インテグレイテッド心理学 オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD) セッションの効果 セラピー(EFT、MR、RFT) ブログ

苦手な相手が苦手でなくなった~セッションの感想~

2017年5月11日
d396ab96171911fd67ab88832cd01b90_s

こんにちは!都内は気温が上がりましたね♪
昨日との気温差が激しい(+_+) ご自愛くださいませ☆

 

さて、相手の振る舞いや発言に嫌悪感を感じていたクライアントさん

セッションを受けての感想をいただきましたので、ご紹介いたします。

 

ご存知のとおり、OADのセッションは、

自分を苦しめる状況や相手にどう対応するのか、どう乗り越えるのか、ということ提案したり、探ったりするようなことはしません。

 

そうではなくて、

その状況や相手をどう見ているのか、

またそう見えさせるものが何なのか、

それを心の中に、”問いかけ”や感情に働きかけるセラピーを使って見て行く、それがOADのセッションです。

そして、セッションの中では、

自分の中で否定していたり、禁じていたものと出会ったり(感情や感覚、思いも含まれます)、

「ここでこんな風に傷ついて、こんな思いを抱いたから、だからこうすることが私には必要だったんだな」

とか

「だから、相手がそんな風に見えていたんだな」

などと、自分への理解がおこる

そうすると、そこには、もはや、私を傷つけていたと思っていた人はいなくなっている

 

「被害者の私」から抜けられたとき、

それは、

自分で自分にかけていた魔法から自由になることであり
(本当にどさっとエネルギーが動きますよ(*^-^*))、

だからこそ、大きな癒しなのだと思うのです。

 

前置きが長くなりましたが、ご感想どうぞ~♡
Hさま、ありがとうございます♪

~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹~⊹

下田屋寛子さま

 

先日は濃密なセッションをありがとうございました!

セッション中、沢山喋りすぎて何が何だかわからないような内容だったのにも関わらず、
一つ一つ丁寧に聞いてくださり、的確に進めて頂いたことに感謝しています。

本当は去年辞めたボランティアの話をしようと思っていなかったのに、気がつけば話をしておりました。

やはり、終わったことのように思えても、私の中で拘りがあったのでしょうね。

特に投影に関してのお話(レジ行列)を聞いた時は改めて目から鱗でした!

あんなに悩ましい光景が、

私が私に禁じていたから、相手がそれをすごくやっているように見える、そうして当然不満や避けたい気持ちがでてくる

でもそれは、

私の一方的な思いだと気がついた時、すごく軽くなった瞬間でもありました。

そして、なんて「~べき」が多いのでしょう!とセッションを通して俯瞰して観られたことがとても重要な気づきでもありました。

本当に沢山の思いがくっついているのですねー

また感情を深く感じたら、とてもヒットして、あっという間に子供時代の私の姿が出てきました(わりとイメージが出やすいのですが、それに感情が付随していることはあまりないので、感情を感じることの大切さがとても重要だと改めて思った次第です)。

この子が抱いている「孤独になってしまう」という怖れが、私の「~べき」を生み出していた

私の中の「誰も相手にしてくれない」「助けてもらえない」という怖れをカバーするために、「こうしなければ!」という思いを抱いてずっと生きてきた

私の中で起きていたことが分かったセッションでもありました。

一人じゃ無理であったろう、寛子さんが伴走してくれたから分かったことが沢山ありました!

本当に感謝感謝です!

またお願いしたいと考えておりますので、その時は連絡致します!
ありがとうございました^^

Hさま(女性)

 

心のしくみを知って、生きやすさへの鍵を♪
【まだまだ募集中】インテグレイテッド心理学講座(6月5日・12日)

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply