Daily Archives

2019年8月13日

インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) お知らせ パニック障害 ブログ 気づきの問いかけ

「気づく」ことから動き出すさまざまなプロセス、変化

2019年8月13日

こんにちは!

自分も含めてですが、
ありのままがありのままに見えなくなっているとき
私たちは苦しくなりますね

 

誰かについて腹が立つとき、
相手を変えたくなるとき(そんな言い方ないだろ!)、
状況を変えたくなるとき(なんでこんな親のもとに生まれてしまったの!)

などなど

こういう風になっている時は
怒って、自分の正当性を主張しているけど、
でもすっきりはしていない

 

「ありのまま」に
自分のなんらかの価値観やこだわりや、思いこみを投影してみているからです

で、これらの価値観やこだわり、思いこみって
ちゃんと普段気づいていたり、意識されているかというと
そんなことはない(だからこそ投影するのですが、、、)

上司から「あの書類できてる?」と聞かれて
自分の中の「早く仕上げなきゃ」とか
「完璧な内容にしなきゃ」とか
といった思いがありながら仕事をしていると自分が気づいていないと
上司の言葉は
焦らせている、
私の内容がどうかチェックしているんだろう
とかと言った風に聞こえてしまいますね

だから結果として、
上司はもっと私のことを信用してほしいとか
あんな上司の下では働きたくないとか
仕事をやめた方がいいのだろうか?
私はこの仕事向いていないんじゃないか?転職した方がいいのか?
といった悩みになるわけです

 

で、もう一度繰り返しますが、
気づいているかどうかで変わってくるのが

自分の中の「早く仕上げなきゃ」とか
「完璧な内容にしなきゃ」とか
といった思いが自分の中にある
これらはあくまで自分の思いである

ということに気づいているかどうか
です

 

たいてい

「早く仕上げなきゃ」とか
「完璧な内容にしなきゃ」とか
といった思いがある
なんてことには気づいていないのです(だから悩みとなるわけですし)

ところが、

こういう思いを持ちながら仕事していたってことに気づいてあげると思うとどうですか?

 

一生懸命やってて、
緊張しているし、
書類を提出するまで頭からはなれないぐらいに気をはってる、

そんな自分に寄り添える瞬間になりませんか?

ここでふーっとちょっと力が抜ける
自分から自分にやさしくなれる

 

私自身がほーんとに気づいていないいろんな「べき」の思いや執着を「当たり前」のこととして
自分も相手も制限しまくって
さんざん苦しみましのたで
(生きづらさを感じてましたし、それがつもりつもってパニック障害を引き起こすことにもなったと思います)

「気づいていないものに気づいていく」
ということが
物事、相手がありのままに見えていないものを
ありのままに見せてくれる(戻してくれる)なぁと思うのです
そしてありのままはいつもやさしく
だれも悪くなかったと安堵する

これを繰り返し、繰り返し体験してくことで
自分が見る世界に信頼をおくことができるでしょう

このような「気づく」ことから動き出す
様々なプロセス、変化
それらを共有できる人たちが増えるといいな~と思うのです

 

ここからはちょっと宣伝になっちゃいますが、
上記の思いを胸に
2か月に一度のペースですが、「気づきの問いかけ」をお教えしています。

苦しみと見えるのは
どんな気づかれていない思いや感情があるのだろう?
それらを引き出すことができるのが「気づきの問いかけ」です。
自分の中の様々な思いや感情に出会える時間となりますよ

(次回は、9月7日/下記参照ください)

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます♪

深呼吸して~ 自分にやさしく♡

ランキングに参加しています。励みになります。いつもありがとうございます

パニック障害ランキング

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

心をひも解く”気づきの問いかけ”勉強会
心の深層を探ることができる”気づきの問いかけ”
勉強会では、苦しみや悩みを生み出す、潜在意識にある普段気づいていない思いを、問いかけを使ってどのように探っていくのかをお伝えしています。(インテグレイテッド心理学を学ばれた方が対象となります)
会場は、市川市妙典のAMRiTAさんとなります。
【日程】2019年9月7日(土)13:00~17:00
【会場】AMRiTAさん
【費用】9,000円
【お申込み・お問い合わせ】こちらからお願いいたします(AMRiTAさんのページが開きます)

Please follow and like us: