Monthly Archives

3月 2019

オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セラピー(EFT、MR) パニック障害 ブログ

私たちが苦しむのはしくみがわかっていないとき ~自分に力を取り戻そう♪~

2019年3月31日

こんばんは!

親類に不幸があったため、急遽、おととい、昨日と実家に帰っていたのですが、
予定どおり「パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー」を実施しました。

6名の方にご参加いただきました。
今回は拙宅での開催でしたので、みなさんよりリラックスした雰囲気でご参加されておりました。

今回のセミナーでは、

・発作がおこるメカニズム・原因と心の深いところにあるセルフイメージや信念について
・発作の時に体におきていること
・発作から予期不安、広場恐怖へと進む理由
・症状がすっきりしない、長期化する理由
・なぜ感情、感覚にアプローチするのか?
・セルフケアの方法について

と、盛りだくさんお伝えさせていただきました☆

「今までの考え(方)がくつがえされました」という感想もいただいて、
盛況に終わりました
時間延長の延長で盛り上がりました(*^^*)

私たちが苦しくなっている時というのの一つに
しくみがわかっていないときが挙げられるかと思います。

例えば、
車が故障した時に(心は車とは全然違いますが、とりあえずざっくりな説明として読んでくださいね^^)、
どこに不具合が起きているのか?を見ていくときに、
どこにどのような装備があるのか?(エンジンはどこにあるのか?とか、プラグはどこなのか?とかとか)
そして、それはそもそもどのように作動するものなのか?
などを知っていないと不具合を解消していくことは難しいですね

パニック障害の症状についても
発作、予期不安、広場恐怖といった症状を生み出すものが何なのか?
それは心や体(脳や神経系、分泌系)がどんなしくみがあるからなのか?
を知っておく
これがわかっているからどのようなソシューションやアプローチがいいのかもわかる

しくみを知っているのはひとつの大きな安心を与えてくれると同時に、
私たちに力も取り戻させてくれます♡

ということで、
オンラインでのセミナーのリクエストもいただいているので、
多分5月にZOOMを使ったオンライン講座
6月は再び、池袋で対面でのセミナー予定です

追ってご案内させていただきます♪

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます♪

深呼吸して~ 自分にやさしく♡

ランキングに参加しています。励みになります。いつもありがとうございます♪

パニック障害ランキング

Please follow and like us:
インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セラピー(EFT、MR) パニック障害 ブログ 気づきの問いかけ

日々のこと ~OAD心理セラピスト養成講座2期が終了しました~

2019年3月25日

ハートレジリエンス協会認定の「OAD心理セラピスト養成講座」が本日終了しました

私は、今期は、
EFT(感情解放のテクニック)と「パニック障害のしくみと対処法」の講師を担当させていただきました。

受講生のみなさんのサポートや、
講義のアシスタントもさせていただきながら、
私も学ぶことがたくさんあった充実した1年でした

心の中を見ていく、向き合っていくときに
操作性がないのがいいなー
むりやり感がないのがいいなー
そこには、どんな私でもいいんだなって
いつも100%の自由と愛と信頼が与えられていると感じられるから
そういう癒しに惹かれ、
それを共有できる仲間がまた増えた感じで嬉しかったです

 


お花は私の写真の印象から作ってくださった花束♪
受講生のみなさんからのサプライズ 嬉しかった💛ありがとうございます♡

今日も読んでくださりありがとうございます。

深呼吸して~ ご自分にやさしく♡

 


カウンセリングランキング

Please follow and like us:
オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セラピー(EFT、MR) パニック障害 ブログ

あなたのパニック発作のタイプはどちらですか?その原因と対応方法

2019年3月20日

こんばんは!

今日は発作のタイプについてです。

唐突ですが、みなさんの人生で初めての発作はどんな感じで体験されましたか?

というのも、脳内の恐怖回路の流れや、
自分の経験やセッションでお会いする方々のお話からも、
2つのタイプがあるなーと思うからです。

ということで、そのタイプごとの原因や対応方法について書いてみたいと思います♪

タイプは以下なのですが、

ひとつは、
(A):ある状況や環境などについて「ここは危険だ」、「ここは自分にとって危ない」という判断、認識がおきて、それから体の反応(いわゆる発作:ドキドキ、息がしづらい、現実感がなくなるなど)が起きたというタイプ

もうひとつは、

(B):なんらかへの認知は関係なく、突然体の反応(発作:動悸、ドキドキ、呼吸難、現実感がなくなるなど)が起きたというタイプ(夜中ふと目が覚めると突然発作が来た、など)

 

発作は一見一瞬のことのように感じますが、どうだったけ?とスローモーションのように思い出してみると、
認識が先だったな、とか、いやいや突然体の反応が起きたよ、
など、上記のような違いがあるのではないかと思います。

みなさんは、どちらのタイプでしょうか?

ちなみに、私は、(A)のタイプでした。

私の一番最初の発作は、グアムでの体験スキューバダイビングをしていた水の中でだったのですね。自然の洞窟を利用した海水(半自然、半人工的な環境を作ってあったと記憶しています)の中ででした。
少しもぐったあたりで、
「あっここは狭くて、だめだ 私にとっては危険!」と判断が起きて、
それから動悸が打つなどして、慌てて体験を中断した、というものでした

で、よくよく思い返すと、小さい頃から暗くて、狭いところは苦手で、
押し入れ、こたつの中など苦手で、遊びで押し入れに入ってかくれんぼするなども本当は怖くてしょうがないのに、我慢しながらやっていたということを思い出します。

また、トイレも鍵をかけることを躊躇するような子供でした(実際、幼稚園の頃は、鍵をかけては入れず、小学校にあがっても低学年までは、休み時間にトイレに行けず、わざと授業中に行って鍵をかけずに用をたしていたということもしていました^^)

こんな風に、小さいころから狭いところ、暗いところに対して怖いところ、
自分にとって危険なところと認識していて、当然そこには恐怖感などがくっついていますので、
なので、大人になって、同じような状況に遭遇したときに危険信号が発信された、といえるかと思います。

また、さらに悪いことに、
そもそも苦手意識(恐怖感)があるところに(ケアされていないので、ずーと潜在意識にとどまった状態)、

例えば、
自己肯定感が低くて、いつも周りの評価を気にしていたり、比較ばかりをしていたとしたら、
当然、緊張や焦り、不安を感じますよね。
そしてこれらの感情にずーとさらされている生活を送っていたらどうでしょうか?
*ちなみに、私は、特に大学生時代から自己否定感がより高まり、
「私は、人生の落後者」と思って生活をしていました^^涙

心の中は、針でつつかれたら、いつ爆発してもおかしくない
そんな状態になっていないでしょうか?

発作が起こるわけですよね~

 

ということで話を戻しながら、
パニック発作を生み出す原因へのアプローチですが、

私のような(A)のタイプの場合は、

(1)人生で最初の発作で経験した状況や環境に対する認識、反応が、過去にもなかったかを探って、ケアしていく、

かつ、

(2)(1)を刺激するコアなビリーフや、自己イメージ(私は無力だとか、私は弱いとか、私は無能だ、などなど)を探って、ケアをしていく

 

では、タイプ(B)の場合は、どうでしょう?

状況や環境への認識がなくて、突然発作!という反応のでかたなので、
上記の(2)を探って、ケアをしていく、ということになります。

 

ちなみに、(2)のコアビリーフや自己像を探って、ケアをしていく、と文章ではさらっと書いておりますが、
実はこれらは、私たちの潜在意識の深いところにあるので、どんなものを自分はもっているのかというのは、本当の意味では気づいていないのです。

で、これらを探るには、

発作を経験する前、経験した頃に、ストレスがかかる出来事がなかったか、その時にどんなことを感じていたか、など、感情や思いから、潜在意識にある思いやビリーフにたどりつくことができるのです。

また見つかったビリーフや自己像を変容させるのに、感情や感覚にアプローチするフォーカシングという手法や、EFTやマトリックスリインプリンティングなどのセラピーを使っていきます。

*(1)の過去の恐怖感などの感情解放にもセラピーを使っていきます。

 

ちなみに、タイプ(A)、(B)に共通する
(2)のストレスを生むビリーフや、自己像は、発作の引き金となっているだけではなく、
人生のあらゆる面にでてきて、私たちの行動や判断に影響をしていますので(私たちはビリーフを生きますので)、
私たちの生きづらさを生み出しているものでもありますよね

 

なので、この部分がケアされると、

発作を生み出す引き金ではなくなりますし、

かつ、
自分への認知も変わりますので(例えば、私は無能だ → それなりにできてて大丈夫だ など)、
生きやすくなる、という変化も自然についてくるわけです

その時は、「つらい発作や予期不安、広場恐怖は私の敵だ!私はパニック障害の犠牲者だ!」

というものから、
私が気づいていない思いや感情に気づかせてくれ、
生きやすさへと変化させた「私へのギフトだった」と思えるのではないかと思うのです

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます♪

深呼吸して~ 自分にやさしく♡

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします♪

パニック障害ランキング

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー

◎セミナーについて:https://bit.ly/2GTvxkd

◎開催概要
【日程】2019年3月31(日)
【時間】13:00~15:30
【会場】下田屋寛子セッションルーム
東京都中央区(最寄り駅:都営大江戸線 勝どき駅)
お申込みの方に詳細をご案内いたします。
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/fgen/S59511152/

Please follow and like us:
インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セッションの効果 パニック障害 ブログ

症状、状態について話したけど、傷ついた、話すんじゃなかったと思ったあなたに

2019年3月13日

こんにちは!

パニック障害についての話題や、ニュースなどが報じられたりする中、
私も人に自分の症状のことを話してみようかな、と思われている方も多いかもしれないですね。

周りからの理解が進むとそれはそれで言いやすかったりもしますから助かりますよね。

一方で、思い切って話してみたのだけど、
相手の反応が薄かった、
逆に「なんでもっと努力しないの?」「それじゃ家族や周りが大変でかわいそうね」などと言われて傷ついた、
「私がためなんだ~」と悲しくなったなどということもあるのではないかと思います。

 

今日はこういう時に何が起きているのか?のお話です。

あるクライアントさんは、電車やバスなどの乗り物恐怖があるかたでここ数年乗らずに生活をされている方です。

で、あるお友達と会う約束があるので、思い切って「車で移動をしたい」、その理由として「電車バスに乗れないんです」と話しをされたそうなんですね。

ところがお友達からは、
「克服しようとしていないところが理解できない」
「挑戦しようとしていないあなたにイラっとする」
と言われてしまったそうで、とても傷ついた、ということでした。

さて、ここでちょっとみてみたいのですが、
このお友達の言葉は確かに思いやりがない言葉だったかもしれないのですが、
それでも同じ症状、乗り物恐怖があったても、この言葉に傷つかない人もいるのです。
それはどんな違いがあるのでしょうか?

それは、自分の中に乗れずに生活していることへの焦りや緊張や、自己否定がどのぐらいあるか、なんです。

症状があるときって、私たちは、
家族や、人に迷惑をかけるから早く克服しなきゃ
こういう自分を早く変えていかなきゃ
って思ったりしませんか?

もちろん、このような思いをもつことがいけないことではないのですが、

これらの思いを抱いていることにどれぐらい自分が気づいているか

また、これらの思いを感じながら、どのような感情や感覚をもっているかに気づいていて、
かつそれらがあることを認められているか
で違ってくるのです

ちょっと実験をやってみたいのですが、
早くよくなりたいと思って焦っている自分を認めている、
変えなきゃって今の状態に否定がある自分を受けとめている
そんな風な自分が、
このお友達の言葉を聞いたと想像してみてくださいね

違いがありませんか?

このお友達の言葉が、
「あーこの人の意見なんだな、もしかしたら、この人の方がいつも努力してなきゃって、緊張があるのかも?
だからこの言葉になってるのかも?
それじゃ、この言葉って、私への言葉じゃなくて、この人の中にある単なる思いなんだ~」

みたいな

そうすると自分の中の焦りや緊張、否定感で固くなっていた体もさらに、今緩んでいませんか?

ということは、
相手の言葉が私を傷つけたのではなくて、
自分の思いや感情にどれだけ否定があるか、受け入れがあるか
の違いなんです!!

 

さて、再びクライアントさんに話を戻しますが、
ご自分の中に、焦りや、重たくなる感覚、不安を感じてたんだ、と改めて気づかれていく中で、

「私変わりたいと思っていない
ゆっくり 無理なく 自分のペースで変わりたい それを尊重したい(してほしい)」

という声がでてきたんです

自分から自分への否定がさらに解かれる瞬間ですね✨✨

そして、これは、ご本人にとって一番自然で、しなやかで、力を与えてくれる声でもありますね

 

そして、
この自分のペースを尊重している自分が、
改めて「乗り物」「乗り物に乗る」ということをイメージされてみると

不安感や恐怖感がでてくるかもしれないけど、
今はこういう風に不安がでてきてるんだな~、それだけな感じで、そのことに否定感がくっつかいない

と。
そして、そうおっしゃりながら、たくさんの涙を流されました。。

自分が本当に、不安や恐怖を悪者扱いして絶対感じないようにしてたんだけど、
そんな風にやってきた私が今、抑えていたものを感じてもいいかもって思えるなんて、
泣くことも禁じていた私がこうして泣けるなんて、、、


(このクライアントさんは、2016年8月からずーと受けてくださっている方で、感情や思いを抑圧すると苦しくなるんだよ、という話はずっとしてきたのですが、
今回、ご自分の体験から、「抑圧が苦しみを生む」ということへの本当の理解、気づきを得られた感じでした)

不安感や恐怖感との新たな関係性 ~闘わないという関係性~ のスタートですね✨✨

そしてそれを可能にしたのは、
自分が何を感じているのかに気づかれたからです

そして、
気づけば、
本当の自分の声がでてきたり、
自分にとっての自分らしいエネルギーを感じることを許すことができます

 

それは一番私を大事にしていますし、
私に力を与えてくれますし、
自然と周りへのまなざしもやさしいものにもなります 症状や状態(相手の言葉)に対してですら です

 

*もちろん、EFTなどのセラピーとご存知の方は、
家族や、人に迷惑をかけるから早く克服しなきゃ
こういう自分を早く変えていかなきゃ
にくっついている感情(焦りとか緊張など)を
よーく感じながら(ここがポイントですよ!)トントンして動かしていく、ということでもよいですね♪
本当の自分の声、自分らしさがでてきますよ~

 

深呼吸して~ 自分にやさしく♡

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします♪

パニック障害ランキング

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー

◎セミナーについて:https://bit.ly/2GTvxkd

◎開催概要
【日程】2019年3月31(日)
【時間】13:00~15:30
【会場】下田屋寛子セッションルーム
東京都中央区(最寄り駅:都営大江戸線 勝どき駅)
お申込みの方に詳細をご案内いたします。
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/fgen/S59511152/

Please follow and like us:
オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) パニック障害 ブログ

深呼吸のパワー Just Breathe!

2019年3月6日

今日は深呼吸についてのビデオクリップのご紹介です

子どもたちは、怒りの気持ちなど扱いにくい感情に直面したときにどんな風になるか、
その時の頭の中の状態がどんなか、
それが深呼吸によってどう変わるか、を語っています。

1:40ぐらいから深呼吸とともに、ビンの中(頭の中)がどんどん落ち着いていく様子が映し出されます。
BGMとともにビンの中のイメージも借りながら、深呼吸すると、とってもリラックスできますよ。

横隔膜の動きによって、神経系にも働きかけるので、落ち着きが自然と生まれます

ちょっと立ち止まって
Just Breathe

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー

◎セミナーについて:https://bit.ly/2GTvxkd

◎開催概要
【日程】2019年3月31(日)
【時間】13:00~15:30
【会場】下田屋寛子セッションルーム
東京都中央区(最寄り駅:都営大江戸線 勝どき駅)
お申込みの方に詳細をご案内いたします。
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/fgen/S59511152/

 

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします♪

パニック障害ランキング

Please follow and like us: