経系的には、危険か安全かの監視モードがずーと続いている状態(交換神経優位状態)で、
休まってはいないのですよね。
(そういう意味で、普段からこの不安感をケアしたり解放したりしていることが大切だよとしばしばブログでもふれているのはそのためです。)

で、ずーとこの交感神経優位モードにあるところで、
さらに罪悪感を解消するために補填するということを頑張ることをするわけですから、
感情的、肉体的にはどうなるでしょう?

そう、やっぱり疲れていきますよね。不満がたまっていくのも至極当然です。

で、このような状況下で、
何かトリガーになること(子供に「これじゃない!」と言われるなど)が起こると、
神経系的には、交感神経がもう無理!と持ちこたえられなくなって、相手への攻撃となったり、
あるいは、同じく交感神経が持ちこたえられなくなって、反対に自分責めになったり(シャットダウン、いじけ、感情の閉じ込め)となったりする
ということが起こります
*いずれも自分を守るために体、神経系が調整をしてくれているので、体としては正常な働きです

 

話を戻して、

普段、不安感があるという中において、いかにストレスをためていかないか、ということが肝要になってくるということです。

なので、日常の中にある罪悪感に気づいていること、
またその罪悪感から派生する頑張り、無理、我慢、努力、力の入り具合、
にも気づいていてあげていること、大切になってくるわけですね

そして、グッドニュースは、私たちって、本当の意味で気づくことができると、
ふ~と体から力が抜けるんです

「あーー頑張ってた~私~」ってなると、その時は自分への理解が生まれている瞬間

だから、必ず自分の中心に力が戻ってきますよ

中心に戻った立ち位置(罪悪感埋めなきゃベースではない)から
(この時は不安感があっても、あることに対しての犠牲者感もないはずです)

改めて、お子さんにどう接したいかな
親としてどうありたいかな
どんな愛情を向けたいかな
ということも見えてくると思います
とても自然で、自分らしくあれる状態

また子供たちにとっても(たとえどこにも連れていってもらえなかったとしても)
パパ、ママが自分らしくある、自然であってくれること、
それが本当は一番求めていることなのですから

こういった状態で有機的に家族、人々とも関わっていけるのはお互いにとって喜びですよね♡

今回も(今回長くなった~)最後まで読んでくださりありがとうございます

深呼吸して~ 自分にやさしく♡

ランキングに参加しています。励みになります。いつもありがとうございます

パニック障害ランキング

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー
予期不安、広場恐怖へと広がる理由、発作の原因について
心と体の観点からしくみを理解しませんか?
しくみから、改善へのアプローチがみえてきますよ♪

◎「【オンライン】パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー
2019年10月20日(日)13:30~16:30
ZOOMを使用したオンラインのセミナーになります。

☆セミナーについて:https://bit.ly/2U0vt52

☆開催概要
【日程】2019年10月20(日)
【時間】13:30~16:30
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/dist/S2276840/

Please follow and like us:
インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セラピー(EFT、MR) パニック障害 ブログ

不安なとき、先を案じる考えがつきまとうとき

2019年8月21日

こんにちは!

FBページ「パニック障害、生きづらさから自由になる」に載せたのですが、
こちらのブログにも載せますね♪

アメリカで5年続いたドラマ「Jane the Virgin」というドラマの中で(最近終わったらしいです)
主人公が不安症になって、小さなことにも過敏に反応してしまうことに悩んでいたときに
EFTを使って改善する、という場面の動画です
(カウンセラーにEFTを勧められて使っています。
最後は神経質な仕事仲間に不満をもつパートナーにもJaneがEFTを奨めていたりもします^^)

イライラするとき、
混乱して頭がぐちゃ~となってるとき、
不安や緊張が高いとき、
眠れないとき、
様々なときに使えるEFT

無理やり自分を納得させることなく、
トントンすると感情が緩んで
自然と認知が変わったり(大丈夫かもと思えたり、それほど自分に影響がない感じになったりする)、
無理ない変化をもたらすのが特徴です

EFTでは、定型のフレーズで
「不安な気持ち(ここに感情の言葉が入る)があるけれども、私は私を深く愛し、受け容れます」
というのを言っていくのですが、
どんな感情を感じている自分でもいいよって、
本当に受容そのものだなと思います
だからこそ自然な変容が起きるわけですね

自分の感情を大切に扱ってあげたいですね

イギリスでは国営医療機関において不安症、鬱の治療にも使われています
BBCのニュースで取り上げられたクリップもつけておきます

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます♪

深呼吸して~ 自分にやさしく♡

ランキングに参加しています。励みになります。いつもありがとうございます

パニック障害ランキング

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

☆お席少なくなってきてます~☆
パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー

予期不安、広場恐怖へと広がる理由、発作の原因について
心と体の観点からしくみを理解しませんか?
しくみから、改善へのアプローチがみえてきますよ♪

◎「【オンライン】パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー
2019年8月25日(日)13:30~16:30
ZOOMを使用したオンラインのセミナーになります。

☆セミナーについて:https://bit.ly/2U0vt52

☆開催概要
【日程】2019年8月25(日)
【時間】13:30~16:30
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/dist/S2276840/

Please follow and like us:
インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) お知らせ パニック障害 ブログ 気づきの問いかけ

「気づく」ことから動き出すさまざまなプロセス、変化

2019年8月13日

こんにちは!

自分も含めてですが、
ありのままがありのままに見えなくなっているとき
私たちは苦しくなりますね

 

誰かについて腹が立つとき、
相手を変えたくなるとき(そんな言い方ないだろ!)、
状況を変えたくなるとき(なんでこんな親のもとに生まれてしまったの!)

などなど

こういう風になっている時は
怒って、自分の正当性を主張しているけど、
でもすっきりはしていない

 

「ありのまま」に
自分のなんらかの価値観やこだわりや、思いこみを投影してみているからです

で、これらの価値観やこだわり、思いこみって
ちゃんと普段気づいていたり、意識されているかというと
そんなことはない(だからこそ投影するのですが、、、)

上司から「あの書類できてる?」と聞かれて
自分の中の「早く仕上げなきゃ」とか
「完璧な内容にしなきゃ」とか
といった思いがありながら仕事をしていると自分が気づいていないと
上司の言葉は
焦らせている、
私の内容がどうかチェックしているんだろう
とかと言った風に聞こえてしまいますね

だから結果として、
上司はもっと私のことを信用してほしいとか
あんな上司の下では働きたくないとか
仕事をやめた方がいいのだろうか?
私はこの仕事向いていないんじゃないか?転職した方がいいのか?
といった悩みになるわけです

 

で、もう一度繰り返しますが、
気づいているかどうかで変わってくるのが

自分の中の「早く仕上げなきゃ」とか
「完璧な内容にしなきゃ」とか
といった思いが自分の中にある
これらはあくまで自分の思いである

ということに気づいているかどうか
です

 

たいてい

「早く仕上げなきゃ」とか
「完璧な内容にしなきゃ」とか
といった思いがある
なんてことには気づいていないのです(だから悩みとなるわけですし)

ところが、

こういう思いを持ちながら仕事していたってことに気づいてあげると思うとどうですか?

 

一生懸命やってて、
緊張しているし、
書類を提出するまで頭からはなれないぐらいに気をはってる、

そんな自分に寄り添える瞬間になりませんか?

ここでふーっとちょっと力が抜ける
自分から自分にやさしくなれる

 

私自身がほーんとに気づいていないいろんな「べき」の思いや執着を「当たり前」のこととして
自分も相手も制限しまくって
さんざん苦しみましのたで
(生きづらさを感じてましたし、それがつもりつもってパニック障害を引き起こすことにもなったと思います)

「気づいていないものに気づいていく」
ということが
物事、相手がありのままに見えていないものを
ありのままに見せてくれる(戻してくれる)なぁと思うのです
そしてありのままはいつもやさしく
だれも悪くなかったと安堵する

これを繰り返し、繰り返し体験してくことで
自分が見る世界に信頼をおくことができるでしょう

このような「気づく」ことから動き出す
様々なプロセス、変化
それらを共有できる人たちが増えるといいな~と思うのです

 

ここからはちょっと宣伝になっちゃいますが、
上記の思いを胸に
2か月に一度のペースですが、「気づきの問いかけ」をお教えしています。

苦しみと見えるのは
どんな気づかれていない思いや感情があるのだろう?
それらを引き出すことができるのが「気づきの問いかけ」です。
自分の中の様々な思いや感情に出会える時間となりますよ

(次回は、9月7日/下記参照ください)

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます♪

深呼吸して~ 自分にやさしく♡

ランキングに参加しています。励みになります。いつもありがとうございます

パニック障害ランキング

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

心をひも解く”気づきの問いかけ”勉強会
心の深層を探ることができる”気づきの問いかけ”
勉強会では、苦しみや悩みを生み出す、潜在意識にある普段気づいていない思いを、問いかけを使ってどのように探っていくのかをお伝えしています。(インテグレイテッド心理学を学ばれた方が対象となります)
会場は、市川市妙典のAMRiTAさんとなります。
【日程】2019年9月7日(土)13:00~17:00
【会場】AMRiTAさん
【費用】9,000円
【お申込み・お問い合わせ】こちらからお願いいたします(AMRiTAさんのページが開きます)

Please follow and like us:
インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セラピー(EFT、MR) パニック障害 ブログ

なぜ電車、渋滞、美容院、体の違和感が怖いの?

2019年8月5日

こんにちは!

さて、今日はある特定の場所や状況、状態が苦手なのはなぜ?ということに関して書こうと思いますです
パニック障害では必ずこういった場所、状況があるかと思います
その時に心は何が起きているのでしょうか?

何かを苦手なもの、怖いものと見ている時は、
まさにこの文字通り、「苦手なもの」、「怖いもの」と見ているわけです
これは、インテグレイテッド心理学でもでてきますが、
目の前の電車を、
「怖いもの」という「思い」を通してみている(怖いものという解釈を投影している)
わけです。

つまり、電車そのものを本当の意味ではみていない、ということです

 

そして、その結果、ドキドキしたり、汗がにじんだり、
ソワソワしたり、ときには発作がでる、
といった「反応」がでるんですよね

 

「電車そのものを見ていない」と言いましたが、
そういう意味で
何が私を一番ドキドキとさせたり、怖いと思わせるのか?を探ると、
「電車」というものに投げている(投影している)解釈を見つけることができる、ということです

 

・混んでいるかどうかといった空間でしょうか?
・乗っている人でしょうか?男性ばっかりだったらどう?どんな年代の人も一緒?・スピード?
・停車駅と停車駅の間隔?

こんな風に何が反応を起こさせるのか、
振り返ってみたり、イメージしたりして探っていくとよいです(以下でまとめている手順の①にあたります)

 

あるクライアントさんは、「乗っている人」でした
幼稚園生から大学生や、高齢者の方ばっかり乗っている電車に乗るとイメージすると大丈夫なのに、
いわゆる社会人(サラリーマン)が乗っている電車、と思うと怖くなってしまう

この方からは、
社会人は、みんな無関心で、もし自分が気分が悪くなったとしても決して助けてくれなくて、
それどころか軽蔑のまなざしをむけるような冷たい人たち、
と見えていることがわかりました
(→だからそういう人たちがたくさん乗っている電車には乗れない)

ちなみにみなさんは乗っている人をどうみていますか?
この意味づけって本当に人それぞれなんです
実は私が苦しんでいる時も、乗っている人が電車が怖くみえる一つの要素でしたが、このクライアントさんとは違う意味づけで「人」を見ていました
それは意味づけを生み出す理由がいろいろ違うからですね
(トラウマ経験かもしれないし、刷り込まれた思いこみかもしれないし、、といった具合です)

 

話を戻して、

この方がサラリーマンを「助けてくれない冷たい人たち」と見ていらしたのですが、
これは実はご自分のことだと気づかれました
それは、
ご自分が働いていたときに、働く環境になかなか慣れられず、毎日緊張と不安の中にいながら、それでも重たい体を引きずりながら通勤していた姿の自分でした
キャパがパンパンで人のことなど構っていられない
気遣いや人を思いやることなんて到底できない

そんな当時の自分を、電車に乗る社会人に投影している、ということがわかったのです

 

どう見えているのか?というのは、
自分の心の中の思いを通してみているということですので、
ここをさらに探っていくことで(下記③でも触れていますが、セラピーを使ったりもします)、
その思いが作られたわけや理由が見えてくるのです

私たちはありのままが見えなくなっている時、それは苦しみとなります
妄想の中にいて、それを信じきっているのと同じなので
(社会人は自分のことで精いっぱいで助けてくれない人たち、と信じていればそれは苦しいですね)

 

一方で、怖いとか苦手といった反応を感じることも
それを入り口に自分の内側(解釈、意味づけ、それをもつに至った理由など)を知ることができるという意味で、とても大切なものです

なので、何一つ無駄なものもないですし、
今苦しみの中にいたとしても、自分を責める必要もないですよね

 

そういう意味で本当に楽になっていくのは、
自分や自分の心との向き合い方かな、と思います

なぜなら、私たちの心というのは、
みごとに内側にあるものを見せてくれるという、そんな素晴らしいはたらきを持っているので
ひとたび向き合うことをしていくと
怖さや不安を生み出していたものたちの正体が見えてきますし
見えれば振り回されなくなるという、これまた素晴らしいはたらきもありますので
自ずとラクにもなっていきます

 

ということで、以下は、すっごくざっくりなのですが、ひとつの手順です

① 何が一番自分を怖く思わせるのかをよく特定する
② それを自分の心の眼からはどう見えているのか?
③ それはなぜなのか?(②から③は、EFTやフォーカシングといった体の感覚を感じながら、なぜなのか?を引き出してくれるセラピーなどを使うとよいです)
④ ③の理由やワケを解放していく
(上記のクライアントさんの例ですと、
働く環境に慣れずに緊張や不安で一杯だった自分の感情解放をしていきます)

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます♪

深呼吸して~ 自分にやさしく♡

ランキングに参加しています。励みになります。いつもありがとうございます

パニック障害ランキング

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

☆お席少なくなってきてます~☆
パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー

予期不安、広場恐怖へと広がる理由、発作の原因について
心と体の観点からしくみを理解しませんか?
しくみから、改善へのアプローチがみえてきますよ♪

◎「【オンライン】パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー
2019年8月25日(日)13:30~16:30
ZOOMを使用したオンラインのセミナーになります。

☆セミナーについて:https://bit.ly/2U0vt52

☆開催概要
【日程】2019年8月25(日)
【時間】13:30~16:30
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/dist/S2276840/

Please follow and like us:
インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セラピー(EFT、MR) パニック障害 ブログ

なぜ不安の悪循環に陥いるの?

2019年7月5日

こんにちは!7月に入りましたね!

8月に開催するオンラインのパニック障害のセミナーについてお問い合わせをいただいていたりしてありがとうございます。
まだお席がありますのでご確認くださいませ

 

今日は私たちが苦しくなっている時ってどうなっている状態なのかな?ということを書いてみたいと思います。

 

私が初めてパニック発作を経験したのは、1997年の夏だったのですが、
それ以降発作が出たり、出なかったりを繰り返していましたが、
2005年春に経験した発作がダメージが大きくて、それ以降不安感にすごく悩みました。

まだEFTやマトリックスリインプリンティングなどのセラピーや、心のしくみについて解説しているインテグレイテッド心理学に出会うずっと前です。

 

さて、不安感にさいなまされている時っていうのは、

その感情に自分が「同化」している状態なのですよね
私たちは、思いや感情と「同化」すると苦しくなってしまいます
ポジティブな感情や感覚、思いに同化するとすごく楽しくなったり、うきうきしたりすることからもわかりますね
逆にあまりに圧倒される感情や感覚であるがために感じないようにしてしまう「乖離」ということも起きたりもしますが、
それらの感情や思いを「信じている」という点ではしくみは同じです。

 

「同化」に話を戻して・・・
①私は悲しみだ、私は悲しい

というのと、

②私の中に悲しんでいる部分がある、悲しみを感じているところがある

では、
どちらが同化度が高いかというと①の方ですね

 

自分を振り返ってみてみると

不安感に悩んでいる時や、発作がくるんじゃないかとかきそうだと持ちこたえようと頑張っている時って、
不安感やその時に感じているものを客観的にみれていないと思いませんか?

同化が激しくなれば、考える内容もとても実態感を伴ったものになり、
疑う視点や、いやいやそんなこと起こらないんじゃない?と自分でつっこんでいく客観的な視点が失われて、
それがさらに、不安感や感情を膨らませてしまう、という悪循環に陥っていきますね
またこの時は自律神経も巻き込み、交感神経優位になって、思考が活性化していきますので、
悪い循環になっていくのも当然の動きなのです
同化ってすごいですよね

ということで
同化している状態から客観的にみる、感じる視点にたつ
ことで、この悪循環から抜けることができます

・不安を感じている部分がある(Not 私は不安だ)

・ザワザワと感じる部分が胸にある(Not ザワザワする)

・明日のプレゼンは大丈夫だろうか?という思いがある(Not 明日のプレゼンは大丈夫だろうか?)

距離が取れますよね?
感情や思いを眺めることができますよね?

この距離は本当に大切です
心理学用語ではメタ認知とも言ったりしますし、この距離があるから、マインドフルネスでもいられて、巻き込まれないのですよね

そして深呼吸も忘れないでくださいね♪(←体からもアプローチ)

私=(イコール)感情や思考 ではない

この視点にいられるようになると、

どうして自分は不安になるのだろう?
何に反応してこのような感情や思いを経験しているのだろう?
私の心の中の何がこのような反応を起こすのだろう?
と自分にベクトルが向いていきます

そして探求をしていけば(私の場合、探求には気づきの問いかけを使ったり、セラピーを使っていきます)
必ずそれらを生み出す
ビリーフやセルフイメージ、傷ついた自分や経験などに出会うことができます

この部分をセラピーなどで変容させていくので、
結果として、
意識の表層にでてきている不安感やその他の感情、感覚を解消することができるのです

 

苦しくなっていたら、
同化していないかに気づいて、
おっとっと、私全部がその感情や思いそのものじゃないよなと
「妄信」の状態から一歩後ろに下がって、
「眺めてみる」ことをやってみるといいですよ(*^^*)

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます♪

深呼吸して~ 自分にやさしく♡

ランキングに参加しています。励みになります。いつもありがとうございます♪

パニック障害ランキング

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー
予期不安、広場恐怖へと広がる理由、発作の原因について
心と体の観点からしくみを理解しませんか?
しくみから、改善へのアプローチがみえてきますよ♪

◎「【オンライン】パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー
2019年8月25日(日)13:30~16:30
ZOOMを使用したオンラインのセミナーになります。

☆セミナーについて:https://bit.ly/2U0vt52

☆開催概要
【日程】2019年8月25(日)
【時間】13:30~16:30
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/dist/S2276840/

Please follow and like us:
インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セラピー(EFT、MR) パニック障害 ブログ

対処法探しの迷い子にならないために

2019年6月24日

こんにちは!
都内は今日は梅雨寒でしたが(薄いウールのセーターを着ちゃったよ)、
うっすら陽ざしもでてきた

さて、週末は「パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー」を開催しました。
遠方からのご参加いただいた方もいらしてありがとうございました。

 

発作や予期不安・広場恐怖へつながっていくしくみや
発作を生み出すものについてよく理解ができて参加してよかったとおっしゃっていただけました

セミナーでは
どうして発作が起きるのか?
どうして発作から予期不安や広場恐怖へと広がっていくのか?
どうしてすっきりしないままいつも不安感を引きずることになるのか?
といったことを私たちの心のメカニズムをベースにしくみをお話させていただいています
その上でどのような対応方法がいいのかが見えてくるからです(*^^*)
(*次回は、オンラインで8月に開催です)

 

発作がきそうな時の対処の仕方や、
どう回避するかとか、どう耐えるか、のツールをお教えするのも、もちろん大切だと思うのですが、
これらのツールが活きるのは、しくみを理解しているからですね!

 

例えば、自動車のワイパーの動きが悪くなったといったときに、
ワイパーが動くしくみをわかっているから、どこをどのような部品に換えたらいいかがわかる
のと同じで
(動けばいいからとやみくもに補修するということはしないですものね^^)

 

少し私の話をさせてください♪

私がパニック障害で苦しんでいた時、
当たり前ですが、いろんな方法を探し回りました
不安を感じないようにするにはどうしたらいいのか?とか、
不安を和らげる方法を探し回った感じです
音楽がよいときいたらリラクシングミュージックのCDを買いあさったり、
ヒーリングテクニックを学んだり、
本を読みあさったり、

これらが悪いということではないですし、
緊張状態が続いているところから緩めることができるという点で有効であったとも思います。

ただ、みえていなかったのは、
発作や予期不安や、恐怖感という「反応」がなぜでてくるのか?という点を見ようとしていなかったということでした

 

自分がラクになりたい、この状態をなんとかしたいと、
エジンバラ大学の大学院のカウンセリング研究の修士コースにも行くのですが、

コースでは、自分のテーマを扱うのですが(←これはこれでよかったと思いますが)、
しかし「理論」で自分の状態を「分析をしていく」という学びでした。

ですが、そもそも、心がどんなしくみを持っているのか、
またそのしくみを基にどうして今の状態になっているのか?ということを理解するということが見落とされたままでした

 

そういう意味で、

心とはこういう仕組みをもっているんだよ、ということを知ることができたインテグレイテッド心理学との出会いや(非二元や悟りといった真実をベースにしているので誰かの説や理論ではないので)、

EFTやマトリックスリインプリンティングといった実際に経験している(た)感情や感覚にアプローチすることたできるセラピーを学べたこと

は、

本当の意味でユニークな私の「心」というものに向き合わせてくれることを可能にしてくれましたし、

それは、自分の心が、ある型(理論)にあてはめられて語られたり、分析されたりせず、
そこには、限りない自由と責任がありました

そしてそういう「向き合い」には、私が私から力を奪われてしまう、ということもなかったです

つまり、何かを妄信したり、
誰かを崇拝したり、依存する必要がなく、
(←苦しくて探し回っていたときはこれもやっていました(*^^*)あるあるですよね)
ただ、自分の中で起きていることをみていくことをしていくだけ、みたいな

もちろん難しかったり、なかなかラクになれなかったりもしましたが、
自分がどうしたいかを全面的に自分が決めていく、という感じで
自分中心で癒しを進めていくことを可能にしてくれた、といいますか。。。
(セッションを受けたりする中でもセラピストさんは単なる伴走者なので、意見を押し付けられたり、アドバイスをされたりもしない)

 

心のしくみをベースに自分と向き合ったときに、
否定しまくっていた自分の中にあった本当の声に出会うことで自分への赦しが起きたり、
あるいは、パニック障害になったのはどういう自分の信念体系が作用していたのか、
といったことも理解できるようになっていくのです

そういう気づきや癒し(感情解放など)を通して、パニックの症状のみならず、
自分への否定感が薄まってきて、自然と人生もラクになってくる

これらのプロセスには、いつも、自分から力を奪われない、といことが一貫としてあったなと思うのです
いやそれはもしかすると逆で、自分から力を奪われないからこそ、このプロセスが起こるのかも、、ですね

 

うーーん、長くなったぞ

ということで何を言いたいのかといいますと、

何をするにも、「しくみ」を知っているのは大事だよ

ということです!(笑)

しくみをおさえずに、対処法を探すということし始めてしまうと
私がそうだったように、対処法探しの迷い子になっちゃいますということです!
そしてその時は、自分から力を奪われてもしまいます
症状の苦しさつらさがあるのに、さらにこの力を奪われてしまうつらさを追加しない方が二重苦にならずにすみますね
また、その方が、症状そのものに直に、そして、シンプルに向き合うこともできますよね(*^^*)

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます♪

深呼吸して~ 自分にやさしく♡

ランキングに参加しています。励みになります。いつもありがとうございます♪

パニック障害ランキング

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー
予期不安、広場恐怖へと広がる理由、発作の原因について
心と体の観点からしくみを理解しませんか?
しくみから、改善へのアプローチがみえてきますよ♪

◎「【オンライン】パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー
2019年8月25日(日)13:30~16:30
ZOOMを使用したオンラインのセミナーになります。

☆セミナーについて:https://bit.ly/2U0vt52

☆開催概要
【日程】2019年8月25(日)
【時間】13:30~16:30
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/dist/S2276840/

Please follow and like us:
インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セラピー(EFT、MR) パニック障害 ブログ

不安感や発作がきそうの感覚がやってきたときは

2019年6月13日

最近、不安感に襲ってきたり、発作がくるかも~とギリギリの状態で保っている時にどうしたらいいですか?というご質問をいただくので、2015年に同じような投稿をあげていましたが、再掲します♪

不安な気持ちやパニックがきそうかもという感覚が襲ってきたら、
まずは、深呼吸をしてくださいね
深呼吸は前の投稿でもご紹介していますが、
5回で吐いて、5回で吸って・・・です
落ち着かない気持ちやソワソワした感じを緩和するのを助けてくれるでしょう

3種類あります
状況や自分のやりやすいのを組み合わせたりするなどして対応が可能かと思います

その前に3種類に共通するメカニズムを書きますね
なぜこれをするといいのか?がわかりますよね

◎私たちは、感覚や感情を抑圧(否定)すると、抵抗が大きくなって、なお不安感や嫌な感覚が増幅するというしくみをもっていること

◎「今ここで起きていること」に良い、悪いの判断をすると、「このままでは○○になってしまうぞ」という恐れのストーリー(思考)が暴走すること

◎私たち哺乳類特有にある社会系副交感神経を刺激することで、闘うか逃げるかの交換神経へ急激にいかないようにできること

ということで、3種類ですが
1.一つ目は、不安感や恐怖感、ソワソワする感じなどがでてきたら、それらの感情・感覚から逃げずにちょっと頑張って、「感じる」ことをしてみます
その際にEFTで使うタッピングを同時に使ってもよいです
鎖骨の下のポイントや手首の脈をとる部分をトントンと刺激しながら、
「怖いよね」
「不安なんだね」
「不安になって当然だよ」
と心の中で自分自身に言ってあげながら、不安感や恐怖感を感じていきます

よく
「そんな風に嫌な感情や感覚にフォーカスするとさらに感情が大きくなって飲み込まれたりしないですか?」
と質問されることがあるのですが、
大きくなるのは、先にも書きましたが抵抗してしまうとそうなってしまいます
なので、ただフォーカスして、感じてみる、ことをするといいです

2.二つ目は、「今、現在にフォーカス」することです
不安感や恐怖感がでてくると、
「思考に対する吟味力」が低下し、同時に悲しいかな、たくさんの思考が湧いてきます
それは先に起こる最悪のシナリオを作り始めてしまうので、
今ここに戻るには、今起きている体の反応、感覚(感情)に注意を向けることが必要になります

これは一つ目とも重なりますが、
特に感覚に意識をもっていきます

どうやって体の感覚にフォーカスするのか?ですが、

①緊張している箇所にフォーカスしてみる
胸かもしれません、
肩のあたりが力が入っているかもしれません、
手のひらに汗がにじんでいる感じがあるかもしれません、
頭のあたりがジンジンとする感覚があるかもしれません、
視野がなんとなく狭くなっている感覚があるかもしれません、
体全体が落ち着かない、
じっとしていられない感覚かもしれません、
喉のあたりがかすれるような、
声がでにくい感覚かもしれません、
足が震える感じかもしれません、、

意識をその感覚にもっていくだけです!
消そうとか、これは悪いものだ、なんとかしようとか(←これらも思考なので!)、するのではなく

②同時に呼吸することもを忘れないでくださいね

③緊張した箇所にフォーカスした瞬間に、「あ~~、こんなに緊張している!!!!」「やばい、やばい」などなど、なんらかの思考が湧いてくるでしょう、でも、それは思考だって、ちゃんと気づいてくださいね

④再度、体の感覚に意識を戻します
呼吸も忘れません

⑤緊張している箇所はどんな感覚か、フォーカスします。
重たい感じなのか、焼けるような感じなのか、熱いのか、固まってる感じなのか、擬音で表すとどんな感じでしょう?ギューでしょうか?キューでしょうか?

⑥呼吸は忘れないでください

このように
ただただ、起きている感覚を「観察」していく、ということを呼吸をしながら繰り返していきます
「観察」なので、一切の判断や分析をしないので、思考から離れることができるのですね
これをやっていると、自然とアドレナリンの放出が収まり、不快な感覚も静まっていきますよ

※緊張している箇所への意識を向けるのが難しい場合は、
EFTのタッピングをしながら(鎖骨の下のポイントもしくは手首の脈をとる部分)
そのトントンの刺激の感覚(手があたる感覚、強さ、タッピングの間隔がどんなか、指の温度など)に注意を向けるとよいでしょう

※また、普段からも、自分が今どんな感情や感覚を経験しているのかな?ということに意識的になっているとよりやりやすいですよね

 

3.三つ目は、哺乳類だけが持っている新しい副交感神経と言われる社会系神経を刺激する、です
この新しい副交感神経は、顔、耳、喉、胸(横隔膜)に分布しているので、この部分を刺激するとよいわけです

例えば、
・自分が安心できる音楽や音などを聴く
・安心できる人とのアイコンタクトやコミュニケーション
・喉を刺激するという点で水を口に含んで飲む、ガムなどを噛む
・そしてやっぱり呼吸です(横隔膜の動きを意識しながら深呼吸する)

以上が、心のしくみを基に、
不安感が襲ってきたり、発作がきそうかも、という時の対処法としてご紹介できるものになります

こうしてみるとやっぱり私たちって、思いー感情ー感覚ででしかできてないな、と思いますね(*^^*)

そして、さらに踏み込んで、
予期不安を生み出すパニック発作の経験の癒しや、
そもそも発作の原因となっている抑圧されている思いや感情を癒していくことをしていくと
根本的な改善へとつながるわけですが、
そこで見ていくのもやっぱり思いー感情ー感覚ででしかないので、
ホントにここを紐解いていけばよいのです
なのできっと大丈夫♡

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます♪

深呼吸して~ 自分にやさしく♡

ランキングに参加しています。励みになります。いつもありがとうございます♪

パニック障害ランキング

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー
予期不安、広場恐怖へと広がる理由、発作の原因について
心と体の観点からしくみを理解しませんか?
しくみから、改善へのアプローチがみえてきますよ♪

2019年6月23日(日)13:30~16:30@東京 東池袋

☆セミナーについて:https://bit.ly/2GTvxkd

☆開催概要
【日程】2019年6月23(日)
【時間】13:30~16:30
【会場】あうるすぽっと 3F 会議室B1
東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル3F
http://www.owlspot.jp/access/
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/dist/S59511152/

Please follow and like us:
インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セッションの効果 セラピー(EFT、MR) パニック障害 ブログ 気づきの問いかけ

だから不安が消えなかったんだ ~「意味づけ」を見落とすなかれ~

2019年6月2日

今回も「だから不安が消えなかったんだ」シリーズで行きたいと思います(*^^*)
過去記事はこちらです
①「だから不安が消えなかったんだ
②「だから不安が消えなかったんだ~発作というイメージ~

パニック障害とは切ってもきれない不安感、恐怖感ですが、
これらがなかなか消えないのは、
これらがいわゆる「症状」「反応」にあたる部分だからです。

 

症状、反応がでるのは、
それらを生み出すもの、原因があるということですよね

私たちは、一見、状況や人、モノが不安や恐怖感をもたらすと思っていますが、
実はそうではなく、、、

 

なぜなら、昔は平気で電車に乗れたり、高速も運転できていたのですから、
そういう意味で、電車や高速が不安感や恐怖感をもたらしているのではなく、

電車や高速(を運転する)ことに対しての自分なりの「意味づけ」が昔とは変わったからなんです。

そして、その「意味づけ」が、
不安感や恐怖感を生み出しているのです

 

ここを見落としていると、どういうことになるかというと、

対象物を避けようとしたり、
反応や症状である不安感、恐怖感を抑えるようとしたり、
それが抑えることができるツール探しに邁進したり、
でも本当の意味ではすっきりしないので、
余計不安がひどくなったり、ツール探しに疲れてしまったり、
悪循環になっちゃうんですよね。。。私もこれやってました(*^^*)

 

意味づけですが、すごくざっくりな例ですが、
例えば、電車が混んでいる→不安だ、怖い、という反応がでるわけですが、
ここの真ん中に自分なりの【意味づけ】があるのです

例えば、
電車が混んでいる→ 意味づけとして、
空気が薄くなってしまう(私が吸える空気が減っていく)という意味づけがあれば、
「電車が混んでいる」という状況に対して、不安感、恐怖感がでる

こんなつながりです。

ということは、
意味づけが、苦しい意味づけから、全然別の意味づけに変わったり、意味づけ自体がなくなったりすれば、当然反応も違ったものになりますし、
電車が混んでいるという状況もただそれがそれとして捉えられるようになり、
結果、反応も全く違ったものになったり、でなくなったりする、ということです。

 

意味づけがなぜ見落とされてしまうのか、ですが、
それは、反応や症状の部分がすごくエネルギー量が大きくて~別の言い方をすれば、感情や感覚の大きさが大きかったり、それによってさらに思考が刺激されて、さらに感情や感覚が渦巻いてしまう、
ということが起こるからなんですね
だから、この部分をなんとかしなきゃという発想にもなりがち

また、この意味づけは、
潜在意識にある、様々な気づいていない思いや感情、感覚から生み出されているので、
気づけていない、ということもあります
特に潜在意識の深いところにあるビリーフやセルフイメージは影響力があるにもかかわらず、それに全く気づけていないんですよね

それでは、気づけないからそのままなのかと言ったらそういうことではなく、
ひとつの意味づけは、またその下にある意味づけによって支えられているという構造をもつので、

そういう意味で、この意味づけを解体していけば、
本当の意味で、
反応、症状を生み出していた、思いこみや、ビリーフ、セルフイメージが見えてくるんです

※その解体に私は、心のしくみをベースにした「気づきの問いかけ」やEFTやフォーカシング、マトリックスリインプリンティングなどの体(感覚)にもアプローチできるセラピーを使ったりしています。

なぜなら意味づけ自体も思いー感情―感覚が構成要素なので
(例えば、先の例ですと、
「私が吸う空気が薄くなる」(←これは思い)-不安感(←感情)―肩に力が入る感じ(←感覚)という感じ。
セラピーはこの不安感や肩に力が入る感じといった感情や感覚の解放に使っていけます。そうしているとこの不安感に紐づく記憶が自然とでてきたり、潜在意識にあるセルフイメージなどがわかってきたりするのです。それが電車の中での発作の記憶ということもあるでしょう)

ということで、
反応や症状の部分である不安感、恐怖感を本当の意味で解消していくには、

その状況、モノ、対象物に対してどんな意味づけを見ていくことが必要でしょう

まずは、「この状況、コレは私にとってどんな意味があるのかな?」と自身に問うてみるとよいです。
そうすることで、不安感、恐怖感を生み出している私が気づいていないものたちへの探求の入り口に立てますです♪

 

気づいていないものに出会っていくことで、
今私を苦しめていると思えている不安感、恐怖感との関係性が変わっていくんです
なぜならこれらの感情を生み出す本当の理由を自分で理解できたり、尊重できたりしていくので

その時、不安感、恐怖感というものへも、あってよかった、悪いものではなかったと見え方も変わっていく

私も、そして、誰も、何も悪くなかったんだなという視点は一番私たちをラクにさせますね♡

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます♪

深呼吸して~ 自分にやさしく♡

ランキングに参加しています。励みになります。いつもありがとうございます♪

パニック障害ランキング

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー
予期不安、広場恐怖へと広がる理由、発作の原因について
心と体の観点からしくみを理解しませんか?
しくみから、改善へのアプローチがみえてきますよ♪

2019年6月23日(日)13:30~16:30@東京 東池袋

☆セミナーについて:https://bit.ly/2GTvxkd

☆開催概要
【日程】2019年6月23(日)
【時間】13:30~16:30
【会場】あうるすぽっと 3F 会議室B1
東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル3F
http://www.owlspot.jp/access/
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/dist/S59511152/

Please follow and like us: